オトコの沽券に関わる!? 義父が頑なにリハビリパンツを拒否する理由とは/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

義両親の在宅介護の様子を嫁の目線で綴った ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―(現・13番さんのつぼ)』。ここに書いてきた13年間の記録をもとに 今の気持ちを織り交ぜつつ、改めて当時のことを振り返ってみようと思います。

前回の記事:車中に漂うおしっこ臭に鼻シャッター作動! 当の本人は「なかったこと」を決め込んで.../山田あしゅら

ブログ(13番さんのあな)をさかのぼり『説得』でキーワード検索をすると実にたくさんの記事が候補に挙がります。

そのほとんどが義父がらみ。

人の手を借りなくては日常の生活がままならなくなってもなおその頑固さに磨きをかけていった義父が思い出されます。

1.jpg

この時から6年後の2019年。

90歳で亡くなるまで『認知症』の診断が出なかった義父。

多少「おかしいぞ?」と思う事もありましたが、大体は年齢による衰えの範疇で、繰り返しの入退院を経てもなお『認知症』を回避できていたのはすごいことだと思います。

しかし、それだけに本人の意思は固く『受容・妥協』と言う言葉を知りません。

プライドが高い元々の性格も相まって介護者側としてはかなり対処しづらい対象でもありました。

2.jpg

さて、再び決戦の火ぶたが切られた車中の説得。

3.jpg

こういった場面では なるべく感情を抑え淡々と話を進めるのがコツです(面と向かわないのもそのため)

この頃では毎日のようにあるシモの失敗が他の家族の悩みとなっていること、

デイサービスに通っていることもあり、他人にも迷惑をかけているであろうこと、

リハビリパンツを使えば、それらがいくらか解消されること、

下着が濡れたままなのは衛生面にも健康面にも好ましくないこと、

寒い季節(この時ちょうど2月でした)寒がりの義父にはリハビリパンツがバッチリ快適だということ...

などなど、歯医者に到着するまでのおよそ20分間、車中の鼻にツンとくるニオイと寒さに耐えつつコンコンと説得を続けました。

6.jpg

ここに至るまで同様な説得は私だけでなく、

4.jpg

5.jpg

息子である夫も何度か試みています。 初めの頃は

7.jpg

と、義父の態度もかなり強固でしたが、息子夫婦からの『波状攻撃(説得?)』で少しずつ軟化の兆しが見えてきたのか、以前のような反発はなく、後ろ座席の義父は私の話を黙って聞いていました。

そして、しばらく 言いにくそうに口から出たのは

8.jpg

と、言う言葉でした。

昭和のオトコ(それもヒトケタ)は足腰が覚束なくなった今でもトイレ(小)は立ったまま用を足していたのです。

女の私にそんな『男事情』は分からず、既に洋式トイレでは座る方式の夫にも思いつかなかったことですが、リハパン拒否の理由がこんなところにあったとは。

聞いてみないと分からないこともあるものです。

【次のエピソード】在宅介護する頑固な義父をどう説得しようかと思ったら...拍子抜けの「リハパン」デビュー/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

まもなく60代を迎える主婦。3人の息子は巣立ち、孫が2人いるおばあちゃん。 義父・太郎を平成31年4月(享年90歳)、義母・はな子を令和2年11(享年95歳)をそれぞれ見送り、現在は夫と二人暮らしをしている。 13年間にわたり義父母の介護の奮闘を綴ったAmebaブログ 「13番さんのあなー介護家庭の日常(現・13番さんのつぼ)」をもとに 平成29年7月『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を出版。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:13番さんのつぼ

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP