「ああ、そうか、死んだんだっけなあ」義母が生きているかのよう暮らす義父が心配です...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:uz
性別:男
年齢:58
プロフィール:妻(55歳)の実家から味噌汁の冷めない距離に住まいする男性です。義母を亡くし、独りになった義父が心配です。

47.jpg

令和最初の年の暮れ、義母(82歳)が亡くなりました。

しばらく前から体がだるいと訴えていましたが、いよいよ立ち上がることもできなくなって入院。

腎臓が機能低下していることを告げられたと思ったら、そこからはあっという間でした。

義父(83歳)は少し認知症の兆候があったので、妻(55歳)が中心になって葬儀を行いました。

葬儀を一通り終えるころには、もう新年も間近になっていました。

義父母のために頼んでおいたおせち料理が届いてしまい、「喪中だからなあ」と逡巡しましたが、捨てるのももったいないと思い、義父母の家に料理だけ並べておきました。

「お父さん、一人で大丈夫かなあ」

妻は不安げでした。

実家は義父母の二人暮らしで、家のことは義母が一切していたので、突然の一人暮らし、義父は大変なはずです。

「一緒に年を越しますか?」

「いやあ、何とかなるだろ」

誘ってみたのですが、そう言ってそのまま実家を動きませんでした。

年を越して、こちらも喪中なので、作ってしまった分のおせち料理を適当につまんで過ごし、午後になって義父を訪ねてみました。

義父は一人でぼーっとしながら、こたつの上の料理を食べていました。

ですが...

「お父さん、これ、どうしたの?」

妻が卓上に違和感を感じて尋ねました。

義父とは別にもう一人分、すでに使って汚れた皿や箸が置かれているのです。

「ん? あいつが食べたんだろ? どこ行ったのかなあ、お前たちが来たのに」

そう言って立ち上がった義父は、台所の方に行ってしまいました。
「これ、誰が使ったんだろ......」

「お父さんしかいないんだから、お父さんでしょ」

「じゃあ、自分で使ったのを、お義母さんが使ったと思ってるってこと?」

二人で訝しんでいるところにお義父さんが戻ってきました。

「おかしいな、どこにもいないんだよ、あいつ」

真面目な顔で言う義父にギョッとしました。

「......お父さん、お母さん、もういないでしょ?」

「えっ? もういないって......え、ああ?」

お父さんは何かを思い出そうとしているようでした。

「年末に、お葬式もしたでしょ? 覚えてないの?」

「え、あ、ああ、そう、だったな......死んだんだった、そうだ...」

そう言って、座り込んでしまいました。

「......えっと、お義父さん。二人で話し合ったんですけど、僕たちと一緒に暮らしませんか?」

「いや、大丈夫だよ。まだまだ面倒を掛けるほどはボケちゃいないから、ハハハ」

思い切って切り出してみましたが、はぐらかされてしまいました。

それから、何度か同居を勧めに行ったのですが、義父の言動は変わりません。

「あいつと相談しないと決められないよ」

「あいつを置いてはいけないよ、今は具合悪くしてるだけなんだから」

などと義母が生きているかのようなことを言うばかり。

そして決まってその後仏壇を見て「ああ、そうか、死んだんだっけなあ」と肩を落とすことを繰り返します。

妻とも真剣に話し合いました。

「認知症が進んでいるんじゃないかしら」

「でも、お義母さんのこと以外はちゃんとしてるぜ。家事もしてるみたいだし......」

「でも、死んでるのを忘れちゃうなんて、ぜったい普通じゃないでしょ」

同居については結局説得しきれていません。

妻の心配は深まるばかりです。

関連の体験記:えっ!全部覚えてるの?「義叔母のスゴイ記憶力」を養う「意外な要因」は...?/バニラファッジ
関連の体験記「そんな気ないぞ、俺は」母が亡くなり一人暮らしの89歳父。兄夫婦との同居を断る「意外な理由」は...
関連の体験記:入院した義母の着替えを取りに、初めて入った義母の寝室。そこで見た「白い箱の山」の中身は...

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

同居になったら、もっとボケてしまいますよ 今はお母様が亡くなられたショックで一時的に認知症が少し悪化しているのだと思います 身近な人が亡くなったことを頭で分かっていても、つい、居ると思ってしまうのはよくある事だと思います 私も23歳の時に母を亡くしましたが、しばらくは夜、電話が鳴ると、母が入院している病院からかけてきた!と思ったり、買い物に行くと「あ、これ母さん好きだから買って行ってあげよう」と思ってしまったりしましたよ 私も現在、夫の実家とまさに「味噌汁の冷めない距離」に住んでおり、義母は施設に入っている(もう危ない状態です)ので、義父(90)一人で生活しています 食事や洗濯、お風呂などのお世話はしていますが、基本「自分でできることは自分でさせる」ことにしています 何でもこちらでしてしまったら、心身ともに衰えてしまうからです お義父様には、時間が許す時にたくさん話しをしてあげてください 何か興味のあることをどんどん勧めてみてください 私も55歳です 自分もしんどい年齢ですよね 無理なさらないように、まずはご自身の健康優先でいいと思います
素人の判断は危険な気がします。専門家に相談したほうがいいと思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP