コロナで「昼カラ」自粛中の70代母。安心したのも束の間「カラオケ付き喫茶店」には通ってるの...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:masako
性別:女
年齢:53
プロフィール:主婦です。55歳の夫と2人暮らしです。高齢の母がカラオケ付きの喫茶店に出入りし、困っています。

34.jpg

53歳の共働き主婦です。

55歳の夫と2人暮らしです。

今年(2020年)の6月初め頃から、「昼カラ」での高齢者のクラスターの発生が話題になっています。

もうすぐ80歳になる実母は、自ら歌うことはないのですが、友人とカラオケを楽しむことは大好きです。

緊急事態宣言が解除されたときのこと。

通い詰めても不思議ではないな、と心配になった私は、母に確認の電話をかけました。

すると、さすがに感染が怖いので昼カラはしていないとのことでした。

「ああ、よかった」と、私は胸をなで下ろしました。

ですが、安心したのもつかの間。

「昼カラには行っていないけれど、そういえば、よくランチする喫茶店には歌っているお客さんもいるし、そこに一緒に行くお友達もたまに歌っているねぇ」

母は屈託なくそう言うのです。

その喫茶店は,私も母に連れられて3~4年前に一度行ったことがあります。

たしかその喫茶店は古いビルの地下1階にあり、60代ぐらいのご夫婦が2人で切り盛りしていました。

喫茶店とは言ってもコーヒーや紅茶だけでなく、ナポリタンや生姜焼き定食などのランチメニューが、500円~700円の価格帯で提供されており、常連客が集う家庭的な雰囲気のお店でした。

店内は調理場を囲むカウンター席と、4人掛けテーブル席が3つ、そして靴を脱いでくつろぎたいお客さんのために、3畳ほどの小さな畳の間(仕切りはなし)が設けられていたと記憶しています。

母の話によると、畳の間には2年ぐらい前から、簡単なカラオケ設備がおかれているそうです。

店内で一定の金額を注文すると、夕方の4時頃まで無料で利用でき、希望者は畳の間をステージに順番に歌うというシステムで、今も高齢のお客さんが2~3人で歌いまくっているといいます。

しかも母が覚えている限り、畳の間と一般のテーブル席にはビニール・カーテン等の仕切りはなく、換気したり、マイクを消毒することもなし。

お客さんも壁に向かって歌うような配慮もなかったそうです。

お客さんが歌っているのを、みんなで聴く、というスタイルではないので、お店側からすると、昼カラというより「カラオケのオマケつき」といった感覚なのかもしれません。

ですが、私から見ればこれは昼カラで、しかもかなりのリスクを伴うものだと思います。

私は母に「感染リスクが高いから、その店には行かないように」と釘を刺しました。

ところが,母は「お友達が行きたがるし、お店も対策しているから大丈夫」と聞き入れません。

聞けば、喫茶店自体は従業員もマスクをしており、店内にも消毒液が置かれ、それなりに感染対策を行っているようです。

ですが、それは喫茶店としての対策であり、昼カラへの対策は何もしていないのと同じではないでしょうか。

せめて、ちゃんと対策をしているお店に行って欲しいのですが、母は危険を感じておらず、困っています。

関連の体験記:「この前の、いくら残ってる?」ってお義母さん、息子の進学費用の足しにってくれたはずじゃ⁉
関連の体験記:娘の私のため、頼まれた友人のため...マスクを求め開店前のドラッグストアに並ぶ母に複雑な思い...
関連の体験記:「なんで最期に来てくれんかったんや!」と泣く父。母の死後、薄情だった母の実家とどうつきあう?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

そういう人たちが無責任に感染をひろめるのね、とか言われそうでご近所には相談できませんね。 お友達毎説得するとかしないと無理そうですね。
予防しているお店だろうが自粛していようが感染してしまうご時世です。本当に苦しいらしいし、ひとりぼっちの哀しいお葬式になぅてしまったら泣くに泣けないよ。 80年以上生きてきて最期がそれでも迂闊な行動出来るのかな。友達の葬式それでも平気なのか訊いてみてほしい。あまりに無責任。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP