ふりかけの代わりに「顆粒だし」を出してくる「大らかな義母」が子供服作りにハマった結果...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くりーむ
性別:女
年齢:40
プロフィール:ラジオ英会話を初めました。ペラペラになれる日はくるのでしょうか。

20.jpg

4歳と2歳の子供がいます。

義実家とは車で20分ほどの距離で、月に2回ほど遊びに行っています。

義母は65歳でフルタイムのパートが定年となり、趣味を見つけたいということで、ミシンを始めました。

義母は明るく大らかで、細かいことは気にしないタイプ。

以前、お昼ご飯を頂いたとき、旦那が「ふりかけある?」と聞きました。

「今ないからこれでいい?」と言って持ってきたのは「顆粒だし」でした。

「おいしいのよ」と言っていましたが旦那の返事は「いらない」。

私も勧められましたが「大丈夫です」とやんわり断りました。

そんな義母がミシンを始めてから、子ども達に洋服を作ってくれるようになりました。

しかし、細かいことは気にしないタイプなので、既製品に比べて見劣りします。

子ども達は女の子でピンクや黄色といった明るい色合いが好きなのですが、義母は灰色や黄土色をチョイス。

布の柄も和柄だったり、洋服と言うよりもカバンや巾着袋などの小物で使いそうなアニマル柄だったりと、いまいちセンスがありません。

デザインも普通のワンピースやスカートにしてくれれば良いのに、肩が強調されるようなデザインだったり、ベルボトム風のズボンだったりします。

それだけでなく、縫い方もいまいちです。

型紙をきちんと写しているのかどうか、さりげなく確認したところ「適当にね~ちゃちゃっとやってるわ~」と言われました。

適当にやっていたら、そりゃこんな風に歪んでしまうよなぁと納得してしまいました。

他にも糸が飛び出ていたり、返し縫いが重なっていなかったり、縫い線が真っすぐでなかったりと、見れば見るほど粗が目立ちます。

「着なかったら捨ててくれていい」と義母からは言われています。

しかし、せっかく作ってくださったものなので捨てるわけにも行かず、義父母宅へ行くときは子ども達に着せていきます。

「子ども達の洋服はたくさん作ってもらっているんで、ご自身のを作ってください」

「いいのよ。孫たちに着てもらえるのが嬉しいの」

やんわり断るために明るく言ってみましたが、義母には通じません。

今はまだ子どもも好みがないですが、嫌だというのも時間の問題でしょう。

子ども達が着てこなくなっていくことに気づいて、義母を傷つけてしまうのも嫌だなと思います。

趣味があることは素晴らしいことです。

しかし、いつまで続くのか、いつになったらやめてくれるのか、言い出せるわけもなく困っています。

せめて上達して、子ども達好みの服を作ってくれるようになってくれればいいのですが......。

関連の体験記:助かるけれど、ちょっぴりストレス...敷地内同居している義母の手料理/しまえもん
関連の体験記:「この子にもドレス着せて!」結婚式の準備で唖然とした義母と義妹のトンデモ行動
関連の体験記:「食べられるものがないの...」90代の義母が待ち望んだ食事会...ど、どうする!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

嫌なら子供に着せなきゃいいですよ。着せるから義母さんもうれしくて作るんですよ。趣味なので勝手にやらせておけばいいし、それに付き合う必要ないですよ。 断れない人に限って気を遣って更に断れない状況を作るんです。 まずはもらっても嫌なら着せない、忘れた頃に処分すればいいと思いますよ。服が困るなら巾着など学校などで使えるものをリクエストしてみては?サイズや柄を指定して、長く使いたいからちゃんと縫って下さいって。
お礼だけ言って着せずに処分でいいんですよ。できれば、旦那経由で断るのが一番だけどね。
エプロン作ってください~!親子、いや、三世代お揃いなんて素敵ですよねー。特に家のなかで使えそうなものを頼んでみるのはいかがですか?外に着ていけないし…… あと、今流行りのマスクもお願いしますm(_ _)m

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP