「知り合いがなぁ...」妊娠中の嫁に、嬉々として「死」にまつわる話をする姑/かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。

今から36年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:二人目の妊娠報告。姑は一瞬の絶句の後、みるみる「般若の顔」になり...

pixta_20637122_S.jpg

姑に妊娠を報告し大激怒されてからと言うもの、姑はしょっちゅう電話を掛けてきた。

毎週末、義実家に行って掃除に洗濯・炊事とやっていたが、つわりだなんだと言って行くのを極力減らすようにしていたからだ。

夫は

「行きたければ行けばいいし、無理やったら断わればいい。自分で判断するもんやろ?」

と全く他人事の様に言うので、夫は当てにせずに姑からの呼び出しは断る事にした。

それでも断り続けていると姑は突然やって来て、インターホンを鳴らしては大きな音でノックし

「いるんやろ!? どないしたん? 倒れてんのやないやろ?」

と大声を出し、隣近所が心配して玄関から顔を出すくらい大騒ぎをし出す。

心配しているのではなく、そうやって大騒ぎをすれば隣近所の手前私が出て来るのを知っているからだ。

もしくは子供の幼稚園のお迎えの時間を見計らって家の前で待ち、そのまま家に入って来る。

姑は電話でもそうだが、私に話す内容は決まって流産や死産の話ばかりだった。

本当か嘘か分からないが、知り合いだの知り合いの娘だの嫁だの、姑の知り合いはそんなに流産や死産を経験しているのかと思うくらい「知り合いが...」と言うが、姑はとても嬉しそうに話した。

「このくらいの季節やったわ。知り合いの娘さんが流産してな。お腹ん中で死んどってんて~!」

気分の良い話ではないので私が嫌な表情をしていたからか、姑はもっと聞かせてやろうと思ったのだろう。

出産予定日が12月半ばだったので、姑は年末に近づくにつれ、死産の話しや「死」にまつわる話が増えて行った。

「知り合いが大晦日に臨月で死産やってな! そやから年明け早々に葬式やってんよ!」
「お腹の子ぉって動いてるか? 中で死んでるんちゃうの?」

姑は上の孫が男だったので、どうせ出来るのなら次は女が欲しかったらしく、お腹の子が男だと分かると

「どうせ男やろうと思ってたわ! あんた男腹やから女が産めんと思ってた! 私の勘は当たるんやで♪ 俳優の○○と女優の○○が病気で入院って聞いた瞬間、こりゃ絶対に死ぬなって思ったら、案の定二人とも死んだもん♪」

と、芸能人が死ぬ話ばかりをした。

12月の予定日から2日遅れてもまだ陣痛が来ず、病院では十分な大きさなので23日に出しましょうとなった。

「二人目やのに遅れるなんておかしいやん! お腹の中で死んでるんちゃうん? 死んでるから出て来んのとちゃうの? 医者に行って、死んでるかどうか診て貰いに行きぃな! 死んどったら葬式せなあかんな。私の知り合いが大晦日に死産でなぁ...」

本当に姑は嬉しそうに話す。

医者と決めた予定通りに出産したが、出産したのが深夜だったから直後には来なかったが、翌日舅姑は面会時間に連れ立って来た。

普通分娩は5~7日の入院だと言われていたが、姑からいつまで上の子をほっとく気だと言われたので5日で退院する事になった。

上の子の世話を姑になんかお願いしたくは無かったが、夫は自分は仕事があるから面倒は見られないと言うし、当時は今のように出産時の数日だけ預かってくれるところが無かった。

そして当時私の実家の両親は離婚していて、実父は再婚していたし、実母はアルコール中毒の治療中だったので実家に頼るなんて出来なかった。

もちろん里帰りなどもってのほかだ。

入院中も姑が

「病気でもないのにそんなに毎日行くもんや無い! あんたは仕事してるんや! 早よ帰って来て体を休めなあかん!」

と夫に言ったらしく、病院まで車で15分ほどの距離にもかかわらず、夫は2度しか来なかった。

それでも退院日は夫が迎えに来てくれると約束してくれた。

ところが退院前日になって、夫が有休を取って迎えに来ると聞いた姑が突然夫に言い出した。

「病気で緊急入院するんやなくて退院やろ? なんで仕事を休んでまで亭主が行かなあかんのよ! そんなもんタクシーで帰って来れるがな! 私が迎えに行くわ!」

夫は退院前夜病院に来てこう言った。

「お袋が行くって言うから、僕会社行くわ。いやもう出勤しますって会社に連絡してしもたから変更出来んし」

実際年末の仕事の忙しさからか、夫の顔には妻子を迎えに来れなくなって残念と言う様子は無かった。

翌日10時の診察後に退院し、10時15分に私はスーパーの前に立っていた。

続く

次のエピソード:「役立たずな乳やなぁ」産後の退院当日から...姑の嫌がらせフルスロットル!/かづ

【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに、夫との対立...。かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

本当にひどい姑さん。怖すぎ。 そんな義理親に全く味方になってくれない旦那さんなのに何故二人目を産もうと思えたんだろう。 二人目ができれば義理親の世話をしない言い訳ができると思ったのかな。もう正常な判断できなくなっていそう。 でも時代なのかな。 とにかく姑さん怖い。
早く姑の葬式の話がきてほしいです。
かづさんは、お姑さんにこれでもか!と痛めつけられても、ご主人に夫としての責任感のなさと労り皆無の状況に、耐え忍べるご自分に陶酔されてるのかも知れません。 そうでなければ、理解不能です。
何で離婚しなかったんですか?
こんな姑やから、バカ息子が作られる。しかも、それに耐えてしまうから、助長されるんよ。耐え過ぎることは罪や
匿名さんからにじさんへの返信 | 2021.01.01
賛成!
自分の醜さを気付かないで相手にそれをぶつけてくる。それを耐える、ことで見逃しているあなたも罪なこと。人として最低の礼儀もいい歳してわからない人には わからせてあげるのも親切です。此のままだとそのお姑も地獄行き、ですから。
後の体調が心配です。産後の相談ができるところを早く探してSOSを出してください。迷ったら、あなた自身と子供を守る選択をしてください。 人生これから。優しい人にたくさん出会って今より幸せになってください。
これは本当にあったことですか?わたしは同居しています。義母にかなりひどいきついことを言われたりしますが、同じ人間。合間に優しいところも垣間見えます。今はだいぶ穏やかになりましたが、こちらのお姑さん、どこまでも人間的に問題があるように思えます。それに耐えるお嫁さんもすごいですが…

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP