家を離れたことで父にとって「親不孝者」となった私。実家の近くに住む兄に有利な遺言を認めさせたい父にモヤモヤしています

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ウジさん
性別:男
年齢:58
プロフィール:離れた実家で暮らす88歳になる父は、実家近くに住み何かと面倒を見てくれている兄をことさらに良く思っています。

45.jpg

「ああ、ウジさんか? 今、ちょっといいか?」

今日も父(88)からの電話です。

このところ毎週のように電話があります。

雨が降った、花が咲いた、とよもやま話もそこそこに、「ところで、こないだの件なんだが......」と切り出してきます。

昨年ごろから、杖を頼りに歩くようになり、自分の体力にすっかり自信を失った父は、遺言を書き始めました。

元銀行に勤めていた父は、そこそこの資産もあるのですが、なんといっても大きいのは首都圏に求めた自宅の土地です。

「......大した財産もないから、分けてやれるものもそうはないよ。預貯金は兄弟半々にしようと思うんだ。ただ、ちょっと悩んでるんだが......」

ほらきた! 兄弟公平にみたいな話をしながら、いつも自宅の相続のところで歯切れが悪くなります。

私は大学進学でいわゆる「都落ち」してしまい、地方の大学からそのまま公務員になる道を選びました。

兄(61)が家にいることもあり、次男坊の気楽さで実家を離れて暮らすことを決め、そのまま所帯をもって暮らしています。

兄は、実家の近くの企業を選んで就職し、職場結婚の義姉(54)とともに実家にほど近いマンションを購入して暮らしています。

両親が年を取って、何かと自由が利かなくなるようになってからは、兄夫婦がその都度面倒を見てくれていました。

離れた住まいで暮らす身の上から、そうした兄の対応はとてもありがたく感じていました。

しかし、どうやらそうした経緯から父は兄への信頼を特に厚くし、私は「家を出ていった不肖の息子」というレッテルが貼られたようです。

「自宅も手放して分けられるといいんだが、そうそう買い手が付くもんでもないし、できれば我が家として残したくもあるしなあ......」

つまりは自宅はそのままどちらかに譲りたい、どちらかと言っても行先は自ずから、と言いたいのでしょう。

「......お前は、若いころから1人で道を切り開いて、そこに根を張ってるわけだろ? 今更この家を、と言われても困るだろう?」

はっきり自宅を兄に、と父が口にしないのは、私の方から「家は兄貴に」と言わせたいからです。

「......そう言われても困るよ、小さな額の話じゃないしね」

「俺がお前を家から出したわけじゃないぞ。お前が自分で決めてそこに行ったんだろう」

私が反論すると、語気を強めてきます。

「何だよ、それ。別に家を捨てたつもりはないよ」

「ああ、分かった、分かった。ま、よく考えてみてくれよ」

そう言って父は電話を切ってしまいました。

家を巡って兄と「骨肉の争い」をやりたいわけではありません。

ただ「家に残った者に家を譲るのは当たり前、分けるのはそのほかの部分だぞ」と、押し付けてくる雰囲気に、モヤモヤしているのです。

関連の体験記:「遺言書を作りたいの」義叔母から頼まれた「弁護士の手配」を先延ばしにしていたら...?/バニラファッジ
関連の体験記:生まれてくる孫のため「禁煙貯金」を決意した夫。5年かけて開けたら...うれしい悲鳴!
関連の体験記:入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

はぁ俺様な昭和の男ですね。 親が自分で好きなように分配したらよろしいでしょう。厚かましい。 小さな額だったらお兄さんにどうぞなんですか?驚きの言葉。 おとなしく農家の婿におさまってそちらで相続されたら、と思ってしまう。 あれやだこれやだそれは欲しい、って我儘ですね。
そんな家貰っても困るでしょ。売れもしないのに家はいらない価格分の半分現金でよこせ、って言いたいの?ないわー お世話になっている兄夫婦に一部残したいって当然の気持ちに文句つける意味がわからない。
次男坊の気楽さとお兄様夫婦に対する有り難さをお金に換算してみる&我が家(土地)を残したいご両親の気持ちを考えてみると・・・。 てか、気楽さと兄弟の絆はお金では買えません。
息子3人いるが、きっちり三等分で考えてますよ。 世話になる前提ではもちろんありませんが、そういうことがあればそれも三人平等にお願いします。 トータルで三等分、当然じゃないですか?
他の遺産はともかく、実家は兄夫婦に譲れば万事解決ではないでしょうか。家族への関わりにもよりますが、全財産譲っても、バチは当たらないと思いますけど……。
困ったときに面倒を見て来たお兄さんに信頼が厚いのは当然の事ですよね。あなたも、これ幸いと兄に任せてスルーして来ただろうに。遺産だけは欲しがるんですね。
プロフィールからして僻み根性丸出し。別にお兄さんの方が好きだからあなたが好きじゃないからとか差別している訳ではないでしょうに。 離れて暮らしていることなんかよりその僻み根性が親不孝。
今住んでる家は実家のご両親が援助してくださったのでは?まだ何かだしてもらうつもりなの? 一人娘の奥さまだからなにもしなくても義実家の財産はいずれ手にはいるのに、実家は何かしないと財産減るのかと腹をたてているの?ちっさい男。 貰えて当然と思うから腹が立つのでしょう。生きている間にお世話になったし財産は放棄すると決めてしまえば腹もたたないでしょ。
最近、相続おわりました。 家や土地は相続悩みますよね。共有名義にすると、とってもメンドクサイので、それは避けようと、表にださず思ってました。空き家になった実家の隣県で暮らし、別荘代わりに使っていた妹が、いろいろいわずに相続してくれました。妹もそのつもりがあったようでした。ホントによかったと感謝してます。 亡くなって逝く父親は、相続の結果を確認できません。 父親のものだから、好きなようにしたらいいとも考えました。いうとおりにしてしまうと、明らかに遺族が困ってしまうこともあると思いました。それは、年老いた親が、法律の変化等に疎くなっていくからではないでしょうか。 少々ずるいかもしれませんが、荒立てずうまくやることを考えて、腹を立てないことが平穏です。 兄弟比べて損かも?と思っても、今の自分の資産から持ち出すことなく、親御さんの遺産からの支出であれば、良いと思いませんか? 兄弟それぞれの暮しがあります。知らないところで、苦労は必ずあるのではないでしょうか?
離れて住んでいるからと近くにお住まいのお兄さんに実家の事について負担をかけていますよね? 好きで遠くに住んでいるわけではないとか気持ちの問題ではないです。手も口も金もださないで丸投げだとしたら貰うものだけ平等にしろはどうかと思う。 もしもお兄さんの倍も経済的な支援をしていて、お兄さん夫婦に申し訳ないこれでお願いしますと頭を下げているなら、兄さんばっかりと思うのは理解できるけど。
財産ほしいなら、介護手伝いなよ。兄夫婦にありがたいと思ってるなんて、嘘丸出し。本気でそう思うなら、仕送りするか、財産放棄するよ。恥を知りなさい。ほんとにペンネーム通りの人だね。
叔母が亡くなり遺産相続の手続きをしています。たかが貯金や年金でも手続き大変です。そこで思ったのは不動産もってなくてよかったー。ってことです。これからは不動産じゃなくて負動産になるものです。現金もらえるなら十分ですよ。もらえなくてありがたいと思うんしゃないかな?

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP