「ぴえん」「つらみ」って何? 「大丈夫です」は大丈夫じゃない? アラ還世代に難しすぎる若者言葉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:はおり
性別:女
年齢:58
プロフィール:専業主婦です。子供は3人。上2人は独立、末っ子は大学生。趣味は断捨離と猫と遊ぶ事。

14.jpg

私は今、58歳です。

中年と言っていい年齢ですが、自分では、まだまだ若いつもりでいました。

若く見られる事も多く、同年代の友人たちとカフェで楽しくおしゃべりしている時なども、年齢を気にすることはありませんでした。

少なくとも、若い人たちと、話が通じると思っていました。

ところが、それは、自分が勝手に思い込んでいただけだったのです。

それを思い知らされたのは、先日、18歳の大学生の娘と2人でショッピングに行った時の事でした。

娘の服を買って、お茶でもしようとコーヒーショップに入った時、娘がコーヒーを、うっかりジーンズにこぼしてしまいました。

あわてておしぼりで拭きながら「ぴえーん」という娘。

私が「え? 何?」と聞いても、必死で拭いているのか返事をしません。

そして今度は「つらみー」と言うのです。

またまた、私が「え? 『つらみ』って何?」と聞くと、ジーンズを拭き終わった娘が教えてくれました。

「つらいっていうのを、『つらみー』って言うんやで。なんでも、語尾に『み』をつけるの。悲しいは、『かなしみー』」

なるほど、なるほど。

「『ぴえん』は、泣く時の記号みたいなもん。ツイッターとかSNSでも、『ぴえん』っていっぱい出てくるよ」

へー、と私はビックリ。

まったく、知りませんでした。

そして自分が若い時の言葉を母親世代がまったく理解せず、話がかみ合わなかった時の事を思い出しました。

「チョベリグーとか、言わへんの?」

知っている若者言葉を言うと、娘は大笑い。

「いつの時代よ? ナウなヤングでフィーバーしようみたいな感じやな。ははは」

なんて言われてしまいました。

かつての流行語は、今の時代の若い人にとっては、お笑いのネタにされてるようでした。

その日、家に帰ってネットで調べて見ました。

「ぴえん」は、悲しかったり泣きそうになったりする時の言葉で、キャラクターまで作られているようです。

この言葉は、さすがに私が使う機会は無さそうです...。

また、最近娘と話をしていて、ビックリした事がありました。

テレビのドラマか何かを一緒に見ていて、勧誘を断る時に「大丈夫です」と言うのです。

「勧誘を断るのに『大丈夫です』はオカシクない? いりません、とか、すみません、とか言わへん?」

「えー? みんな、断る時は大丈夫ですって言うよ。ノーサンキューって事やん」

ここでも、時代についていけてない事を思い知らされました。

いつから断る時は「大丈夫です」になったのでしょう?

そういえば、毎年発表される流行語大賞なるものがありますが、ほとんど聞いた事が無いものばかりだったのを思い出しました。

きっと、一部の界隈で流行しているんだろうと思い込んでいましたが、そうではなかったようです。

娘と話して、気がついたのは、私は時代に全くついていけてなかったこと。

もう若くないと感じる、今日この頃です。

関連の体験記:思い出すだけで涙が。私の高校受験の前夜に「自宅で宴会を始めた父」を未だ許せません...
関連の体験記:夫が倒れて働きづめの私。進学を諦め、助けてくれた長女。並んで座った電車での何気ない会話に涙が...
関連の体験記:14歳男子の継母になった私。4年たって突然訪れた...「息子との嬉しい瞬間」/キッチン夫婦(妻)

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

気は若いつもりかもしれませんがもう中年も越えてますよね。チョベリグとか20年前くらいではないですか? まだ学生の子供さんがいるとの事なので今の若者言葉を聞く機会もあるでしょう。使うことはないかもしれないし流行りが過ぎ去るのも早いので耳にしないままの言葉もあるかもしれませんね。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP