「なに? この雑草みたいな花」子供のころのショックがよみがえる...いまだに続く「母の日」の悩み...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:konohana
性別:女
年齢:53
プロフィール:専業主婦です。55歳の会社員の夫と新大学生の息子と3人暮らしです。平穏な日々を待ちわびています。

28.jpg

今年83歳になる母。

私が子供の頃から気分屋のところがあり、イライラしているときには、私や2つ年上の兄に手をあげるような怖い母でした。

でも機嫌がいいときは陽気で、親子で笑い転げた記憶もあるので、いつもいつも怖い母、というわけでもなかったのですが。

幼い私はお小遣いをもらえるようになると、母の日にプレゼントをあげるようになりました。

カーネーション1本から始まり、贈らない年はありませんでした。

母のことは怖かったり嫌いだったり好きだったり、複雑な想いもありながらも、あげるのをやめようと思ったことはなかったです。

小学校3年生の母の日のことです。

友達と2人で、新しくできたお花屋さんで花を買って、それぞれお母さんに贈ろうと計画を立てました。

私は、お花を選びに選んで、可憐な感じが気に入って、なでしこにしました。

帰宅が少し遅れたせいか、母は怒っていたので、おずおずとなでしこを差し出しました。

「母の日ありがとう」

「なに? この雑草みたいな花」

母はなでしこを見て顔をしかめながらそう言い捨てたのです。

今でも思い出す、悲しい母の日の記憶です。

「普通にカーネーションにすればよかった」

そう後悔しても、あのときの母の顔は頭に刻み込まれてしまいました。

さて、かなり昔の話から始まりましたが、「母の日」をめぐるエピソードの原点は、このときのなでしこだった気がするのです。

大人になり、結婚出産を経て母親になった私は、母の苦労に、以前より感謝の気持ちを感じるようになりました。

そこで、子供が小さくて買い物に行けない間は、せめてものつもりで、コンビニのカタログから選んだフラワーアレンジメントを贈り続けました。

毎年、お礼の電話がきて「ありがとう」と言われてはきました。

あるとき「母の日に贈ってる花、ちゃんと咲いてた?」と聞きました。

「まともに咲いていたためしがない」

母は言いにくそうではありましたがこんな風に言いました。

ああ、気を遣って今まで言えなかったんだな、と思いました。

でも、母の言葉にひっかりを感じてしまうのです。

「~したためしがない」

この言い回しは、昔から母がよく使う言葉です。

胸にチクチク刺さりました。

でもめげずに私は母の日に贈り物を贈り続けました。

花がだめなら、洋服はどうだろう? シニア向けな感じのブティックなど、これも選びに選んで自信を持って贈っていました。

電話で「ありがとう」という言葉に安心していました。

それも数年すぎて、ふと母の日の洋服について聞いたところ、今度はこんな風に言われました。

「はっきり言ってあなたが選んでくれる服は、若すぎて着られない」

そうか。

また、気を遣わせたみたいです。

この「はっきり言って~ない」も、母が何かを強く否定するときの言い回しです。

こういうキツイ言い方は、胸にグサっと刺さります。

また、昔の怖い母と叱られる自分を思い出します。

そして今年、コロナ禍で買い物に行けず、母の日のプレゼントは無理だと母に伝えました。

「大丈夫、いらない、いらない。去年もらった大きなバッグもいらない、使ってないから。なにもいらないから」

母としては、普通に気を遣っての言葉だと、わかってはいるのです。

しかし結局、去年のバッグも使っていない、いらなかったのだ、ショックでした。

母は、そう悪い人ではないと思います。

まったく人に気遣いをしないわけでもありません。

それでも、私がいちいち傷ついてしまうのは、ばっさり切り捨てるようなものの言い方、強めな否定の言葉を使われるからなのでしょう。

子供の頃、私を傷つけてきた言葉を思い出させるからかもしれません。

なでしこの苦い思い出。

もう、母の日は何も贈らなくていいのか、何も考えず、カーネーションを贈るのが一番いいのか、来年までゆっくり考えようと思います。

関連の体験記:「水着が恥ずかしい」「今日も温泉入るの?」義母の意地悪で、温泉大好きな私の旅行が台無しです...
関連の体験記:私たちにも責任が⁉ 義父が亡くなり1人暮らしの70代義母。家にどんどんモノが増えていき...
関連の体験記:「父の妻」として異様にプライドが高かった母。父が亡くなって母が涙を流した理由は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

投稿者さんは優しい方ですね。 こちらの気持ちで贈っているものなので、こちらから感想を求めなくてもいいのではないですか? お母さんも、ありがとう、と感謝の気持ちを受け取って感謝の気持ちを言葉にしてくれているし。
いるんですよね、嘘と方便が分からない人とか、事実なら何を言ってもいいと思ってる人。いちいちプレゼントの感想聞くのもどうかと思うけど。
もうあげなくていいんじゃないですか?
昔からいつも気を配って選んだプレゼントに満足してくれない。でもめげないで送り続けてますって嫌がらせに近くないですか、、。自分の母親が本音でプレゼント要らないって言っているのは理解しているのに、お母さんに似合う服とかバックとか選ぶのは確かに楽しいし、喜ぶ顔とか浮かぶと買っちゃうけどさ!会った時に一緒に選んだりすれば良いと思うし、相談者さんは母の日にこだわり過ぎだから期待が大きくなっているのではない?お母さんの方は母の日近づいても、もし過ぎても気付かんタイプなのでは?。なので母の日に関係無く美味しいもの見つけたらとかのタイミングで送ってあげればいいと思う。母の日はありがとうの電話でも嬉しいんじゃないかな。プレゼントは自己満足。自分が少しでも気持ち良くないならやる意味無し。
この人は何か見返りを求めてプレゼントを送っているの? 自分の欲している言葉が得られない 結局はこれが言いたいんでしょう? じゃぁ、、あなたは何が欲しいの? 見返りを求められてるプレゼントなんて、要らないよ?
うちの母もそんな感じですよ。 数年前から商品券です! 洋服もバックもあるもの使う年齢だし、「好きなもの買ってね。」の一言を添えて。 その商品券さえも自分で使わず、他所へのお使い物にしているみたい。まぁそれもありかなと思ってます。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP