ああ...本当にありがとう。転倒した義母に「手を差し伸べてくれた人たち」/なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、ブログでは書ききれなかった話をご紹介します。「義母が転倒した」という連絡を受け、慌てて現場に駆けつけたなとみさん。そこには、居合わせたの方々に助けてもらったばあさんの姿が...。

前回のエピソード:様子が変だった義母が「転倒した」との連絡が! 慌てて駆けつけてみると...

「おばあさんがバス停で転倒して怪我をされました」

マンションの管理室から連絡がきた。

慌てて駆けつけて見たら、ばあさん思ったより元気じゃ〜〜〜ん。

unnamed.jpg

朝から様子がおかしかったのに、一人で病院行かせてしまってごめんね。

気づいてあげられなくて、本当にごめんね。

私もばあさんを見て、田舎で一人暮らししている実母のことを想う。

ばあさんを通して、自分の老いと死を思う。

今回優しく手を差し伸べてくれた、全ての人が、きっと自分の大切な人を思い浮かべながら、優しくしてくれたんだろうなあ・・・と思う。

歳を重ねた人は、やはり人生の先輩で、私たちより少し先に前を進んでいる。

毎日生きて過ごしているだけで、私たちには全てが学び。

人生の学びなんだなあ・・・と、つくづく思う。

つづく

【最初から読む】義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた/なとみみわ

【まとめ読み】ばあさんとの介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍


81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメント一覧

10年前に亡くなった祖母を思い出しました。本買って読みます!!
昨年亡くなった祖母がの一周忌がもうすぐです。 読みながら涙が止まりませんでした。 買って読みたいと思います。
自分の母を介護した10年と重ね合わせてしまい、微笑ましいエピソードも泣けてしまいました。
なんだか、心がじんわり温かくなりました。こんな風にみんなが助け合える世の中になったらいいな。おばあちゃん、とっても可愛いですね。
泣ける、、。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP