ずっと「頑張らせていた」のかな...。待合室で思い悩んだ「老いていく義母への寄り添い方」/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、ブログでは書ききれなかった話をご紹介します。転倒したばあさんに付き添った病院の待合室で、なとみさんの考えたこととは...。

前回のエピソード:ああ...本当にありがとう。転倒した義母に「手を差し伸べてくれた人たち」

一人で病院に向かう途中、バス停の手前で転んでケガをしたばあさん。

周りの皆さんの温かい善意と、ばあさんの強運のおかげで今回骨折は免れたけれども・・・

unnamed.jpg

待ち合い室で色々考えました。

今後のこととか・・・そりゃあ色々と・・・。

どういう寄り添い方がベストなのか・・・。

はあ~~、悩むわ~~。

続く

【続きのエピソード】「自分のできること」を少しずつ減らしていく...。86歳義母に「寄り添う」こと。/なとみみわ

【最初から読む】義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた/なとみみわ

【まとめ読み】ばあさんとの介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍

81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメント一覧

76歳になる実母が昨年の年明けからのコロナ禍で半年行けない間にうつ病に ローソクが何本も消えた母の姿は辛かった…本人はもっと葛藤していました 好きな事が出来なくなるって⁈ 自粛で、自宅に居るのが嫌いになり、うつ病での徘徊と心筋梗塞と何パンチ⁈ 家族が翻弄された一年で、 ばーちゃんと実母が重なり涙してます

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP