「言わないとわからない」と、キツイことを言う無職の30歳の娘。「思いやり」を教え忘れたかな...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆらら
性別:女
年齢:52
プロフィール:離婚して約15年娘と二人で暮らしてきました。3年前からは76歳の母も一緒に暮らしています。

47.jpg

娘は30歳を越えた今でも働けず家にいます。

私の離婚のことなどで不安な思いをさせたこともあり、不登校になったこともありました。

原因は私にあると思っていたので、申し訳ないという思いから、これまで随分甘やかして育ててしまったなと感じています。

学校に行かなかったこと、働いていないことなども影響しているのか、娘はコミュニケーションをとることが苦手です。

特に家族に対してはそれが顕著に表れ、相手の気持ちを考えたり思いやることができません。

同居している母(娘にとっては祖母)に対しても、私が聞いていてビックリするようなことを言ったり、後でフォローしないといけないようなキツイことを言ったりします。

「あんなことを直接言ったらおばあちゃん傷付くでしょ」

「でも言ってあげないと分からないよ」

注意しても涼しい顔で言い返してきます。

確かに言わなければ伝わらないこともありますが、やっぱりもっと優しく接して欲しいです。

こうした態度は私に対しても同じ。

思ったことをストレートに言って来るので傷付くことがよくあります。

もともと私は忘れっぽい性格で、何か手を付けたことを途中で忘れて放置してしまうことがよくあります。

そういうことを指摘されるのは日常茶飯事ですが、やっぱり言い方がキツイのです。

「何これ? 置きっぱなしだけど」と教えてはくれるのですが、教えてくれるだけで娘が片付けてくれることはありません。

ちょっと蓋をしてくれるだけで、ちょっと横に移動させてくれるだけで片付くものも、教えてくれるだけでそのままの状態なのです。

忘れてしまった私が悪いのですが、そこでほんの少しの優しさや気づかいがあればと思ってしまいます。

一番しんどく感じたのはつい先日のこと。

私は仕事のことなどで体調不良になり、髪が抜けたり肌が荒れたりしたせいで、しばらく髪を染めることもできませんでした。

そのため前髪や頭頂部が白くなってきて、とても気になっていました。

そんなある日、娘と2人で買い物に出掛けて、ショッピングモールのトイレに行きました。

先に済ませて手を洗っていると、個室から出てきた娘に「老けたねぇ」と溜め息交じりに言われたのです。

「しょうがないでしょ。今は染めると痒くなったり髪が抜けたりするんだから」

言い返しましたが、しばらくその言葉が胸に刺さって悲しくて落ち込んでしまいました。

流石にこれは私が傷付いたことをきちんと分かって貰おうと思い、その夜娘に話しました。

「事情があって髪を染められない、メイクも薄くしかできないのは知っているでしょ? あの言い方は酷いよ」

「だってホントに、疲れてるのかなぁと思って」

「だったらせめて『ちょっと疲れてるみたいだね』とか言えないの? 老けたねなんて言われたら、誰でも傷つくよ。言われた方の気持ちを考えないと」

娘は一瞬不機嫌になりましたが、それもいつものことなので気にしません。

「自分のことを言われると不機嫌になるのも良くないよ。一度は受け入れて、なぜそう言われたのか理由をよく考えた方が良いよ」

娘はしばらく黙っていましたが、小さく「分かった」と言ってくれました。

小さな頃からずっと「人の気持ちを考えよう」「自分がされて嫌なことは相手にもしないように」などと言ってきましたが、娘にはもっと詳しく説明しないと分からなかったのかなと思います。

社会に出ていろいろな人と接するようになると、自分の言動が人を傷付けたり怒らせたりすることに気付くとは思うのですが、娘はもう30歳です。

この先、社会に出た時に気付くのでは遅いと思います。

娘が分からないと言っても、私がどれだけ傷ついたか、悲しかったか、母がどれだけ嫌な思いをしたかを、根気よく伝え続けて行かないといけないと思っています。

関連の体験記:あなた、母親の自覚はあるの? 長女が「17歳で出産した孫」を家族で育てている我が家だけど...
関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...
関連の体験記:「既読にならない方、賛成でいいですね?」LINEが流行り始めたころの「PTAグループトーク」の悲劇

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

言わないとわからない。投稿者が言わずに放置してきた結果ですから当然そうなりますよね。
通りすがりの者です。 少し気になってコメントします。 ゆららさん、これまで長い時間本当におつかれさまです。周りに気遣い、相手を傷つけないように自然に振る舞われている方なんだろうなぁと感じながら読みました。 幼児から高校生までの子ども(+保護者)相手の仕事を10年以上やり、今は全然違う仕事をしていますが、もしかして…と思って書いています。 娘さんですが、「コミュニケーションをとることが苦手」と書かれていて、具体的なエピソードもいくつか書かれてあり、それを読んで私個人が現場の勘から感じたことを書いています。 先に、ゆららさんは本当に一生懸命子育てをされてきて、細かいことにも気付き、それを家の中で子どもの頃から見ていたのなら、一般論的に少なくともそれをある程度お子様も自然に身につくのが通例です。 でも、そうではない娘さんの言動や行動を見て、それはゆららさんの甘やかしや育て方に問題があったのではなく、もしかして娘さん側の脳の気質的なもので上手くいってないのではないのかな…と感じました。 (続きます)
(続きです) 病気ではなく、情報処理が上手くできない、社会的に受け入れられる形でのコミュニケーション対応が難しい…、ということなのではないのかな…と思いました。 例えを出すと。 ある中学生の男の子に、その子が使っていた辞書を他の子が使いたくて「貸して」と言いました。 男の子は「いいよ」と返事するのですが、それっきりです。そんなやりとりが数回続き、「貸してあげて」と私が言ったら、男の子はブチギレてしまいました。 「いいって、言ってるだろ!」 何が起きていたかというと、その子の中では【「貸して」と聞かれたから「いい」と答えた】 で、全てが完了しています。 あくまでも聞かれたことに対して忠実に反応したわけです。 ところが、多くの人は 【「貸して」=「いいよ」=「貸してくれる側が辞書を手渡す」】 という図式で物事を見ているので、いつまでも手渡してくれなくて、「?」ってなっているわけです。 (続きます)
(続き2) 他にもう一例出します。これは最近担当した20代の入社してまだ3年になっていない子を見た時のことです。 ある作業をした際、某システムを使って作業がきちんと合っているかどうかの確認を最後にするようにと伝えていました。 ところが、仕上がった仕事を見ると中身がはちゃめちゃで全然できていませんでした。本人に確認したのかを聞くと、「やりました」と言うのです。仕事自体も真面目に取り組んでいました。 しばらくは私も意味がわかりませんでしたが、やっと意味がわかったのが 【システムを使って作業が合っているかを確認する】 ことだけを彼女はしていたのです。 正しくは、 【システムを使って作業が合っているかを確認する】→【合っていなければやり直す】→【きちんと合ったら提出。合わなければ合うまでやり直す、わからなければ聞く】 ということまで指示を出さないと本人がわからないということがわかりました。 ちなみに彼女はどの仕事でもそんな風だったので、とにかく事細かに指示を出すことを徹底しました。
(続き3) 娘さんが不登校になったということですが、もしかしたらコミュニケーションが上手く取れなくて、周りから浮いてしまって、それで行くことが苦になったのかもしれません。そのことが重なると、人とコミュニケーションを取るのが怖くなったり不安になったりしても無理はないのかな…と想像します。 単刀直入に言葉を使うことははばかられますが、ごちゃごちゃ言うよりもわかりやすいと判断して、書きます。 「発達障害」を調べてみてください。 調べたら色々出てくるかと思うので、そこには対処法や本人や周りができることが色々出ています。また、今は社会的に認知も広がっているので、当事者の方たちが自分でどんな風に気をつけているかや、何が上手くいかないかなどを綴っているブログもたくさんあります。 上に挙げた2つの例は、本人が「しない」のではなく「できない」タイプでした。「しない」タイプはわかっているけれどしないのであって、「できない」タイプはわからないからできない状況になっています。 (長くてすみません。 次が最後です)
(最後です) 相手の気持ちを察するとか、行間を読んで指示されたことをこなすとか、そういうことが本当に難しいです。そうした場合、本人や周りが日常的に使えるやり方や技を覚えていくこと、自分の状態を「できる」「できない」で判断したり自己否定したりせずに、やれることを増やしていくことが大切だと私個人は思っています。 気持ちをさらに暗くさせたり重くさせたりしたのなら本当にすみません。 ですが、ゆららさんがご自身をこれ以上責める必要がないというのと、責めてもおそらく解決はしないだろうこと、そして娘さんについては専門的な知識を持ってできることをした方が本人のためにもなるだろうことを感じて書きました。 全然違っていたのなら本当にすみません。 最後までお読みいただきありがとうございました。 まさか字数制限があるとは思わず、連投してしまいすみませんでした。
kさんからモノコさんへの返信 | 2021.02.23
長々しく説教がましく言っても投稿者にはどどかないよ これが余計なお節介ってヤツ
働きなさい、って言えば?言わなきゃ分からないんでしょ。言えばいいよ。
私の弟もそういう傾向がありますね〜…人の事はあれこれ面白おかしく言うんだけど、自分がそれはダメでしょって突っ込まれると不機嫌になる。 30代とは言え、根は子供なんですね。 就活はなさってないんですか? 一度は家にいてお金もいれないのに随分と偉そうね、とでも言って差しあげたら? なんでそんなに上から目線なんでしょ、娘さんは。投稿者さん、申し訳なく思うのと好き勝手言わせるのは違いますよ。 しっかり!
発達障害のグレーゾーンな感じがします。母、娘両方とも。母は忘れっぽいというのがそう思った理由です。娘さんは他人のことを思いやれないから。 うーん、引きこもり支援みたいなところに相談がいいのでは?
>>自分の言動が人を傷付けたり怒らせたりすることに気付くとは思うのですが 世の中そんなヤツであふれてるから娘だけ特別おかしいってのはないと思うけどね
40代主婦です。娘さん、もう30才なんですよね。私も小学生の我が子をみて思いますが、親は子どもにとって一生親だと思います。でも育てる義務に関してはどうでしょう。私は10代で片親亡くしているので、あなたの娘さんが30歳にもなって職につかず実家暮らしでいることが信じられません。本人の身体に障害や重い病気があるなら少しはしょうがないかな、、、と思いますが。家事も手伝ってくれてないんですか? もうとっくに自立していいお年だと思いますし、私が親の立場だったらお尻たたくように何としてでも嫁に行く以前に社会へ送り出す(働く大変さを経験させる)ことを優先させると思います。 娘さん自身今のままで不自由してなさそうだし、このままで良しと思わせないためにもう少しだけ厳しい目も必要かと思いますよ。
後でフォローではなくその場で嗜める必要があるのでは? 社会にでてから学ぶのではなく学んてから社会にでるものでしょう。学生の内に小さなコロニーで色々なことをしたりされたりしながら学んで大人になるのでは?勿論家庭も立派なコロニーです。子供のためと働くことに重きをおいて子供のための教育を蔑ろにしてきたのでは。 この先社会に出たときには、って本気で出す気ありますか。
お母さんやお祖母様はもう十分頑張られたのでは? 行政の家庭支援、困り事相談なども利用してみてください。いや、頼ってみてください。その年齢でその言動、ご家庭でどうこうできる段階を超えてしまってるような…。 その年齢で社会に放りだすのは無理ですし、放り出されてもきっと本人だけならず周囲も困ると思うのです。しかるべき支援を受けて長い子育てから早く解放されて下さい。あなた自身が幸せになって欲しいです。
言わないと分からないことがあるのはよく分かります。ただ本当に言い方ですよね。うちも祖母と同居してるのですが、曾祖母が亡くなってからもごもご喋りをするようになりました。喋りだしと喋り終わりの単語が聞こえない(もごもご喋る&声が小さくなっていく)から「?もっかい言って」と私は言うのですが、同じ状況になった時に姉が祖母に「なんて?
8050の問題を思わされました。娘さんには言わないとわからないですよ。自分が言われて学ぶものだからバイトでも日雇いでも外に出さないと。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP