「下僕生活」は本望です! 「猫の希望」に応えることが私の幸せであり、癒しなのです/フニャコ

夫と娘、そして黒猫2匹(スミちゃん9歳♀、アヤちゃん1歳♂)と暮らすフニャコです。

前回の記事:愛猫が初めて一緒の布団の中に...! 家に籠もりがちな日々、猫が癒しと元気の源に/フニャコ

「人間は猫の下僕」という言葉をよく聞きます。

なるほど、確かに猫と暮らすようになり、猫優先の生活になるのでそういう風に言われるのでしょう。

だけど我が家はまだ「下僕」とまではいかないな、なんて思っていました。

知らず知らずのうちに下僕化していることになど気づかずに...。

我が家のリビングのソファーには、座る場所の快適度合いによって順位があります。

夫も娘も私も、座りたい場所はひとつ。

イラスト1.PNG

しかし、少しでも席を外すと...

イラスト2.PNG

イラスト3.PNG

良い場所は猫にとっても良い場所で...取られても文句を言えません。

むしろ、くつろぐ姿が見られて幸せ...というこの思考。

グルーミングをしていてバランスが悪くて舐めづらそうな時には背中を支え...。

イラスト4.PNG

「外が見たい」気持ちを察したなら、すぐさま窓を開けに走ったり...。

イラスト5.PNG

...あれ?

自覚が無かっただけで、もしかするともう私は立派な猫のしもべなのでは...?!

猫第一の生活で、いかに猫たちが快適に過ごせるか、猫たちの希望に応えることができるか...。

でも、これは私だけではなく猫と暮らしている方は、特別なことではなく普通のことだと思います。(多分)

イラスト6.PNG

私より重度だったり軽度だったり、それぞれ度合いはあると思いますが...。

また、猫ちゃんの性格にもよるかもしれません。

イラスト7.PNG

今はお空で待ってくれているぺーやんは甘えん坊で要望の多い子でした。

こちらに甘えて頼ってくれる所が嬉しくて、それに応えたいと思うのでしょうね。

猫と暮らしていると大変なこともとても多いですが、大変さを上回る癒しの存在です。

甘えてくる子は素直に嬉しい。

つめたくされても、そこがまた可愛い。

そしてその猫たちに幸せになってほしいと思う気持ち、行動が「下僕」「しもべ」となっているのかもしれません。

そして、そう呼ばれることすら本望なのです(笑)。

最初から読む:日々、猫と人間の知恵比べ!? 2匹の猫の里親になってみて/フニャコ

【まとめ読み】亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

猫の下僕、い言えて妙ですね!自分も生活の中でかなりお猫ファーストになっていますね
2コマ目のブリやんさんの半分だけのお顔とニヤリとした目(´m`)ブリやんさんに「過保護!」と驚かれるフニャコさんの図は、フニャコさんがフニャコさんのお母さんのに対して驚いた図と似てますね。猫に対する献身的なお世話、フニャコさんはお母さんに似たのでしょうか(´ω` )
はじめまして。 いつかコメントさせて頂きたいと思っておりました。 フニャコさんとご家族のお人柄、ステキです❤️。すみちゃんぺーやんを迎える前に遡って記事も読ませて頂いてます。 共感する事も沢山あり時には涙し、時にはにやけ顔しながら
フニャコ家ソファーの図!面白い
2コマ目のブリやんさんの半分だけのお顔とニヤリとした目(´m`) ブリやんさんに「過保護!」と驚かれるフニャコさんの図は、フニャコさんがフニャコさんのお母さんのに対して驚いた図と似てますね。 猫に対する献身的なお世話、フニャコさんはお母さんに似たのでしょうか(´ω` )

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP