アラフィフの私が編み出したシンプルな「捨てない買わない片づけ」。「統一する」だけで劇的変化!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:めぴ
性別:女
年齢:49
プロフィール:五十肩で右肩が動きません。なるべく笑いに変えたい大阪人。

46.jpg

「スッキリ収納」「綺麗な部屋」「片付けのコツ」...そういう記事を読むのが、私(49歳)は大好きです。

かといって、モデルルームみたいな家にしたいなどという野望はありません。

全ての容器を揃えた生活感のないキッチン! といった写真を見ると、おお美しいとは思いますが、実践する気にはなれないんです。

「全部揃えるには探し回らなきゃ」

「足りなかったらどうするのか」

「好みが変わってしまったら困るよな」

そんなことを考えてしまって、実践しようという気持ちは起きません。

とはいえ、物が多いこと、ごちゃごちゃしているのは嫌いです。

そこで、物を増やさないように気をつけているのですが、整理のつけにくい台所用品の収納は悩みの種でした。

ある日、ガスレンジの上に吊り下げ収納しているトングやお玉などを、何だかあか抜けないというか、イマイチ...と眺めていた私。

その中の二つ、木べらと、間に合わせで百均で買ったお玉を手に取ると、あれ? と思いました。

それまで変に主張していた存在感が引っ込んだような、急にスッキリした感じになったのです。

どうしてかと改めて見直すと、残ったツールはたまたま全部、黒とシルバーのどちらかでした。

もしかして、これがコツかも! と思い、レンジ付近はとにかく色だけを揃えることにしました。

とにかくはっきりした色のものは全部しまいこみ、フライ返しや鍋の蓋など、出しているものは全て「黒」「シルバー」に統一。

すると、百均のものが多いとは思えないような見栄えになったのです。

そこから菜箸や麺棒など木製の物ををまとめて縦置きしたところ、そこそこ統一感が出ました。

この発見にすっかり嬉しくなった私は、引き出しの中も同じように整理する気になりました。

まずはあまり使わないものを奥へ。

手前はケースを買ってきて仕切るつもりでしたが、幅も長さも希望通りというのはなかなか見つかりません。

そこで、真ん中に一つだけ引き出し整理トレーのようなものを置きました。

これでトレイの中とその左右の3つに区切ることができます。

区切り方はやはり色。ピンクのヘラやピーラー、白のキッチンバサミは左。

トレーの中は透明とシルバーと決め、プラスチックの計量スプーンやドレッシング用の小さな泡立て器、薬味用のおろし金などを収めました。

右側はその他ということで、薄いグリーンのスライサーなどが入っています。

汚れ防止に敷いていた紙も綺麗なピンクの画用紙にして、目にも気持ちよくなりました。

さらに調子に乗った私は、流しの上の収納にも手をつけました。

お菓子の型やふるいなど、形や大きさがバラバラの物がごちゃっとしていたからです。

ここも単純に分けよう、と、「丸」「四角」で分類しました。

すると、丸同士、四角同士なら重ねやすく並べやすいことが分かりました。

よくある「用途で分ける」収納というのは、「どっちでも使う」が出てきて困っていたのですが、丸と四角なら、どちらにしまうのか、どちらにあるか、迷うこともありません。

大きめのプラケースに入れて、○と□のマークを書いたラベルを貼り、すぐ片付いてしまいました。

この方法にしてから、物をしまいやすく、見た目もよくなり、満足しています。

うちより物が多い実家も、同じ方法で片付けてみよう、捨てないからやらせてもらえるだろう...そう考えてニヤニヤしている私です。

関連の体験記:息子の同級生が連日我が家で夕食。自称モデルの母親はSNSで......!
関連の体験記:さすがに...中学生になっても一緒に入浴する息子と娘。冷戦を経て親子で話し合った結果は⁉
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP