40代、膝が痛くて曲がらない! 果たして「しゃがまずに猫のお世話」はできるのか...!?/フニャコ

のんびりおとなしいスミちゃん9歳女の子、まだまだ遊びたいアヤちゃん1歳男の子の黒猫2匹と過ごす私、フニャコ40代です。

前回の記事:天真爛漫な子猫に比べ、不器用で控えめな「先輩猫」。「たまに甘える姿」がいじらしい.../フニャコ

30代後半でも少しの段差を飛び降りる時に一呼吸必要になったり、徐々に身体の衰えを感じていましたが、40代になってからは歩く時に色々な関節に違和感を感じたり、軽い四十肩になったり...急激に身体の衰えを感じるようになりました。

こうやってだんだんと衰えて行くんだろうなあ...なんて思っていた矢先!

ある朝突然「変形性膝関節症」になりました。

まさかまさか。

もっと高齢にならなくては縁がないだろうと勝手に思っていた膝の痛み。

思った以上に厄介でした。

IMG_0649.PNG

しばらく日が経つと、炎症は治まってきて無理をしなければ痛むことはなくなりましたが、膝は深く曲げられない状態です。

IMG_0650.PNG

IMG_0651.PNG

思うように動けず生活がしづらくなり微妙にストレスを感じていていた時、夫から頼もしい言葉が。

IMG_0652.PNG

しかしその翌日。

まさかの事態が!!

IMG_0653.PNG

IMG_0654.PNG

なんということでしょう。

しかも階段の上り下りや立ち上がり方を見ていると、夫の膝の痛みの方が私より酷そうです。

そんな膝が曲がらない我らに試練を与えるかのように、アヤちゃんが食べたばかりのフードを吐き戻し!

IMG_0655.PNG

もっと身体の柔軟性を高めていれば良かったと思うばかりです。

現在は膝が曲げられないなりに生活のコツを掴んできてなんとかなり、アヤちゃんが毎日楽しみにしている追いかけっこもようやく出来るようになりました。

まだまだ無様な走り方が逆に怪しさを醸し出し、追いかけっこのスパイスになっているのかもしれません。

IMG_0656.PNG

猫のお世話は、しゃがんで行うことが多いので、しっかり変形性膝関節症のための筋トレをして、猫たちのためにも元気で頑張りたいと思います。

健康第一ですね!

【次のエピソード】愛猫が初めて一緒の布団の中に...! 家に籠もりがちな日々、猫が癒しと元気の源に/フニャコ

最初から読む:日々、猫と人間の知恵比べ!? 2匹の猫の里親になってみて/フニャコ

【まとめ読み】亡くなった猫・ぺーやんとの日々も...。フニャコさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

フニャコ

娘が小学生に上がる頃に猫2匹を迎え、絵日記ブログにて猫と家族との日常を更新中

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

フニャコさんのブログ:おそらくその平凡こそ幸せ

コメント一覧

なんということでしょう(汗)!と思うと同時に「仲良し夫婦」と思いました( *´꒳`* ) あぱちゃんの真似をして腹筋に名前を付けたにも関わらず、それ自体を忘れている事が多い私。フニャコさん、お互い頑張りましょう〜〜!
腰痛持ちの中年としては他人事ではございません どうかお大事に!
フニャコさんの大ファンです。イラストも本当にお上手で、猫や人間のフォルムも優しく可愛いく愛情に溢れていると思います。いつも楽しく癒されてしまいます。これからも素敵なお話し楽しみにしています。フニャコさんもブリやんさんもどうぞお大事に!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP