様子が変だった義母が「転倒した」との連絡が! 慌てて駆けつけてみると.../なとみみわ

人気ブロガーのなとみみわさんが、義母の「ばあさん」(2018年、88歳で他界)の介護エピソードを中心に、ブログでは書ききれなかった話をご紹介します。朝からばあさんの様子がいつもと違うと心配していたら、一本の電話がかかってきて...⁉

前回のエピソード:違和感はあったけど...義母を一人、病院へ送り出した後に鳴った「一本の電話」

朝からちょっと様子が変だった。 なんとなく違和感があったのに・・・

ばあさんが病院に出かけて15分後ぐらい。

「おばあさんがバス停で転倒して怪我をされました」

...と、マンションの管理室から連絡がきた。

携帯電話と、何かあった時のために一万円札を握りしめて、慌てて家から駆け出しました。

ばあさんのこと4.jpg

少し顔から血が出てるけど・・・ もっとすっごい状態想像してたから、めっちゃ安心しました。

顔から転んだらしく、頭も打っているかもしれない、とのことで、念のために救急車も呼んでくれていました。

迎えに行った私のことも、ちゃんと認識してるし。

高齢者が転んで骨折してそのまま寝たきり・・・

なんて話をテレビや雑誌でよく耳にしますが、心配していた骨折も・・・してないみたい。

ああ〜〜、よかった。

とりあえずばあさん元気。

つづく

【続きのエピソード】ああ...本当にありがとう。転倒した義母に「手を差し伸べてくれた人たち」

【最初から読む】義母に「せん妄」の症状が...!介護と同居は、ある日突然やってきた

【まとめ読み】ばあさんとの介護の日々!なとみさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

なとみみわ

テレビ制作会社に勤務。子育ても終わり趣味であるマンガを描きつつイラストレーターに転身。Web、雑誌、書籍、ムック、広告等を中心に活躍


81+avVPVxkL.jpg

『ばあさんとの愛しき日々』

(なとみみわ/イースト・プレス)

ガンコだけど可愛くて憎めない、なとみ家のばあさん。いつも笑顔とすっとぼけた言動で家族を楽しくふり回す毎日。そんなばあさんと暮らした楽しくってかけがえのない日々を、あたたかく描くコミックエッセイです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP