「ふたりでディズニー行かない?」50代妻の誘いを断り冷戦に。アラ還夫婦を仲直りさせたのは...!?

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:uz
性別:男
年齢:58
プロフィール:公務員として勤務して35年。2歳下の妻とは見合い結婚で銀婚式を迎え、2人の子どもは独立しました。

25.jpg

公務員として勤続35年。見合い結婚の2つ下の妻との共働きも25年が過ぎ、昨年は銀婚式を祝いました。

二人の子どもにも恵まれ、25歳の上の娘は親と同じく公務員に、22歳の下の息子もこの春無事就職、悪戦苦闘の子育ても卒業です。

子どもらが独立し、久々に二人きりの生活が始まりました。

「新婚気分ね」、妻はそう言いながら何やらガイドブックを指し示します。

どれどれ......と、おいおい『ニューアトラクションで魅力倍増のディズニーシー!』って......。

「二人きりのディズニーって初めてだよね! 楽しいわよ、きっと!」妙に無邪気な妻の目じりのしわが目につきました。

私としては熟年夫婦の落ち着いた列車の旅でも、と言いたいところでしたが、とりあえずは話に乗るふりをしました。

「ふーん、ディズニーねえ......」

いつもはダイニングテーブルを挟んで座る妻が、ガイドブックを開きながら隣の椅子(もともとは息子の場所)に陣取って、ページの写真を指さしながら身体を寄せてきます。

「ほら、これが新しいアトラクションでね......」距離を縮めようとしているのが見え見えです。

若い頃ならその雰囲気に乗ってもいいところですが、さすがにそういうムードに乗る気力はもうありません。

「おじさん、おばさんで行っても楽しめないんじゃない?」

視線をそらしながらお茶をすすりました。

「そんなことないよ! ......それとも私とじゃ嫌ってこと?」むくれる妻に思わず「まあ二人きりにはなったけど、もう若くはないんだからさ......」そこまで言ったところで、バンとページを閉じながら妻が席を立ちました。

しまった、と思いましたがもう手遅れ。

妻はそそくさとテーブルを片付けると、その日は早々に床についてしまいました。

翌朝、「おはよう」と声をかけても返事もしてくれません。

朝食のテーブルにはカップ麺が乗っていました。

「おい、これが朝飯?」

そう口走ったら「もう若くもないから作る気にならなくってね」と言い返される始末。

この日の晩飯はレンジでチンのコンビニ弁当でした...。

そんな冷ややかな日々が3日ほど続いて迎えた休日。

二人で買い物に出たのですが、相変わらずムスッとした妻に、(まったく子どもみたいだな)と思い、ふと思いついて手をつないでみました。

「なに?」びっくりした顔の妻。

「いや、まるで子どもだな、って思ってさ、迷子にならないようにね」

久々に握った手は、思ったよりも温かかった。

「何それ? 若くないんじゃなかったの?」まんざらでもない様子の妻。

「人間、年とると子どもにかえるって言うからな」

まあ、たまにはこんなのもいいか。

その日の夜の食卓に出てきたのは、久しぶりに妻の得意な肉じゃがでした。

関連記事:「病に襲われた夫を私は支えられているの!?」悩む私に、優しい夫から届いた一通のメール

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP