入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:もっちゃん
性別:女
年齢:45
プロフィール:結婚して十数年、パートで働いている45歳。

8.jpg

近所に一人で住んでいる義母が、持病の目まいを起こして救急車で病院に運ばれ、安静のために数日入院する事になりました。

数年前にも同じ様な事がありましたが、そのときはまだうちの子供が小さかった事もあり、義妹が色々とやってくれました。

「今度は私が役に立ちたい」と思い、義妹に「任せて」と言った私。

入院に必要な身の回りの物を取りに、義母宅に向かいました。

その義母宅で、気になるものを見てしまったんです。

私は居間以外に踏み込むのは初めて。

恐る恐る上がりました。

すると、さすが普段は元気で活動的な義母。

家の中はきちんと片付いていて、我が家が恥ずかしいくらいでした。

着替えを取りに寝室に入っていくと...10畳の部屋の一角に、山と積まれた箱がありました。

同じ様なサイズの白い箱の数々。

好奇心が沸いて、幾つか中を覗いてみたところ...冠婚葬祭のお返しや引き出物でした。

私が嫁いだ頃は、この辺りではお葬式は自宅で行うのが一般的。

町内会の人達が取り仕切っていました。

義母からも「女性は家の中の片付けや振る舞いを担当して、味の濃い薄いなど意見が分かれるので大変だった」と聞いたことがあります。

そうして手伝ってくれた人へのお返しに、バスタオルやシーツといった日用品を、お茶などの乾物と共に渡すのがお約束になっていたようです。

それは良いのですが、問題は「いつのものか」ということです。

幾つか箱を開けてみると...やはり乾物は全部賞味期限切れ。

古い物では5年前に切れているものがありました。

そもそも義母は、賞味期限に対して「生モノでなければ味が変わるまでOK」という考え方。

乾物は「いつか食べよう」という気持ちでしまっておいたのでしょう。

そしてタオルなどの日用品は「いずれは使う物だから」と倹約の精神でとってあるのだと思います。

こうしたものを私は頂いた事がないので、十数年前、私が嫁いで来る前からの物もあるかもしれません。

このままずっとこの一角に積み上げられたまま、何年、何十年後かに...私が処分をする事になるの?と考えると怖くなりました。

気を取り直して身の回りの物を揃えて、入院中の母へと届けました。

その時に「頂き物は溜め込まないで下さいね」と言いたかったのですが、必要のない所を覗いた「後ろめたい気持ち」と、それを咎められる様な気がして、言い出せませんでした。

それ以降、「義妹は知っているのだろうか」なんて事も考えたり...ずっともやもやしています。

■おすすめ体験記
義父母はこの先、生活保護!? 貯金もなく、年金も払っていなかった時期がある義両親
お酒が飲めない私。お酒を10杯飲んでワリカンし「安かったね~」と言い放つ友人たちにピクピク
「あんたみたいな嘘つき女が一番嫌い!」大好きな姉に告げられて大ショック

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

微妙 人生の大先輩にため込まないでくださいと言ってしまう気持ちが信じられない、、おもっていも墓場まで持っていくのが理想ですし、そうしたいと思います。
入院中にそんなこと言わなくていいじゃないですか。しかも自分の心配として。 寝室ですし、もし倒れてきたらお怪我されることもあるでしょうから、お元気になられてからでも相談されて一緒に片付けましょうよ。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.02.29
同感です。入院して、そんなこと言われたら治療に専念できない。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.03.03
言ってないんだよなあ。よく読もうねえ^^
処分は、簡単! 好きなように挿せてあげるのが、親孝行
プライバシーの侵害でしょう。 同居でもない義母宅の、寝室というプライベートな空間に入る許しを得たからと言って何でも覗いていいわけじゃない。頼まれた着替え以外には手を触れるべきではなかったと思います。 さらに小言を言おうなんてどうして思うのか? 私なら自分の実家でもしません。片付けを頼まれたらどんどん処分するとは思います。
そもそも部屋を物色する投稿者の方に対して嫌悪感を覚えます。 亡くなった後は自分が執り仕切ると勝手に解釈するのは如何なものかと。 この人が義母だったら、と思うと戦慄する。
私の周りにもよくある話です。うちは同居だったので私が来てからはどんどん使ってましたが私が来る前のものが後から沢山出てきて処分は大変でした。ひとり暮らしなら特に貯まるばかりだと思います。貯めないでと言うのは私も言えません。 今のうちに片付けるが出来るタイミングが出来る事を祈ります。
亡くなったら処分すれば良いだけ。 何部屋もそれで埋め尽くされているならともかくゴミ袋に詰めれば数分で完了でしょう。そんな事で悩むなんて驚き。
相手がきちんとされてるからって、粗探ししない方が良いと思います。 意地が悪い思想だと思います。
お義母様が亡くなられたあと、義妹さんに判断してもらってはいかがでしょうか?今は、お義母様が良くなられることを、考えてあげましょう。あなたを信頼して、家の中に入ってもらったのでしょうから。
もやもやはわかります。 義妹さんや夫さんが現場を見る日までは「私は何も見てない」ポーズで耐えましょう。
プライバシーの侵害です。 更に、義母の部屋の一角に積まれているだけで口を出すなんて‥。 投稿者さんの家族はかわいそうですね。
びっくりしました。自分の母のところでもせん策しません
かってに入って覗く行為はよくないと思うけど、やってしまった事は元には戻りません。確かに批判されても文句は言えない。しかしこう言う事はあります。自分の所もそうだった。目につく所に明らかにいらないとか、賞味期限が何年も前に切れた食品がありましたが、処分はできませんでした。姑が亡くなった後片付けでそれらは全て処分するのが大変でした。目に見えない所からも出るわ出るわのオンパレードで何回もその都度見つけて処分しましたが疲れましたね。
心が痛い。 きちんと片付けたいと思っては いるけれど。息子の奥さんでも、そのように思われるのはいやだ。 自分の生活のプライベートな部分はふれてほしくない。 自分がちゃんと整理できてないのが悪いんだけど。 義娘の立場もわかるけど、息子が結婚する事は気を使う事が多くなって正直面倒とおもってしまう。
分かります。。捨てられない人いますよね、まだ使えるから〜って。でも存在すら忘れてる(笑) 義母がそのタイプで義実家が物で溢れている!!(地震あったら圧死確実) さらに家をもう一軒所有していて、そこも全ての部屋、収納が物で埋まっている…。全てもう使わない物達。(実母が整理整頓をきちんと出来る人だったので、尚更目につく。) 主人は長男で、この親に育てられたため整理整頓掃除等が全く出来ません。私も思いましたよ、これをゆくゆく処理するのは誰だと思ってるんだよ、と。でも仕方ないです、言っても無駄だと思いますし、同居してないのが幸運、目を瞑る事をお勧めします。
片付けたくないなら今は業者もやとえます。ゴミ屋敷でなければ小さな事で気を病むのはやめましょう。それよりもお掃除のやり方教わった方がいいのでは?
同居の姑も同じです。いや、もっとひどいかも。 そういえば実の父もそうでした。 高齢者はみんなそうなのかも。 私、勝手に処分したことありますよ。本人はもちろん気がつきません(笑) ご主人と三人で一緒に片付けしたらどうですか?乾物は、古くなると虫がわいて不衛生ですよ。 プライバシー侵害だの言う人は結局は他人事なんですよね。 業者に頼むのだって高額ですから。本人をなだめながら、少しずつ処分です。
ウチもありました。姑さんが亡くなった後に遺品整理をしたら出るわ出るわ。押し入れから木箱に入った何年前?かわからない虎屋の羊羮が出てきた時は衝撃でしたよ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP