重病の愛猫に寄り添い、黙々と世話をした夫。死を迎え、静かに泣いている姿に私も...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:大家ぽん子
性別:女
年齢:64
プロフィール:主婦です。猫を飼っています。雑誌に「猫の毛皮は夏物だから暑くない」と書かれていて驚きました。

pixta_10834971_S.jpg

64歳の主婦です。

子供達は独立し、今は1歳上の夫と猫と暮らしています。

我が家で猫を飼いはじめたのは10年以上前です。

今いる猫は2代目なのですが、先代猫への、夫の思いがけない愛情深さに驚いた話をします。

「猫でも飼うか!」と言い出したのは夫でした。

聞いてみると、夫は幼いころ自宅で猫を飼っていて、もともと猫が好きだったようですが、娘たちが猫アレルギーだったため飼えませんでした。

娘たちが独立したので「そろそろ飼えるな」と思ったようです。

そして我が家に来たのは茶虎の子猫でした。

背中の縞々が見事だったので、「うりぼう」と名付けました。

「うりぼう」は気が優しく人好きの猫で、抱っこも嫌がらず、座っていると膝の上に飛び乗って、そのまま丸まるような猫でした。

夫にもよくなついていましたので、帰宅しては真っ先にうりぼうを探して抱っこして、当時流行していたサラリーマン川柳をもじって「父帰る~一番喜ぶ~猫のうり!」などと言っていました。

その猫が、猫の重病「猫伝染性腹膜炎」にかかりました。

なんとなく食欲がないな? と思っていたら、お腹を下しはじめ、みるみるうちに元気がなくなりました。

手を尽くしましたが治療の反応が悪く、どんどん病状が悪化していきました。

炎症を抑える薬を使い、藁にもすがる気持ちで猫の健康食品や猫仲間に聞いた食事療法なども試しましたが一向に良くならず、最後には獣医さんにももう治療法はないと言われました。

ここまで1カ月もかからなかったと思います。

みるみる痩せていくうりぼうの姿はショックでしたが、私よりショックを受けていたのは夫でした。

そこからの夫の行動が驚くほど愛情深かったのです。

日中は私が世話をしていましたが、帰宅してからや休日には、夫はほとんどつきっきりで、おなかを下す猫のトイレの始末を黙々と行いました。

床が汚れても、体が汚れても黙って猫の体を拭いてあげていました。

餌もいろいろな種類を試し、少しでも食べられるものを見つけてきました。

体が弱り、立てなくなった頃には、トイレに抱いて連れていっていました。

亡くなった時も猫のすぐそばにいて、静かに泣いている夫を見て私も泣きました。

しばらくは夫婦ともども何もする気が起きず、ぼーっと日々を過ごしていました。

しばらくして落ち着いた頃、夫と猫の思い出話をしながら、感謝の気持ちを伝えました。

「お世話大変だったよね。お疲れ様」

「大変なんて思ったことなかったよ」

夫の返事に少し驚きました。

私たちが子育てをしていた頃、時代もあるのでしょうが、夫に子育てを手伝ってもらった思い出はあまりありません。

その時も今も「お世話をするとか、愛情を注ぐとか、そういうことが苦手な人なんだろう」と思い込んでいました。

でも、本当は仕事が忙しかっただけで、夫も愛情を注ぎたかったのかもしれないな。

そういえば、夫を好きになったのもこの優しさに惹かれたからだったなあ...うりぼうのおかげで、いろいろなことを思い出しました。

関連の体験記:「話があるの」兄と二人、呼ばれて帰った実家で...79歳の母から告白された「驚きの話」
関連の体験記:家計を握り、私を一切関与させない48歳夫。ある日「残高不足」を知らせるハガキが届いて...
関連の体験記:なぜ⁉ 孫を溺愛し、私とも仲が悪くないのに...一歩たりとも「我が家に上がらない」義母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

素敵です。愛情たっぷり❣️ 家の猫ちゃんも20年近く私の側に居てくれています。うりぼうちゃんより痩せてしまっています、、、毎日私の肩の上で眠ります。私は「家に来てくれて有難う」と言って眠っています。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP