義父と義母が正面衝突⁉「わが家の介護」を大きく変えることになる大事件が発生!/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。

義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:ベッドにしたい...!布団からの「起き上がり方」を忘れてしまう認知症の義母

風邪ひきに始まった義母の不穏行動でしたが、2週間ほど過ぎるとどちらも次第に落ち着いてきました。

そんな日曜日の昼下がりのことです。

2階にいた長男が大慌てで下に駆け下りてきました。

1.jpg

嫌な予感に2階へ急ぐと

2.jpg

階段を上がってすぐのところにあるトイレの前の部屋で義父と義母が倒れているではありませんか。

自室にいた長男が物音に気が付いて見に行った時には義父母は既にこの状態だったので、詳しいことは分かりませんが、義父の話によると、用を足してトイレから出たところ、ドアの前にいた義母と鉢合わせしてしまい...

3.jpg

驚いた拍子に

4.jpg

義母を押し倒す格好で倒れてしまった...とのこと。

お互いに足元がおぼつかない二人。

折あしくふすまが開いていたトイレ前の部屋へ、たたらを踏むように倒れこみました。

そしてこれまた運悪く、義母が尻餅をついたところにプラスチックのコップが置いてあったというのです。

前のめりに倒れた義父にダメージはほとんどなかったものの(義母がクッション替わりになったかも)

義母は義父にのしかかられた上、お尻の下にはプラスチックコップ!

もちろん義母の痛がりようは尋常ではありませんでした。

5.jpg

その後長男と一緒に、痛がる義母を何とかベッドへ運ぶことが出来たのですが、さて、今いる2階からどうやって義母を運び出すのか?

パニックになっている私はそればかりを考えていました。

結局義母はその日ベッドから動くことが出来ず、ご飯も食べないでそのまま眠ってしまいました。

それにしても、どうして義父と義母はトイレの前で鉢合わせすることになってしまったのでしょうか?

推察するに

6.jpg

トイレに立った義父に気づき

7.jpg

8.jpg

9.jpg

で、ド~ン!...と、こんな感じだったのだと思われます。

「何で?」とか「どうして?」が通用しない認知症の義母。

風邪の『後遺症』がまだ少々残っていたのかも知れません。

一方義父はというと、義母に怪我をさせてしまったうしろめたさもあったのでしょう。

10.jpg

...なんて言いながら、いつもの威勢はどこへやら。

かなりトーンダウンしていましたっけ。

以前に書いた『わが家の介護を大きく変える大事件』とはこのことです。

ブログ『13番さんのあな―介護家庭の日常―』のターニングポイントはまさしくこの義母の転倒でした。

関連記事:顔も動作も...まるで別人! 認知症の祖母が風邪薬を飲んで「覚醒」してしまい...⁉

高齢者介護で怖いのは病気もですが、一番はやはり『怪我』ではないでしょうか。

ここからそれを私たち家族は身をもって体験していくことになります。

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP