介護疲れで「闇」に堕ちそうだった義母と私。そんな二人を救った「救世主」は...⁉/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、ブログでは書ききれなかったの話をご紹介する人気連載! 仕事が忙しいときに「ばあさん」の具合が悪くなって、二人ともボロボロになってしまったなとみさんとばあさん。見えない魔物に取りつかれたそんなとき、二人を笑顔にしてくれたのは...?

前回のエピソード:「こうやって老いていくんだな」って思っていても...やっぱり切ないお互いの気持ち

ばあさんが具合が悪くなった時...

仕事もパンパンでもう疲れのピーク。

二人ともボロボロでした。

いろんな人の手1.jpg

もうね、どんなに明るくふるまっても、なにか目に見えない黒い魔物に、二人の生命エネルギーを毎日少しづつ吸い取られている感じ。

いろんな人の手2.jpg

その黒い魔物はきっと、「こうあらねばならない。こうしなきゃいけない」と凝り固まった思いの塊だったのかもしれません。

自分たちで作り上げたその魔物に、日々生命エネルギーを吸い取られて、しかもその魔物がわたしたちにのしかかってきて、身動きが取れず、気持ちは真っ暗。

もう笑顔も会話も消えて、「ああ...なんかこのままじゃヤバいな...」なんて思っていたそんな時...

いろんな人の手3.jpg

のんきな息子・ブルースが帰ってきて

いろんな人の手4.jpg いろんな人の手5.jpg

息子の無責任すぎる、底抜けな明るさで、気がついたら私もばあさんも大笑い。

いつの間にやら黒い魔物が消えていなくなっていた。

もうね、本当に、ぱあ〜〜〜〜っと明るくなったんです、いや、本当に。

この時ブルース高校3年生。

高三でやる??こんなこと(笑)?

介護は大変だし、心乾いてカッサカサになって、自分たちが作り上げた黒い魔物に、取り込まれてしまいそうになる事もあります。

そんな時わたし達を救ってくれたのが、いつもと変わらない息子の明るさだったり、ケアマネさんやデイサービスの方々のアドバイスだったりしたのです。

爆発してばあさんやダンナにぶつけたとしても、私は決まって後悔し、なんであんな事言ってしまったんだろう??と決まって自分を責めるのです。

負の連鎖ですよね〜。

これを断ち切るためにはやはり他の人の手が必要なんだな〜〜、と気付かされた出来事でした。

出来るだけ無理はしないで、少しでも笑って進んでいけたらいいな〜〜と、思うのです。

いろんな人の手6.jpg

まあ人間だもの(笑)。

わたし懐深くないし、海じゃないし(笑)

でも出来るだけ笑顔で、日々過ごしていけたらいいな〜と思うのです。

みなさま、明けましておめでとうございます!

おせちやおもち、たらふく食べましたか?

「もう〜〜食べ過ぎてダイエットしなきゃ〜〜!!ぐすんぐすん・・・」

なーんて私も毎年言ってましたが、なんか去年ぐらいからかな?

「ダイエットなんてもうどうでもいい」みたいになってきちゃいました。

とにかく今年は貯金と貯筋!

老後はお金と筋肉!!ですよね〜〜〜。

なんかへんな話になってしまった。

とにもかくにもみなさま、本年もよろしくお願い致します。

イラストレーター なとみみわ

【次のエピソード】「こっそりお菓子」はなくなったけど...徐々に元気を失ってゆく義母の姿に、家族は切なくて...

最初から読む:義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた/なとみみわ

【まとめ読み】笑いと涙の「ばあさん」との介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍


81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

【2019年5月発売!】ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメント一覧

私も親をダブル介護している時、いっそ心中するか。。。ってくらい思いつめてました。あの時なとみさんのブログに出会っていたらもう少し笑って入られたかなあ。
こんときのブルース、まぢサイキョー
義父(90歳)の粗相や転倒等で気持ちがブルーになっていた時に、学校から帰宅した高2の娘が「おじいちゃん転び過ぎやでー」って言ったらお義父さん、ズリッとズッコケるマネをして笑顔になったんです。私も思わず笑ってしまいました。孫ならではの声かけ、他にも沢山、心を軽くしてもらってます。
いま、母の介護中で一年に一回入院したり自分も持病があり大変ではありますが、みなとさんのまんがにであって少し救われてます。ありがとうございます。\(^_^)/

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP