「お父さん、がんだって...」65歳の母の震える声。悩んだ末、母と一緒に父に告げると...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:uz
性別:男
年齢:58
プロフィール:20年以上前、まだ一人暮らしの頃、離れている実家には70歳の父と65歳の母が二人で暮らしていました。

pixta_18943127_S.jpg

「おや、お袋だ、珍しいな」

仕事が年末進行に入って気忙しくなっていたころ、夕方に携帯に着信が入りました。

まだ職場にいたので、席を外し、階段の踊り場で電話を受けました。

「もしもし、どうしたの? いつもは夜に家電にかけてくるのに、急ぎ?」

「ああ、ごめんね...仕事中かい?」

「まあね、でも大丈夫だよ...どうしたの? 具合悪い?」

電話口の65歳の母の声はいつになく震えているように聞こえました。

「ねえ、どうしよう、えらいことになっちゃって...」

「落ち着いて。何がどうしたの?」

「あのね、お父さん...ガンなんだって...」

耳を疑いました。

今年の検診で70歳になる父が引っ掛かったそうです。

内科検診に「所見あり」で再検査を勧められ、CTなどを撮ったというのは聞いていましたが、今日はその結果を聞きに呼び出されたそうです。

「私だけ電話で呼ばれたんで、いやな予感はしてたんだけどね...」

十二指腸にガンが見つかったと告げられたそうです。

若干進行しているので、早めに治療に移りたいが、本人に知らせるかどうかは家族の意思を尊重するということだそうです。

「ねえ、どうしようかねえ、言った方がいいかしらねえ...」

母はショックもあってかひどくうろたえた様子です。

「ああ、そうだなあ...伝えなくても治療できるの? 手術とかにならないの?」

「それはやりようだって...まだそんなに進んでないから通院治療でもできるらしいけど...」

ただ治療の効果は保証できないので、できれば開腹して摘出した方がいいと言われたとのことでした。

「ねえ、どうしたらいいと思う?」

離れて暮らしている一人息子を頼ってもらえたのはうれしくもありますが、そう言われても簡単には決めかねます。

小さいころから厳格で強気な父は尊敬の対象でした。

私が社会人になって家を離れる時も、見送りもしませんでした。

ところが、その日の夜一人で酒を飲みながら寂しがってたんだよ、と母から後で聞かされました。

「打たれ弱いところもあるからね、親父は」

「そうなのよ、やっぱり言わない方がいいかねえ?」

母は父が打ちひしがれて一気に悪くなるのではと心配しているようです。

私もそんな予感がして、父には伏せて治療させた方がいいかも、とも思いました。

しかし、しばらく考えて、ふと頭をよぎりました。

良かれと思ってではありますが、父は騙されることになるわけです。

そのことをもしもどこかで知ってしまったら、プライドの高い父はそれこそ落ち込むことでしょう。

「......親父はさ、やっぱり嘘はつかれたくないと思うよ、どんな理由でもさ」

「えっ?」

「やっぱりさ、どうせならきちんと治してもらった方がいいよ。そのためには、きちんと伝えるべきだ」

忙しい中でしたが、翌日急いで帰省し母と二人で父に伝えました。

もちろん、二人できちんとサポートすることも併せて。

「やっぱりな、母さんの様子が変だから、なんかあるなとは思ってた」

「いや、お袋は親父が落ち込むんじゃないかと心配して...」

「分かってる、分かってる。いや、俺だけのけ者か、とちょっと寂しかっただけだ。教えてくれてよかったよ」

父がそう言うと、母は私の方を見ながら、安心した表情を見せました。

その後、二人で病院に行って、医者の説明も二人で聞いたそうです。

今は入院して手術の日を待っています。

関連の体験記:「こんなに守られていたんだ...」娘が18歳になり「児童扶養手当」の受給が終了。そのありがたさを痛感...
関連の体験記:「親には絶対服従」無表情で上から目線だった実母が、80歳になって急変し...⁉

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

60歳男性です。悪性リンパ腫から治療関連性急性骨髄性白血病となり臍帯血移植して1年4ヶ月経過しました。言う言わないもなく家内と息子と同席の上、医師から告知されました。三人とも唖然とするばかりで他人事のように聞いていました。あれから5年経ち抗がん剤の副作用による味覚障害と移植による体の痒みがずっと続いている毎日を過ごしています。コロナに怯える今日この頃です
はじめまして お気持ちは痛いほど わかります 私も 昨年一年近く入院してました 大腸癌で膀胱に被さって膀胱も全摘出しました 他の病院で 断られ私も家族も諦めてました 他の病院で診察受けて 担当の先生に こんなので死なない即入院しなさいと言われ後でわかったのですがその先生日本でも指折りの外科医でした8時間に及ぶ手術を受け命を助けてもらいました その後 膀胱は人工膀胱ですが 大の方もストマ付けてましたが 昨年の9月に 元通りに回復手術受けました 昨年の12月にリンパと骨盤に転移が見つかり 現在抗がん剤治療受けてます たいへん薬がよく効いて ほとんど消えかかってます 頑張れば 必ず良くなります 今73歳ですが 後5年わ 生きたいです

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP