「夜中の雷、すごかったですね」そう聞いた私への、認知症の義母の「素敵な返答」/バニラファッジ

認知症のお義母さんと、手足は不自由だけどしっかり者のおばさん(義叔母)の二人を在宅介護するバニラファッジさん。今回は、バニラファッジさんと、認知症のお義母さん、ふたりの長い「介護の関係」がにじみ出る、ちょっとほっこりするエピソードをお届けします。

前回の記事:ゆ、油断ならん...認知症で要介護4だけど「妙に鋭いところがある義母」

「ピンポ~ン♪呼び出しです。」

69-1.png

中庭をはさんで、姑姉妹と息子家族は完全2世帯住居なので、足が不自由なおばさんの手元には、いつも家族を呼べる「呼び出しブザー」があります。

69-2.png

認知症のお義母さんは、ブザーの使い方がわからないので、いつもおばさん経由で嫁を呼びます。 ところが...

69-3.png

ちょっと、お義母さんをからかってみました。

69-4.png

さらに、介護歴の長い嫁は...

69-5.png69-6.png

こうして認知症のお義母さんに振り回されながらも、できるだけ振り回されないよう心がけていました。

しかし、認知症だから何もかもわからなくなってしまうのではなく...

69-10 (2).png

69-9 (2).png

69-8.png69-7.png

こんな素敵な返しをしてくれることもありました。

深夜の雷鳴はお義母さんには花火の上がる音に聞こえたようで、怖かったどころか楽しんでいたようにも感じました。

【最初から読む】姑と姑妹を在宅介護。両者の「紙おむつ」にまつわる葛藤/バニラファッジ

【まとめ読み】義母と義叔母のダブル介護!バニラファッジさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

バニラファッジ

夫と3人の子ども、義母と義母の妹(おばさん)の7人家族の日々を描いた大人気ブログ「7人家族の真ん中で。」の管理人さん。身体は丈夫だけれど、認知症で毒舌な義母(2016年に他界)と、頭はしっかりしているけど、リウマチと骨粗鬆症で車いす生活のおばさん(2015年に他界)との「在宅介護の日々」を、あれこれ思い出しながら描いていきます。著書に『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護: お義母さん!トイレはこっちです』『7人家族の真ん中で。』『91歳毒舌系女子、喧嘩を売って生きてます』など。

毎日更新!バニラファッジさんのブログ

「7人家族の真ん中で。」

家族に猫ちゃん…クスッとするエピソード満載です‼

コメント一覧

ほっこりする優しい体験記を読ませて貰いました、 ありがとうございました。
まだ20代で、考えると憂鬱というイメージしかありませんし、私なんかに勤まるのかと不安で仕方ないですが、こんなに優しい介護があるなんて憧れます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP