当初「犬を飼うのに反対」だった46歳の夫が仔犬の虜に...って、ちょっと度が過ぎてるんですけど!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:濃姫
性別:女
年齢:43
プロフィール:会社員の夫と高校生、中学生の子供2人の4人家族。夫の実家の食堂を手伝っている主婦。

26.jpg

我が家には高校2年生の娘と中学3年生の息子がいます。

娘と息子は小さい頃から犬を飼いたがっていたのですが、半同居をしている義父(70歳)と義母(67歳)が1階で飲食店を営んでいるため、子供達にはペットは我慢させていました。

しかし、娘は高校生、息子も中学生になり、2人とも自分達で面倒が見られる年齢になったので、室内で飼える小型犬を飼うことにしました。

夫(46歳)は犬を飼うことには反対だったのですが、私が費用は全部出すし、「あなたは面倒見なくていいから」と、半ば強引に準備を進めました。

そして、可愛いポメラニアンの仔犬と出逢いました。

ぬいぐるみのように愛くるしい新しい家族に、あっという間に虜になった私たち。

特にメロメロになったのが...当初は飼うことに反対した夫です。

最初のうちは反対をしていたからか気まずかったようで、私たちの前では知らんぷりをしていました。

でも、そのうち会社から帰ってくると...ずっと犬の側にいるようになったのです。

以前は会社の帰りに飲んで帰ってくることが多かったのですが、犬が来てから接待以外は真っすぐ帰って来るようになりました。

そして、帰宅後は...子供達から「パパがいつも犬を独占していてウザイんだけど」と文句が出るほど、犬にべったりなんです。

しかも「可愛がる」を通り越し、「過保護に溺愛」というレベル。

子供達が犬と遊んでいると「危ない! 怪我させるようなじゃれ合い方はやめろ」と怒鳴ったり、自分が犬を独占できないと不機嫌になるので、私はいつも夫の顔色を伺うようになりました。

極めつけは、夫の誕生日が日曜日だったから、たまには家族で外食をしようと、サプライズでレストランを予約していた時のことです。

「犬を独りぼっちにさせるのは、可哀想だから俺は行かない」

もう少しで出かけるという時に、そんなことを言い出したんです。

予約のキャンセルは出来ないからと説得して一緒に行きましたが、夫は早く家に帰りたい様子で、会話もなく出てきた食事を黙々と食べ、雰囲気最悪の誕生日でした。

子供達はこの日から夫を見る目が冷ややかになっていきました。

その後、犬も一緒に食べられるレストランやショッピングモールなどは、大喜びで張り切って行くようになったのですが、子供達の犬への接し方が気にくわないようで、子供達が一緒だと不機嫌になるように。

次第に子供達は「気持ち悪い」「うざい」と言って、夫を避けるようになり、必要な時以外は夫と話をしなくなってしまいました。

特に土日は夫も子供達も休みで、家にいると子供達が犬と遊んだり戯れていると、わざと引き離すかのように散歩に連れ出したりします。

1日に6回も散歩に連れ出したときは...本当に呆れました。

子供達より夫の精神年齢が「子供」で困っています。

関連の体験記:財布から消えた3万円。夫に尋ねると赤鬼のように怒ったけれど、実際は...
関連の体験記:「で⁉ 結局、何が言いたいの?」小学校4年生の娘が怒り出す42歳夫の「残念なお説教」
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そして投稿者さんは隠れて元カレと連絡取り合っているんですね。本当に子供達が可哀想。
飲食店に間借りして住んでいるのに家主の許可をきちんととっているのでしょうか? そういう勝手なことをするなら自分達で棲みかを準備してからすべきかと。
リフォームしたい人でしょ?お座敷犬なんか飼ってリフォームなんかしないでしょ。犬にお金使って居候先に文句があるなら生き物なんか飼わないで出ていけばいいのに。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP