娘には言えないけど...70歳手前、貯蓄はキープしたい私たち夫婦にとって「可愛い孫」への出費が痛い

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ちゃまめ
性別:女
年齢:69
プロフィール:娘から教わり、フリマアプリをやってみました。おもしろいものですね。

49.jpg

娘に子どもが産まれ、早いものでもう5歳になりました。

娘に似た女の子で、本当に可愛く、目に入れても痛くありません。

孫も私や夫のことを「おじいちゃん、おばあちゃん」と慕ってくれてありがたく思います。

人生の最後にこんな嬉しいことが待っているとは! 

そんな思いで、娘夫婦には感謝しかありません。

しかし、娘には話せませんが、正直なところ出費が痛いです。

里帰り出産だったので、生活費用から始まり、出産祝い、お宮参りでのお祝い、七五三のお雛様、初節句でのお祝い、誕生日、クリスマス、入園など、イベントごとにお金やおもちゃをプレゼントしています。

他にも、県外に住んでいるので、帰省するのは年に四回ほどです。

そのときは食事代やレジャー費は全て負担して、オムツ代や洋服代なども払ってしまいます。

また、新幹線を使うので、交通費も半額程度は出しています。

娘は派手な生活をしておらず、質素倹約に日々過ごしています。

なので、家に帰ってきた時ぐらい贅沢させてやりたいと思い、ケーキを買ったり、洋服を買ってあげたり、少し高いレストランへ連れて行ってあげたりということをしてしまいます。

なので、孫や娘に関係する出費が最低でも年に15万円はあります。

我が家は現在年金生活。

今はまだ大きな病気をしていませんが、いつ病にかかるか分かりません。

そしたら、さらに通院代などがかかってくるでしょう。

将来は施設に入ることを考えておりますが、なるべく希望にあった施設に入りたいと思っていますので、費用も平均以上かかってきます。

年金や貯蓄共に、夫が現役の頃から倹約を心がけていたので、今のところお金には困ってはおりませんが、余裕があるわけでもありません。

老後にはたくさん旅行へ行きたかったのですが、体力だけでなく、お金の不安からもなかなか行けていません。

すでに私たちは70代の一歩手前。

いつなにがあるか分からない様な状態なので、なるべく貯蓄は減らしたくないという思いがあります。

娘にも孫にも喜んでもらいたいです。

喜んだ顔もみたいです。

しかし、自分たちの生活が崩れてしまっては元も子もないです。

近いうちに、二人目の孫が生まれます。

本当に嬉しくてたまらず、一人目のときのように可愛いに違いません。

ますます財布の紐が緩んでしまいそうですが、なるべく貯蓄は減らしたくありません。

バランスが難しいです。

可愛い孫や娘にどんどんお金を掛けたいのに、頭の中で引っかかってしまう自分が嫌にもなります。

関連の体験記:幼い2人の娘を母に預け、離婚交渉していた私。ある日父から「母が過労で倒れた」と連絡があり...
関連の体験記:「生活費必要?実家なのに?」離婚して子連れで戻ってきた娘との大ゲンカの結果は...
関連の体験記:共働きの息子夫婦に頼まれ、2歳から預かった孫娘。彼女が「小学校で書いた作文」で嫁との関係が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

とても素晴らしい、おじいさまおばあさまですね! でも、お金の使い方を間違えている気がします。自分たちの生活を犠牲にしてまで、孫に費やすのは違うと思います。 娘さんも、ちゃんと倹約しながら生活して暮らしてて迷惑かけないようにしていらっしゃるなら、少し出費を控えたらいいと思います。孫が可愛いのは、わかりますが、老後お金がなくなって娘に迷惑かけて過ごすより良いのでは?
娘さんの方が歳が近いので、娘さん目線で読ませていただきました。 うちの親もたくさん援助してくれてありがたいですが、もしこの先親が大病を患った時に「あなたたちが帰ってくる度お金を使ったから治療費が出せない。援助して。」と突然言われたら…と思うとぞっとしました。娘さん、お嫁に行ったのなら今後義両親の援助をする可能性だって十分ありますよね。子からしたら親の貯蓄なんてわからないので、「私たちに何かあった時のために○○万は貯めてるから」ときちんと共有するか、現在の出費を見直すかしていただきたいです。
資産運用してみては? その利益だけお孫さんの出費にすれば、貯蓄は減りませんよ。 初心者でも気軽に始められる資産運用商品もあります。 銀行で気軽に相談できますし。 リスクか全くないとは言えませんが、リスクの高低は選べます。
恐らく娘や孫が可愛いからだけでなく、もうお金は出せないとか今までの様に出してやれないとなったら帰省してくれなくなると言う思いから出してしまうんでしょう。実際問題、今後は新幹線代は出せないとなったら娘さんは帰って来るでしょうか?お金が目当てではなくとも、結局余裕が無ければ帰って来れなくなります。二人目の出産も、里帰り時にはいくらか生活費は持って来なさいと言ったら娘さんは困るでしょうね。もしかしたら娘さんは、自分の親がこれくらい出来て余裕な経済状態だと思っているのかも知れません。けれどもいざとなった時にお金が無い年寄りはみじめですよ。それこそお金は無いは娘とは疎遠だとなったら悲惨です。早いうちに身の丈に合ったお付き合いにした方がいいと思いますよ。私が娘の立場だったら、してくれた事はありがたいけど、なんでそんな先々の事を考えずにと思うと思います。
お金を沢山出さないと愛情は保てないものなのかな? 年金生活で厳しいなら正直に話して帰省を年2回に減らしたり、誕生日プレゼントとお年玉だけにしとけば良い。 旦那さん側のご両親がどうであれ、対抗しなくてもいい。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP