「我慢できる」と思ったのに...。「縄跳び」で尿漏れ、ショックを受けた私が一念発起して...!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ayuko
性別:女
年齢:43
プロフィール:体力には自信があったのですが、自分が思っているほどではなかったと実感しています。

29.jpg

2020年の春は、新型コロナウイルスの影響で学校が休校になり、子どもと過ごす時間が増えました。

何もかもが初めての経験で、過ごし方も分かりません。

規則正しい生活と運動不足解消のため、10歳の娘と6歳の息子と家の前で軽く運動をしていました。

当時は「自粛警察」という言葉も盛んに聞くくらいで、公園で遊ばせていたり子供が集まっていたりすると、市や学校にクレームがくるとニュースでも見ていました。

子供達には鬼ごっこや、ドッヂボールで発散させてあげたいところでしたが、白熱すると大きな声が出てしまうのでNG。

そこで役に立ったのが縄跳び! 1人でやる運動ですし、体力もそこそこ使うので、手っ取り早く運動ができます。

私も二重跳びの練習をする娘を見て、何十年ぶりかにチャレンジ!

実は私は、娘が生れる前までダンスを長年やっていたので、体力には自信がありました。

ところが、二重跳びも数回跳べたものの、何度か跳んでいるうちに尿意が...。

トイレに戻るほどでもないし、我慢できると思っていたのですが、次に跳んだ時になんと恥ずかしながら尿漏れをしてしまいました。

自分では我慢しているつもりなのに、勝手に出てしまったという感じ。

自分が思っているよりも体力も筋力も落ちていたとは...。

今からでも遅くないと思い、内転筋のトレーニングをスタート。

まずは、妊婦の時に「尿漏れ対策にもなる」と聞いていた雑巾がけに取り組みます。

朝イチの運動にはもってこいです。

子供の頃はスイスイと教室を雑巾がけしてた記憶がありますが、筋力が衰えた今、雑巾がけの姿勢を取ることすら難しいんです。

全身運動にもなるし、部屋もきれいになるし一石二鳥です。

他には、バランスボールを使ったエクササイズも頑張っています。

仰向けになり、足でバランスボールを挟み持ち上げます。

足が90度に上がった位置で、ボールを挟んだままバランスボールをシェイクするように前後左右に小さく動かしたり、同じく仰向けでバランスボールを投げて足をキャッチ。

内転筋に効きます。

今は、子供たちが学校に行っているので、縄跳びをする機会は減っているのですが、バランスボールに座ってバウンドをしたり、軽めのジョギングで振動を与えて、尿意をチェック。

まだ、体に振動を与えると尿意を感じることがありますが、尿漏れをしてしまうことはなくなりました。

やっぱり、運動をしないと、どんどん体力も、筋力も衰えてきます。

今回の自粛中の縄跳びで、想像以上に体力、筋力の低下を実感しました。

昔の自分のイメージのままではいけませんね。コツコツと頑張ります。

関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...
関連の体験記:大学を留年した娘から送られてきた「留年分の学費返済計画」。苦笑いしつつ、一抹の寂しさが...
関連の体験記:娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP