車で30分の塾へ通う次女のお迎え。大変だけど楽しみでもある「母と娘の時間」だったけど.../しまえもん

大学生の長女が一人暮らしを始めたので、マイペースなだんなと高校生の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

前回の記事:冬にトイレの「保温機能」が故障! 仕方なくつけた「ペタッと貼る便座シート」でひと悶着が...60-1.png60-2.png60-3.png60-4.png

次女はまだ高1ですが、一応進学校に通っているので、進路の話が学校でもよくでます。

長女と同じ方面の大学を目指しているので、春から長女が通っていた塾にも通い始めました。

その塾は隣の隣の市にあり、車で片道30分ほど、電車の場合は自宅から最寄り駅までの送迎を含めて25分ほどかかります。

週に1回、平日に通うのですが、1回3時間はやるので、学校帰りだと帰りは早くても夜8時くらいになります。

長女の時は、行きは学校から電車で行き、帰りは車で迎えに行っていました。

お弁当を作り、夜7時半ごろ家を出て、塾の前で長女が出てくるのを待ちます。

電車で帰る方が時間的には短いのですが、ちょうどいい時間の電車がないことと、帰ってきてから夕飯を食べると9時近くになってしまい、それからお風呂に入ると勉強の時間が少なくなるというのが迎えに行く理由でした。

車の中でお弁当を食べれば、帰ってすぐお風呂にも入れるので、少しでも勉強の時間が取れると思ったのです。

人に話すと大変だねと言われましたが、帰りの車の中での長女との会話は楽しみでもあり、一緒に受験を戦っている"同志"のような感覚もありました。

そして長女は大学に合格して、迎えに行くことはなくなりました。

寂しさはありましたが、次女も同じ塾に通う予定だったので「まだお迎えは続く」と思っていました。

60-5.png60-6.png60-7.png60-8.png
次女が高校生になり、塾に通いだしました。

最初こそ長女と同じように迎えに行っていたのですが、同じ部活の仲間で一緒の塾に通う友達ができて変わりました。

帰りも電車で帰ることが多くなったのです。

(長女の時は友達で同じ塾の人がいなかったのです)

最寄りの駅まで(往復10分ほど)のお迎えだけになりました。

私の方も昨年から始めた仕事で遅くなり、家に帰ってからお弁当を作って持っていくということが難しい時もできてきたので、近くの駅までのお迎えだけなら15分以内で済むので助かります。

助かるのですが、何だか寂しい。

そして、次女は、

「往復電車で行くのはお金がかかるからお迎えしてほしいけど⚪︎⚪︎⚪︎ちゃんと帰るの楽しいんだよね~」

そうだよね、母と帰るより楽しいよね。

入学して、コロナのせいで学校に行けなくて、友達ができるか心配していたのを考えたら、一緒にいて楽しい友達ができたのは本当に嬉しいこと。

関連記事:友達作れる...⁉ 入学後すぐコロナ休校になった「人見知り次女」の高校生活が再開し...

嬉しいことなのに...

こうやってどんどん親から離れていっちゃうんだな...

と思うと気持ちが少し沈んだ。

夕方バタバタとお弁当を作りお迎えに行くのを大変と思うこともあったが、私は楽しんでいたし、娘と一緒に戦っている気分だったのかもしれない。

まだまだ次女はあと2年あるので、時々は迎えに行けることがあるかもしれない。

その時が来るのを楽しみするしかないなと心密かに思っています。

【次のエピソード】一人暮らしを始めた長女へ。食べ物を詰めながら思い出す「30年前の母と自分」/しまえもん

【最初から読む】甘え上手下手も愛おしい!我が家の癒し担当2匹/しまえもん

【まとめ読み】夫、娘、ねことのエピソード満載!しまえもんさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

しまえもん

ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生真面目な高校生の長女、マイペースな中学生の次女、そして、今年12才になるくろさんと、6才になるにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP