もっと早く気づければ...。我が家の高齢の猫だけ「ご飯が減らなくなった」原因は⁉/しまえもん

大学生の長女が一人暮らしを始めたので、マイペースなだんなと高校生の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

前回の記事:割と涼しい地域だけど...今年は暑い!「エアコンがない」我が家の夏の過ごし方

我が家には、くろさん(14歳)とにゃあさん(8歳)という猫が2匹います。

58-1.png58-2.png58-3.png
以前にもくろさんがご飯を食べない話を書いたのですが、またまたくろさんが食べてくれなくなりました。

関連記事:なぜ?うちの1匹の猫だけごはんを食べてくれない...その意外な理由とは

ご飯はいつも2階にカリカリ(キャットフード)を入れた器を二つ置いています。

大体左の器でくろさん、右でにゃあさんが食べていました。

ある日左の器の方のカリカリが減らない日がありました。

くろさんは割と食べる方なので、減らないのはおかしい。

様子を見ていましたが、次の日もカリカリは減らない...。

流石にくろさんの体調が悪いのかと心配しましたが、くろさんの様子は普段と同じ。

好きなヨーグルトやパンを食べてくると周りを回って欲しがります。

食欲はあるようなのです。

58-4.png58-5.png
もしかして硬いカリカリが食べられなくなった?

試しに缶詰の柔らかいキャットフードをあげてみるとガツガツ食べます。

食欲がないのかと思い最初ちょっぴりだけあげたのですが、終わると要求するくらい食欲がありました。

やっぱりお腹は空いていたのです。

その時、くろさんだけに食べさせたかったのでキッチンの隅で、にゃあさんから隠すようにご飯をあげました。

にゃあさんは気になるようで何度も見にくるのですが、見せると食べられてしまうので、嫌いな水を払って遠ざけたりしました。

そして、くろさんが食べ終わった後に残っているとにゃあさんが食べるので、終わるとさっと片付けました。

58-6.png58-7.png58-8.png
何日か2匹を別々に食べさせ、2階ににゃあさんのご飯を出そうとした時です。

くろさんも一緒に階段を上ってきました。

ようやく2階で食べる気になったのかなと思ったら、くろさんは階段の上ににゃあさんの姿を見て、慌てて下りてしまったのです。

その様子で、ようやくなぜ2階で食べられなくなったのか、理由に思い当たりました。

元々仲の良くない2匹。

くろさんは、若いにゃあさんにちょっかいを出されて、よく喧嘩しています。

食事もさっと食べるにゃあさんに比べて、ゆっくり時間をかけて食べるくろさん。

食べている間に、にゃあさんに手酷くちょっかいを出されたのかもしれない。

神経質で小心なくろさんは、並んで落ち着いて食べられなくなったのでしょう。

そう考えたら、もしかして硬いカリカリが食べられない訳ではないかもしれないと思い、試しに今まで食べていたカリカリをキッチンで食べさせてみました。

普通にガツガツ食べるではないですか。

やっぱり、2階で一緒に食べることが嫌だったのです。

それからはくろさんはキッチン、にゃあさんは2階にと完全に分けるようになりました。

くろさんは、落ち着いて食べられるようになったので、以前より食べるようになりました。

いつもにゃあさんの隣でビクビクしながら食べていたのかと思うと、もう少し早く気がついてあげればよかったとちょっと後悔。

とりあえず食欲があるので、まだまだ元気に過ごせそうで安心しました。

日々の暮らしのおもしろエピソード満載!しまえもんさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

しまえもん

ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生真面目な大学生の長女、マイペースな高校生の次女、そして、くろさんとにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP