ヘルパーさんがやってきた!初めての入浴介助は大満足/バニラファッジ

こんにちは。認知症で要介護4のお義母さん(姑)と、リウマチと骨粗鬆症で要介護5のおばさん(姑の妹)の在宅介護を経験した嫁のバニラファッジです。

前回のお話では嫁の手伝いで入浴する2人の様子を描きましたが、今回は、自立歩行がだんだん難しくなってきたおばさんが介護保険を利用し、自宅で入浴介助が始まった時のお話です。

前回のエピソード:洗うそばから忘れちゃう!?エンドレス入浴介助

まず、嫁も姑も、友人や親戚ではなく「他人」が家に来るということに緊張しました。

16-1.jpg

16-2.jpg

姑は部屋の掃除が行き届いていないことを気にし、嫁は今まで自分がしてきた入浴介助が、いい加減だったことを注意されるのではないかと、どきどきしていました。

16-3.jpg

ヘルパーさんは時間ぴったりに来訪しました。

雑談を交えながら、おばさんの体調をチェックし1時間かけておばさんの清拭をしてくれました。

16-4.jpg

おばさんは、足の指の間から耳の後ろまでまさに隅からすみまで丁寧に清拭してもらいました。体調がいい時は、お風呂にも入れてもらいました。見ているこちらまで、すっきりと気持ちよくなるほどでした。


16-5.jpg
16-6.jpg

訪問時間は1時間で、その間はお任せできる安心感ももちろんあるのですが、「今日はおばさんの身体を拭いてあげないと...」と自分の予定の中に「清拭」を組み込むというストレスから解放されたことはとても大きなことでした。

しかし、相変わらず「そんなのは嫁がやればいい」と言うお義母さんの入浴介助は続いていました。

次回は、お義母さんの入浴介助を介護ヘルパーさんにお願いすることになった時の様子をお伝えします。

次の記事はこちら:嫌がっていたお義母さんが!ヘルパーさんの懐柔テクに感服

関連記事:デイサービスでお風呂に入って欲しい!いよいよ着手した義母の体臭問題。その結果は.../山田あしゅら

バニラファッジ

ブログ「7人家族の真ん中で。」管理人。夫と3人の子ども、姑と姑の妹(おばさん)の7人家族でしたが、一昨年、昨年と続けておばさん(88歳)と姑(94歳)が他界。頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車椅子生活の叔母さんと身体は丈夫だけれど認知症の姑を在宅介護した日々をあれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』などがある。

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

バニラファッジさんのブログ:7人家族の真ん中で。

PAGE TOP