「この子にもドレス着せてもらって良いですよねっ!」結婚式準備で唖然とした義母と義妹の行動

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:Yabo
性別:女
年齢:41
プロフィール:勤め先に営業に来ていた3つ年下の銀行員と出会い交際をスタート。3年後に結婚。

18.jpg

夫との結婚式に向けて、準備をしていた頃の話です。義母と義妹に振り回されました。

ある日、結婚式場で衣装合わせをしていると、義母と義妹がやってきました。そのとき、私は鏡の前でドレスを着せてもらっていて、スタッフ数名に囲まれて色の確認などをしていたところ。ですので二人のそばに行くことはできず、鏡の中に映る義母と義妹に挨拶をしました。衣装合わせの予定を伝えていなかったので、夫から聞いて私の衣装の様子を見に来たのかなと思いました。

しかし、「あら~、いいじゃな~い」と義母が私に一言叫んだ後はこちらのことはそっちのけで、手の空いているスタッフを見つけると、「この子にも着せてもらって良いですよねっ!」と言い、義妹に次々とドレスを着せては「かわいいわぁ」と言っては写真撮影。私よりも早く多くいろいろなドレスを試していました。びっくりしました。

これには当然スタッフ一同苦笑い。私もスタッフの皆さんに申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、身動きが取れず、二人を止めることもできず、ひたすらスタッフとの打ち合わせに専念しました。好きなだけ着てみたのか、義母は「じゃあね」と言って去っていきました。嵐のようでした。

それだけではありません。結婚式の引き出物は、両家の両親と夫と私で相談し、私の母と夫が共に気に入った食器を贈ることにしました。

私もいいなと思った品物です。私の母の知人がギフトショップを経営しているので、母がそこに発注してくれました。

ところが、結婚式直前になって、義母が夫側の親戚にだけ、義母と義妹が選んだ食器を贈りたいと言い出したのです。唖然としました。両家で相談して決めたときから、自分の趣味ではなかったのかもしれません。それを言い出せなかったのかもと、母も私も申し訳ない気持ちになりました。

ところが、後日判明したのは、義妹とカタログを眺めていて、「こっちのほうがいいよ」となったとのこと...。結局、押し切られ、注文数を減らして、一部違う物を注文することになりました。

結婚式に参列してくださった方の一部とはいえ、結婚する私達が選んだわけではないものを贈ることになるなんて......。

義母と義妹とこれから家族になることに、心底ゾッとしました。

関連記事:13%のお嫁さんが嫁姑問題を経験! お姑さんに本当の自分をどこまで見せる?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP