里帰り出産後、「ワンオペ育児」が怖くて実家に2か月ぐずぐずしていた私を、優しく諭してくれた両親...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:さつき
性別:女
年齢:52
プロフィール:コロナ自粛が終わったら楽しい世界が待っているはず。

11.jpg

私は52歳で、3人子どもがいます。

3人とも年が離れているので、長い子育て期間でしたが、1番下の子も今春高校を卒業し、ようやく子育てはほぼ終了です。

第一子を里帰り出産したのは、約28年前のことです。

当時、夫の転勤で全く知らない街へ行き、そこで妊娠が分かりました。

周りに知り合いもなく、転勤したばかりの夫は毎日忙しく、とても不安な毎日でした。

妊娠によるホルモンバランスなどもあってか、涙が止まらなくなったり、何をしても楽しく感じられなくなったり、マタニティブルー状態でした。

当時はまだ携帯電話は普及しておらず、家の電話では遠距離通話は高額で、友人との長電話も控えていました。

知らない街で、スーパーの往復とたまの健診くらいしかすることはなく、ネガティブなことばかり考えていたように思います。

里帰り出産することは決めていたので、早く実家に帰りたい...と当時は思っていました。

「あまり長く旦那さんを1人にするのは良くないから、予定日の1カ月前まではそこにいなさい」

そう母は諭してくれましたが、私は耐えきれず、妊娠8カ月に入ってすぐ実家に戻りました。

久々の実家は居心地が良く、安心して出産を迎えられました。

母に慣れない育児を手伝ってもらい、食事も上げ膳据え膳で、のびのびと過ごさせてもらったんです。

そうしてお宮参りも終わり...周囲に「そろそろ家に帰ったら」と言われましたが、ワンオペでの育児に自信が持てず、1日延ばしにしていました。

産まれたときとお宮参りに来てくれた夫にも「もう少し実家にいたい」とお願いしました。

ですが、そんな、ぐずぐずしている私を見かねてか、出産から2カ月経った時、父と母が改まった面持ちで私にこう、告げたのです。

初めての育児で、不安なのはわかる。でももう〇〇(私)はお母さんなんだよ。

お宮参りのとき、□□さん(夫)は「早く帰ってきて欲しい、どこまで協力できるかわからないけれど、できる限りのことはする。〇〇と赤ちゃんと3人で暮らせるのを楽しみにしている」そう、言っていたよ。

〇〇が不安なのもわかっているし、実家が居心地いいのもわかる。

だからあまり強くは言えなかったが、今、帰らないと赤ちゃんの成長を□□さんに見せてあげられないよ。

日に日に可愛くなって、表情の変わる貴重な時を夫婦で共有できないなんてもったいない。

今が踏ん張り所だよ。

それでもしんどかったら、たまには息抜きに帰って来たらいい。

お父さんやお母さんがそっちに遊びに行ってもいい。

□□さんを頼って、少しだけ頑張ってみたらどうか?

...そのようなことを、両親は訥々と話してくれたのです。

私はそこで、ようやく踏ん切りがつきました。

「この子のために少しだけ頑張る」

夫に連絡してその週末迎えに来てもらい、自宅に帰りました。

そこからは、まさにあっという間。

赤ちゃんとの日々は忙しく、妊娠中のように鬱々と悩んでいる暇もなく、泣いたり笑ったりするうちに過ぎていきました。

夫もできるだけ早く会社から帰ってきてくれて、お風呂に入れたり寝かしつけしたり、思った以上に協力してくれました。

そうして数年が経ち、第二子の出産の際は、上の子が1年生だったこともあり、里帰りせずに出産。

母が2週間も手伝いに来てくれました。

さらに3人目の時は、上の子たちが手伝ってくれたこともあり、母の手を借りることなく出産することができたのです。

子どもが増えるたび、「私は子どもに成長させられた」と思います。

そして若い頃に甘えていた私が強くなれたのは、あの頃の父母の後押しがあってのこと。

優しくそっと諭してくれた父母に感謝しかないのです。

関連の体験記:同居前提で郊外のマンションに決めたのに...直前で「やっぱり引っ越さない」と言いだした義父母
関連の体験記:離婚した娘の子供が1歳前から保育園に。「かわいそうに」と思ったけれど...
関連の体験記:離婚した娘の子供の面倒を見る私。叱りつけた孫が持ってきた「あるもの」に涙が...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

ええ話やなぁ。
やっぱり旦那次第よね。こういう夫婦は添い遂げる。
友人の友人の話しです。 やはり30年程前、里帰り出産をして、そのまま実家でお世話になっていました。 居心地が良く、3か月が過ぎ季節が変わってきたので、1人暮らしているご主人に、秋物の服送って、と頼んだところ、腹を立てたご主人はなんと、タンスごと送ってきたそうです(笑) 急いで戻ったことは言うまでもありません!
ご両親も旦那さんも素晴らしい方ですね。ワンオペ意気地が怖くて実家から離れられなかったと言うのは投稿者様の甘えだったと思いますが、ご主人が出来る限りの手伝いをしてくれた事がよかったと思いますよ。それに子育てに追われたら小さな事でクヨクヨ悩んでる暇はありませんって。それにお子さんが五体満足で生まれてきてくれた事が一番ですよ。
これから育児を迎える人に勇気をくれる話だなぁ。
なぜみんな母親に頼ろうとする?毒親だっている。母親も仕事している。負担になるでしょうよ?旦那さんのこともほっらかし。言われなければ気づかない。だったら子供なんて作るな。
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.07.21
なんでそんな噛み付くの?子育てなんて一人じゃできない、誰かを頼って当たり前。それが親だったり友人だったり行政だったり、人によって違うだけ。頼れる母がいて、旦那さんも理解してくれて、何か問題が?子供作るな、なんて命令する権利あなたにあるの?
匿名さんから匿名さんへの返信 | 2020.07.21
本当にその通りだと思います。 こういうところで文句言っている人は、自分の環境が恵まれていなくて「自分が苦労したからお前もしろ」という人なのかと。 可哀想な人なのだと思います。
自分の家庭の事は考えなかったのですね。旦那様も文句を言わずによく耐えてくれましたね、感謝ですね。 親御さんも異常もないのに早くから里帰りをさせてダメとは言えないしそのまま数ヶ月よく面倒見てくれましたね。 恵まれていますね。 子供さんが同じことをしてもどうぞどうぞとお世話するのかな。
私は親にも夫にも頼らずワンオペで3人育てた!この人は甘えてる!とか言い出す面白い人待ち☆
甘えられる人がいるなら、甘えたって良いと思います。 甘えられなくて1人で抱え込んだ結果、虐待に繋がるケースも多々あります。 2ヶ月も実家に帰って、その後もうまくいくとは勿論限らず、ご両親やご主人の理解があってこそ。 そこはご本人も感謝していると仰っていますから、皆が皆、同じ事をして上手く収まるわけではないことはご存知だと思いますよ。 恵まれていて良かったですね、と言えない人たちは、僻みがあるようにしか思えません。
親に頼るな!と喚き散らす人は親子仲が良くなかったんでしょうね…かわいそうに。 産院でも産後頼れる人は居る?と必ず聞かれるし、居ないと答えれば市や民間のサービスを紹介されてこっそり保健師にも連絡される。 産前産後を親に頼るのは当たり前の事なんですよ。
人に頼らず(頼れず)全てひとりでやってきた人は大変だったとは思うけど、自分はすごいでしょ!えらいでしょ!あなたは甘えてるって言うのは単なる嫉妬にしか思えない。周りに助けてくれる人がいるのは幸せな事。感謝の気持ちを忘れず親が困った時は次は自分が助けてあげる。旦那様にも感謝の気持ちを伝える。それでいいと思います。あせらず子供と一緒に母親も成長していけばいいんじゃないかな。
人に頼らず子供育てたなんて言う人はただの嘘つき。風邪引けば医者を頼り、保育園や幼稚園にも頼ってる。忙しい日には惣菜買うなり、店を頼るんでしょ?生活費だって、夫を頼ったり会社や行政を頼ったりしてるくせにさ。そこに親を頼るのをプラスしただけで文句付けるのって、何様かと思うよ。みんな誰かに助けられてるんだよ。
ワンオペ育児って大変だと思うけど旦那様が理解ある方でよかったと思います。
人それぞれ環境も考え方も違うから、正解は無いよね。でも初めての出産子育てで頼れる人がいたら頼るでしょ?いなかったら自分で乗り切るしかないし、今回は両親も旦那さんも良かったという事。あと、さつきさんの家に帰るタイミングが、早すぎても育児ノイローゼになってたかも?だし、もっと遅ければ旦那さんに呆れられてたかも?だから、さつきさんにはちょうど良いタイミングだったのでは?
わたしの友達はこれで離婚した。 ワンオペ育児いやで、里帰り出産2ヶ月目で旦那さんとケンカになり、そのまま離婚。
頼ることは何も悪くないけど程度の問題でしょ。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP