え...?急死した妹の葬儀に参列した、認知症の母の「驚きの発言」/ワフウフ

みなさんこんにちは!ワフウフです。

認知症になった実母・あーちゃんが管理できなくなった通帳を娘たちが預かったものの、納得がいかないあーちゃん。

それはしつこく返してくれと言われ困っていました。

前回の記事:「通帳を返して!」怒り狂った認知症の母からの「連日の電話」に涙.../ワフウフ

そんな時、通帳の事からあーちゃんの気が逸れるくらいの出来事が起こりました。

おばのえっちゃん(あーちゃんの妹)が急死したのです。

Image.jpeg

突然危篤の連絡が来たので慌ててあーちゃんを連れてお見舞いに行きましたが、その夜にえっちゃんは亡くなりました。脳溢血でした。

あーちゃんはえっちゃんと下らないことで仲違いして数年の間連絡を取っていませんでした。仲違いしたまま妹が亡くなってしまったことであーちゃんは余計にショックだったのではないでしょうか。

葬儀に連れて行ったあーちゃんは悲しみでやつれて、足元がフラフラでした。頭もうまく回らないようでした。

Image-1.jpeg

ですが酷くショックを受けたにしても...葬儀の帰りのあーちゃんの発言は衝撃でした。

あーちゃんの長兄は親兄弟と疎遠になっており、自分の妹であるえっちゃんの葬儀にも現れませんでした。

Image-2.jpeg

となーにゃんとワフウフが話していると、あーちゃんが言ったのです。

Image-3.jpeg

Image-4.jpeg

Image-5.jpeg

驚いて聞くとあーちゃんは不思議そうな顔でなーにゃんとワフウフを見て、

Image-6.jpeg

と言うのです。

おじやあーちゃんのお母さん、つまりなーにゃんとワフウフのおばあちゃんは20年以上前に亡くなっています。

Image-8.jpeg

と聞くと、自信がなさそうに

Image-10.jpeg

と答えましたが、

Image-11.jpeg

と聞くではありませんか。

葬儀に参加した後ですよ?

悲しみで混乱するのも分かりますが、誰が亡くなった悲しみなのかも分からなくなるなんてこと、あるんでしょうか...。

【次の記事】葬儀中に派手なアクセサリー!? 場が読めない母の行動にハラハラ/ワフウフ【最初から読む】貸し金庫の現金が消えた!? 毒親だった母の認知症疑い/ワフウフ

【まとめ読み】毒親だった母が認知症に!ワフウフさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

ワフウフ

アラフィフの主婦。昭和を引きずる夫、大学生の長男、高校生の長女の四人家族。実母のアルツハイマー型認知症発覚をきっかけに忘備録としてAmebaでブログを始める。電車で1時間半強かかる場所に住む実母の生活のフォローに姉とふたりで四苦八苦する毎日を、イラストと笑いと毒をほんのり混ぜながらブログに綴る。

ワフウフさんのブログ:「アルツフルデイズ」

コメント一覧

自分の母も、82。他人事とは、思えない
老人あるあるだと思います。 認知症ならなおさら普通にあること。 もうどうしようもないことなので こちらが慣れていくしかない。
昨年亡くなった祖母は認知症で、 自分の夫の葬儀を「自分の父の葬儀」 と思ったまま参列しているようでした。 元々祖父の事も「お父さん」と呼んでいたので、最初は気づきませんでしたが会話していると「ん?」となり みんなで、「自分のお父さんだと思ってるんだね...」となりました。 長年付き添ってきても分からなくなってしまう認知症怖いですね。
実母を14年看ましたがなくなる少し前にこんなにしてくれるのはお母さんしかないねありがとーと一日中言いました娘のわたしを生みの母親と思ったらしいです一日中れいをいったぎのひから言葉を失いました‼️
私の母は90歳になりました。認知が激しくなり、昼夜構わず独り言を言ってますが、まるでそこには本当に人が居て喋っているみたいです。自分が幾つと思っているのか、お母さんが死んだ!って言よるから葬式に行かんといけん…と。うちの母だけじゃなく、皆、同じようなこと言ってるんだなあと思い、ちょっと安心?しました

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP