一人暮らしを始めた長女へ。食べ物を詰めながら思い出す「30年前の母と自分」/しまえもん

大学生の長女が一人暮らしを始めたので、マイペースなだんなと高校生の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

前回の記事:車で30分の塾へ通う次女のお迎え。大変だけど楽しみでもある「母と娘の時間」だったけど...

61-1.png61-2.png61-3.png

長女が通う大学は我が家から車で3時間以上かかる場所にあります。

寮のない大学なのでアパートで暮らしています。

家にいる時から多少料理をやっていたこともあり、長女なりに料理をしているようです。

しかし、課題の多い大学なので、寝る間も惜しんで作業している場合もあり、そんな時は簡単なもので済ますこともあるようです。

元々、家に食べるものがなければ、食べないで過ごしてしまうことがある長女なので親としてはちゃんと食べているか、それだけを心配しています。

なので、時々何か食べられるものをと箱に詰めて送ります。

生物は1人だし多くは送れない、温めて食べるだけならいいかな...、箱に入れるときは
色々考えます。

できれば好きなものを入れてあげたいし...

61-4.png61-5.png61-6.png

箱を詰めながら、30年前私が1人暮らしをしていた時のことを思います。

離れて暮らしている私を心配して、母が実家で作っている果物、お菓子やインスタントものをびっしり詰め込んで何度も送ってくれました。

私とは好みの違う母のチョイスなので、申し訳ない話ですが「正直これは食べないな」と戸棚の中で眠ったまま賞味期限が過ぎて処分したものも結構ありました。

61-7.png61-8.png

今自分が母と同じ立場で、娘に荷物を送っていることを考えると不思議な気持ちと母の思いを改めて感じます。

いつも荷物がついたことを電話して、簡単にありがとうと言っていたけど、もっともっと感謝していることを伝えられたら良かった...。

数年前に母は無くなったので、今となってはそれもできませんが。

娘へ荷物を送るのは、まだ始まったばかりです。

多分これから何回も送ることになると思います。

正直、お金があれば今はどこでも大体のものを買うことができるので、わざわざお金をかけて食べ物を送らなくてもとは思うこともあります。

でも、母としては送りたいんです。

長女に今世話を焼けるのはこれくらいなので。

箱を開けた時の長女の顔を思い浮かべながら箱を詰めている時、私はワクワクしているのです。

【次のエピソード】排水管から白っぽい塊が...! 思わずゾッとした、築16年の我が家の「シンクの水漏れ」奮闘記/しまえもん

【最初から読む】甘え上手下手も愛おしい!我が家の癒し担当2匹/しまえもん

【まとめ読み】夫、娘、ねことのエピソード満載!しまえもんさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

しまえもん

ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生真面目な高校生の長女、マイペースな中学生の次女、そして、今年12才になるくろさんと、6才になるにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP