災害が起きたとき猫との避難はどうなる? 猫と防災について考えた/フニャコ

夫と高校生の娘、そして9歳の女の子スミちゃんと、1歳の男の子アヤちゃんの黒猫2匹と暮らすフニャコです。

前回の記事:コロナ禍で猫を飼う人が増えている!? 「かわいい」だけじゃない猫と暮らす現実とは/フニャコ

災害が多い国日本。

実際被災した場合どういう状況になるかいまいちイメージが出来ず、「災害への備えが出来ているか?」と聞かれると、「はい」とは即答できない我が家の現実...。

災害時、一番気になるのは猫たちのこと。

私たち家族がなんとしても守らなくては...!

今回、我が家の場合の猫との防災についてしっかり考えて備えたいと思います。

災害が起きてしまった場合、とにかく不安なのは猫たちのストレスです。

少しでも精神的ストレスを受けると、おしっこをトイレじゃないところにしたり、自分を禿げるまで舐めたり、引っ掻いたり...。

そのような繊細な姿を見てきたので、ストレスは最小限にしないと体調にも影響が出そうで心配です。

猫と防災1.PNG

地元のハザードマップを見ると、浸水や液状化、地震などの災害の際の被害予想がありました。

被害の度合いにもよりますが、住める状態であれば自宅から離れたくありません。

水やフード、トイレ用品などの消耗品のストックは多めにしておかなくてはいけませんね。

【自宅で過ごせる場合】

現在、生活のメインはリビングがある1階なので、食料品や水はすべて1階のキッチンに置いてあります。

浸水の場合も想定し、水やフードを2階にもストックしておいたほうが良さそうですね。

フードは普段食べているものを多めに購入しておき、ウェットフードも(水分補給にも)、食欲が無くなった時のためにご褒美用のおやつも一緒に入れておくことにします。

猫と防災2.PNG

【自宅で過ごせない場合】

我が家は車必須の田舎の住宅街に住んでいるため避難所へ行ったとしても、猫たちと車中泊がベストかと思います。

道路が車で通行できなくなっていたとしたら、自宅の庭での車中泊でしょうか。

安心できるスペース確保のために折り畳めるケージも使いたいです。

猫と防災3.PNG

自宅以外での生活は脱走が心配です。

脱走してしまった時のために首輪をつけておくか、もしくはハーネスを装着したほうが安全そうですね。

その場合、初めてつけるとストレス倍増しそうなので慣らしておかなくてはいけないですね...。

猫と防災4.PNG

住んでいる環境や状況により、それぞれ備えも違ったものが必要な場合があり、また、家族揃って被災するとは限りません。

夫が仕事、娘が学校で私1人しかいないときに、着の身着のまま自宅を離れなくてはいけない状況になった場合には両手にキャリーを持ち、人間と猫のために厳選した最低限の非常用のリュックを背負い行動しなくてはいけません...!

これはポケットがついているもっと収納力のあるキャリーも再考しなくてはいけませんね。

体力もつけておかなくては...。

猫と防災5.PNG

様々な状況を想定してみても、思いもよらない場面に出くわすかもしれません。

今回、準備が出来ていないものがたくさんあり、見直さなくてはいけない物も多いと実感しました。

猫たちを守るためにできる限りの準備をしていき、災害に備えたいと思います。

【次のエピソード】君たちは自由だな! 甘える、ごはん、寝る、ストーカーになる...猫たちのスケジュール/フニャコ

最初から読む:日々、猫と人間の知恵比べ!? 2匹の猫の里親になってみて/フニャコ

【まとめ読み】亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

我が家は車にも水を準備しています。 その水を車内で飲むようにして 古くならないようにきをつけています。 庭の車中訓練は必須です。 秋になり 涼しい季節になったら 車の中でゴロゴロ過ごす練習をしてみてくだされ。 車の窓にかぶせる網戸カバーがあります。 それだけだと 脱走されるかもしれないので ドアを閉めて 窓を開けた状態で フェンスを建てる。 建てると言うか 風は通すが猫は通さない工夫を!! すみません。 うまくお伝えできません。 が 避難所には入れないと思うけど 災害時には 避難所に情報が集まるので 自宅の庭以外なら 避難所近くが良いと思うのです。 阪神淡路大震災の被災者経験から 災害時には 犬も猫も こんな時に!って非難されます。 誰にも迷惑かけてなくても。 弱った気持ちは より弱い者を攻撃するので 仕方ないことかもしれません。 残念だけど。
大変な思いされたんですね 経験談が非常に参考になります 自分も避難する時の事を考えると、やはり他人からの人間優先の態度が気になります 色々と考えて思い付いたのが小分け出来る嵩張らないオヤツをワイロでは無いですが、自分の身の周りの人に渡そうと準備してます 何か言われたら飴玉一個だけでも、動物連れて来てご迷惑をお掛けしてすみませんと気持ちを見せようと思ってます 勿論、避難所には入りませんが、外に居ても文句を言って来る輩は居ますもんね 非難して来る輩は、自分より大事にされてるペットが羨ましい、淋しい人間なんだと思います
今晩は 色々と考えると悩ましいですよね 1にゃんこなら リュックタイプのキャリー等、用意出来ますが多頭飼いはそうもいきませんよね 体力を付けるしかないかな…… お庭で過ごせるならテントって手もありますよ!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP