熟考のすえ、テレビを断捨離! 手放しても何も困らずスッキリ...したからこそ抱えた「意外な後悔」!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:れもん
性別:女
年齢:45
プロフィール:2人の息子を持つシングルマザー。腰痛に悩みながらも、ハイキングが辞められません。

22.jpg

私は45歳のシングルマザーです。

18歳の長男と14歳の次男、そして私の両親(実父78歳、実母71歳)の、5人で約10年実家で暮らしています。

昨年の夏に断捨離を意識した時、我が家のテレビの多さに気が付きました。

家にあるテレビは全部で4台。

1人1台とまではいかないものの、これは結構な数なのではないかと疑問を持ち始めました。

部屋の数は全部で5部屋で、和室以外には全室設置してあります。

それなのに、私自身ここ数年まともにテレビを見てはいません。

たまに見るとしても好きな番組のみで、録画したものだけ自分のペースで見るというスタイル。

断捨離を始めると、急にテレビがどうしても邪魔に思えてくるのでした。

とはいえ両親は大のテレビ好きです。

一番大きなテレビはなんとも誇らしげに、リビングの広いスペースに堂々と鎮座しています。

そのテレビを家から放り出すことは、両親のことを考えると、あまりにも現実的ではありません。

そこでまず、自分の部屋のテレビを手放そうと考えました。

そういえば、最近テレビを付けたのはいつだっけ? と振り返ると、それは数カ月も前のこと。

ましてや何を見たのかなんて、全く覚えてはいませんでした。

自分で厳選して録画してきたテレビ番組さえも、しばらくの間は見る事ができずそのまま放置しています。

これでは何のために、狭い自分の部屋に大きなテレビが置いてあるのか分かりません。

少なくとも私の部屋のテレビはもう不要です。

そうやって頭ではこれをしっかりと理解してはいました。

ですが、いざ手放すとなると「本当に処分してしまって大丈夫かな...」という不安がよぎります。

なんだかんだ言っても、このテレビとは約7年の付き合い。

今まで散々ほったらかしだったくせに、これは情でしょうか。

それでもなんとかロジカルに気持ちを整理しながら、良く晴れた日曜日の午前中、テレビを中古ショップへ。

買取価格は2000 円でした。

「う~ん、安い」

とは思いましたが視点を変えて、必要としている他の誰かに使ってもらえるなら、このテレビもきっと幸せなはず。

そう思えば十分な値段です。

遂に私の部屋のテレビを手放すことに成功!

そして1週間後。

私は、あることに気が付きました。

「あれ...? 何も困らない...」

テレビを手放しても何の不便もなく、部屋が広々として開放感しかありません。

しかし、「捨てたこと」を後悔する気持ちは微塵もわきませんでしたが、違う後悔が頭をもたげてきました。

「こんなにも爽快なら、もっと早く手放せばよかった!!」

想像するのと実際行動に移すのとでは、こんなにも違うのかとも思いました。

近いうちにもう1台手放そうと思っています。

家族にはどのように話したら理解してもらえるか、今からあれこれ考えています。

関連の体験記:入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...
関連の体験記:「食べられるものがないの...」90代の義母が待ち望んだ食事会...ど、どうする!?
関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP