なぜ?うちの1匹の猫だけごはんを食べてくれない...その意外な理由とは/しまえもん

マイペースなだんなと高校生の長女、中学生の次女と暮らしているアラフィフしまえもんです。

前回の記事:たった数時間。でもいろんな後悔が...台風「避難所」滞在記

うちにはくろさん(13才)とにゃあさん(7才)という猫がいます。

いつもご飯は安めのキャットフード(カリカリ)に少し高めのキャットフード(カリカリ)を混ぜてあげています。39-1.png39-2.png39-3.png39-4.png

最近、ご飯が残るようになってきました。

にゃあさんの食欲はそれほど変わらないようですが、くろさんが食べないのです。

だからといって食欲がないのかと思うとそうでもない。

くろさんが大好きなヨーグルトやパンを私や家族が食べていると執拗によってくるのです。いつも2階にご飯の器を置いておくのですが、にゃあさんが居ないところで、試しに別の器にカリカリを入れてみるとガツガツ食べるではないですか。

お腹は空いているんです。
でも2階では食べない。

歳は取っているし、足も若干引きずった歩き方をしますが、いつも階段を登っているので2階に行けないわけではない...
なぜだろう...?

39-5.png
2階で食べない理由がわからず途方に暮れていると、長女が気が付きました。
「にゃあさんも同じ器から食べるから嫌なんじゃない?にゃあさんの匂いがついてるし。」

39-6.png39-7.png
いつも二つある器の両方に普通のカリカリ+ちょっと高いカリカリを入れていたのですが、先に来たにゃあさんが自分の器の美味しくて高いカリカリだけを食べ終えたら、隣のくろさんの器の美味しいカリカリも食べていたのです。

それに気がついたときは「そっちはダメだよ」と食べさせないようにもするのですが、ずっと付いているわけにもいきません。

長女の言葉になるほどと思い、試しに片方には安いカリカリだけ、もう一つにそのカリカリ+ちょっと高いカリカリを入れてみました。

そうすれば、にゃあさんは高いカリカリの入っていない器には目もくれないと思ったのです。

様子を見ていると、案の定にゃあさんは自分の器のカリカリを食べても、隣の器にはいかなない。

しばらくするとくろさんも来て、安いカリカリの器で食べ始めました。

やっぱりにゃあさんの匂いがついているのが嫌だったようです。
それからはその作戦で普通に食べるようになり安心しました。

でも、にゃあさんだけに高いカリカリを食べさせるのは、くろさんがかわいそうな気がする。

なので、にゃあさんに気付かれないように普通のカリカリで高いカリカリを覆うようにして少し入れています。

39-8.png
しかし、いつもどっちの器でも食べているように見えたので、そんなことで食べなくなるとは思っていなかったので意外でした。

実はちょっと繊細なくろさん。

そして、くろさんはにゃあさんの匂いがなければ、安いのカリカリだけでもいいんだ...ということが分かっちゃいました(ニヤリ)。

日々の暮らしのおもしろエピソード満載!しまえもんさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

しまえもん


ブログ「しまえもんの日々」を運営。のんびり変わり者のだんな、生真面目な高校生の長女、マイペースな中学生の次女、そして、くろさんとにゃあさんの猫さん2匹と暮らしています。アラフィフ主婦の日々を書き綴ります。

しまえもんさんのブログ

「しまえもんの日々」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP