ペットロスを克服してくれたと思ったけど...最愛の犬を失った両親の「変わり果てた家」に涙が...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ピノキオ
性別:女
年齢:39
プロフィール:結婚13年目、夫と息子の3人暮らし。会社員。

pixta_62406356_S.jpg

12年前に私、8年前に妹が結婚をし、家は両親だけとなりました。

夫婦2人の生活が寂しかったのでしょう。

父母は近所のペットショップで、仔犬に一目惚れをし飼うことに。

それがポメラニアンのルイでした。

ルイが来てからは、両親に活気が戻り、実家はとても賑やかになりました。

父も母もルイが可愛くて仕方がないようでした。

ルイの散歩や検診にも必ず2人で行きます。

「ペットOK」の店や宿を探して、外出や旅行をルイと一緒に楽しんでいました。

ルイのご飯は母が全て手作りで、食事も一緒、寝る時も一緒でした。

端から見てると、2人の「親バカ」ぶりが面白くて、よく妹と一緒に冷やかしたものです。

ところが1年前、突然ルイが体調を崩し、この世を去ってしまったのです。

両親の悲しみはとても深く、父も母も何もする気が起きないの様子でした。

ただただ、ボォっと日々を生きているといった状態がしばらく続きました。

私も妹も心配になり、父と母の沈んだ気分が少しでも晴れるようにと、食事に誘ったり、自分達の家に招いたりしました。

時間はかかりましたが、父も母も以前と変わらぬ様子になってきたので、私達も安心していたんです。

ところが先日、仕事で実家の近くに行った夫からの驚きの報告がありました。

夫が仕事ついでに実家に立ち寄ると...「家の中が、テレビなどで見るゴミ屋敷のようだった」と言うのです。

急いで実家に行ってみると、そこには信じ難い光景が広がっていました。

キッチンの床には、ビニール袋に入ったゴミが散乱し、シンクには使った食器や鍋類が放りこまれ、脱衣所には汚れた衣服が山積みになっていました。

父も母も綺麗好きで、特に母は「潔癖症」じゃないかと思うほど家中をピカピカにしていたので、私はとてもショックでした。

本当はまだルイの死から立ち直っていなかったのでしょう。

私達の前で以前と変わりなく振舞っていたのは、気を遣っていたんだと思うと涙が溢れてきました。

2人に話しを聞くと、特に母の方が重症のようでした。

食事も殆ど、父が作ったり、出来合いの物を買ってきたりしていると。

最近は、買い物も父が行っているようです。

母は、気が向いた時に食事の支度をし、着替えの下着がなくなると洗濯はするらしいのですが、大半はぼんやりとルイの写真や動画を見て過ごしているみたいです。

夫や息子は、犬をまた飼えば元気を取り戻すんじゃないかと言いますが、私は父母がルイ以外の犬を受け入れられるのか想像がつきません。

とりあえず、妹と交代で週に数日は、実家に通い様子をみようと思っています。

関連の体験記:認知症の母が、妹の家で2度のおもらし。妹は「しっかり者だった母」の現実を受け止めきれず...
関連の体験記:「自然に反してる」と飼い猫の去勢手術をしない母。でも「ご近所トラブル」の予感がぷんぷんして...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ペットロスを解決してくれるのは新しいペットしかありません。喪失感は絶対消えないけど、新しいペットが癒やしてくれ、時間が経つ毎にいい思い出に変えられていきます。かわいい子犬をプレゼントしてあげてください
親御さんに新しい犬を、なんて好きかって言いますね。 そうやって、ペットロスを癒すだかなんだかで高齢者が安易に犬猫を飼って、病気や死別で面倒を見れなくなったと簡単に保健所に連れ込むんですよ。 高齢者に売りつける店も店だが、先の人生の見通しを持って動物を飼うことを忘れないでほしい。本当にかわいそうなのは殺処分されるペット自身なのだから。
私も家族全員犬が好きで、犬がいない期間がない程犬に囲まれ他生活をしていたけど、結婚した際に飼い始めた犬が去年の8月に亡くなって、本当にロス状態になってます…。本当にかけがえの無い幸せな時間を与えてもらったんだなってひしひしと感じています。 コロナが落ち着いたらそれを機にまた飼いたいねと話してるところです。
始めまして。 可愛いい仔犬じゃなくて、 繁殖引退犬、保護犬、、 ご両親様と、何かの縁が、ある犬が、きっといるはずだと思います。
認知症キッカケって、悲しみなどのストレスが引き金になったりします。 状態を、拝読させて頂いたら鬱になってるかもしれません。 相談できる機関で相談した方がいいかと思います。 手遅れになる方が怖いです。
私も昨年11才の愛犬を病気で亡くしました。1年近く経った今もペットロスです。自分を責めたり喪失感に苦しみ思い出して涙する日々。私も心配してくれる人には大丈夫と言っているけどロスは続いています。そして60代半ばで子犬を飼うことは無理だとも思っています。コロナとペットロス今は両方と闘うしかありませんね。
先に亡くなったペットは、虹の橋のたもとで飼い主を待っているという話しをご存知でしょうか? 私は、その話でペットロスから抜け出しましたよ。いつか、またあの子に会えるのねーと思って楽しみにしております❤️
ペットロスの酷さは私も経験しており、改善された今でも未だにペットロスなんだなあと実感する時があります。 そして未だに新しい家族を、受け入れるという所まで来れていません。 またあの悲しみを…と思うと出来ません。 私を含めた家族は本当にご飯を食べることもままならないほど悲しみ落ち込みました。 そんな時に、ハンドメイドのサイトで羊毛フェルトで動物を作っておられる方をみつけました。 その方は、虹の橋に旅立った子の生前のお写真があれば作っていただけるということで、私達家族は依頼をお願いしました。 家に届いたとき、家族で涙したのを覚えています。 小さくはなりましたが、本当にそっくりに作ってくださいました。 小さなお手紙も添えられて ただいま。と書いてあり 家族みんなで、おかえりって言ったのを覚えています。 それから、ペットロスが改善されていったように思います。 今では生前の写真と、その羊毛フェルトで作られた愛犬を飾りお花を生けて毎日眺めています。
私は動物関係の学校へ通っていましたが、今は人間の介護をしている者です。ペットロスの本を読んだこともあります。 愛する家族を失ったのだから、悲しいとか、無気力になるのは当然の反応ですが、この文を読む限り、お母様は精神疾患レベルだと思います。 精神科へ受診した方が良いと思います。精神科と聞くと抵抗があるかもしれませんが、生活に支障が出ているので、心配しているんだよと伝えてみては。 症状に合った薬を飲むなどして、晴れやかな気持ちになってくれれば改善できるかもしれませんね。 投稿者さんもわかっていると思いますが、新しいペットを安易に与えるのは良くないですよね。年齢もそうですし、まず自宅環境を整えないと迎えられませんしね。 お母様元気になるといいですね!
もう一度ワンちゃんとの暮らし、年齢的にどうなんだろう…。引退犬はとても素晴らしい犬たちです。 でも、また数年後にお別れの悲しみが来てしまう…。 キャリアチェンジ犬はまだまだ長いけど、やはり比較的大型なのが気になりますね。 いずれにしても、ご両親が面倒見れなくなってしまったら、ご自分がご両親も犬もお世話をすることになるかもしれないことを考えておかないと大変なことになりますので、ご両親の今後の施設なども良いところ見つけておかないと…です。
ペットロスを解消してくれるのは、新しいペットだけって言ってる人がいて鳥肌が立った。子供が死んだら新しい子を産めばいいって言ってるのと同じ。サイコパスだよね。御両親にとってルイくんは自分達の子供同然で、時間が必要なんだろうなと思った。早く元気になってって言うんじゃ無くて、ルイくん可愛かったねって思い出話して寄り添ってあげてほしい。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP