「うるせー! 迷惑だろうが!」窓を開けて練習する劇団。でも密室にするとコロナが...正解はある?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ぴっぴ
性別:女
年齢:43
プロフィール:小学生の子供が二人いるパート主婦です。

13.jpg

一回目の緊急事態宣言も終わり、世間が少し緩んでいた2020年夏頃のことです。

我が家の前の道を挟んだ斜め向かいには雑居ビルがあるのですが、そこの3階に小さな劇団の稽古場があります。

コロナ禍以前はよく人が出入りしていたのですが、春に緊急事態宣言が出てからは人の気配がなく、そして夏になった頃、久しぶりに稽古する声が聞こえてくるようになりました。

すると、コロナ禍前はそこまで気にならなかったのですが、自宅にいると劇団の方のセリフ、歌が丸聞こえ状態なのです。

なぜだろうと不思議に思ったのですが、わかりました。

窓を全開にして稽古しているのです。

きっとコロナ前は窓を閉め切っていたので、音が今のように響かず気にならなかったのでしょう。

コロナ対策には換気が大事ということは知っていましたし、私はあまり騒音を気にしないほうなので、まあ仕方ないなと思っていました。

ですが、ある平日の昼間のことです。

稽古場のビルの方から男性の怒鳴り声が聞こえてきました。

何事かとカーテンの隙間からそっとのぞくと、ビルの下で60代くらいの男性が「うるせー! 迷惑だろうが!」と3階の窓に向かって大きな声を出していたのです。

ついにクレームが入ったか...と思い、その後どうなるのか耳をすませていたのですが、劇団のみなさんはそのクレームの声が聞こえていないのか、稽古を続けたまま。

ミュージカルの練習中のようで、ハキハキとした歌声が流れ続け、一向に止まる気配がありませんでした。

離れていてもここまで歌がはっきり聞こえるのですから、稽古場の中ではもっと音量が大きいはず。

きっとおじさんの声が聞こえないのでしょう。

おじさんはその後も「やめろー!」「聞いてるのかー!」などと言っていましたが、そのうちあきらめたのかいなくなっていました。

これを見て考え込んでしまいました。

稽古の声はかなり大きいので、おじさんの気持ちもわかります。

ですが、コロナ対策をしなければいけない今、換気は必須です。

劇団の方も、マスクをして密にならないよう対策をしながら練習をしているのでしょう。

そこをうるさいから稽古をやるなというのも、ひどい気がしてしまいます。

騒音は人にとって感じ方が違うと聞きますので、耐えられない人もきっといるはずです。

ですが、若い劇団員の方から仕事を奪うこともしたくありません。

音量を下げて練習してもらうのが一番いいのかなとも思ったのですが、どうすればどちらにとってもいい形で解決できるのか、わかりませんでした。

どうするのが正解なのでしょうか?

関連の体験記:「少しだけど使って」コロナ禍の中、我が家に「ある届け物」をしに来てくれた義母の愛情
関連の体験記:コロナ禍なのに素手でベタベタ触る!? スーパーの野菜を持っては戻す常連客にイラッ
関連の体験記:コロナ禍なのに人を集めた講演会をしたい!? 「町民の要望も聞けないのか」とゴリ押しする地元文化人

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

いや迷惑行為でしょ。 事情はともあれ、ボイスレッスンするならそれなりの設備がある場所でするべき。大声ださなくても芝居の練習はできる。

コメントする

いつも毎日が発見ネットをご利用いただきありがとうございます。
この度、コメント機能の提供ですが、2022年7月6日をもちまして終了することとなりました。なお、過去に投稿していただいたコメントも見られない状態になります。
ご利用の読者の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。長らくのご利用ありがとうございました。
引き続き毎日が発見ネットをどうぞよろしくお願いいたします。

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP