「校長の娘」と見合い結婚した教師の私。週に一度の義実家での夕食は「職員会議」のようで...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:マスオさん
性別:男
年齢:43
プロフィール:小学校教師をしている男性です。妻(42)とは職場の上司の娘ということで見合いをして結ばれました。

28.jpg

「いや、それはいかんな」

舅(75歳)がこんな調子でしゃべり出すと、息子(13歳)と妻(42歳)は「ごちそうさま」と言って食卓を立ちます。

週に1、2度、妻の実家を訪問しての夕食は、その言葉で「教育指導の場」と化するからです。

15年前に私が教師を務めていた学校で、舅は校長をしていました。

やり手の校長として知られていた舅に、まだ30前の若造に過ぎなかった私は格好の指導相手だったのでしょう。

毎日のように教育理論を聞かされ、私の指導法は逐一検討の対象にされていました。

「力があると思うからこそ厳しいことも言ってるんだ、分かるね」

酒の席でもよく口説かれました。

すっかり目の敵にされていると思っていた矢先、教頭先生に呼ばれ「マスオ先生、お見合いしてみないかね」と言われました。

聞けば相手は校長の娘だと言います。

「校長からは言い出しにくいと相談されてね、まあ仲人の真似事だよ」

すっかり嫌われてると思っていたのですが、どうやら「期待している」というのはお世辞ではなかったようです。

なかなか断りづらく、会ってみるだけと思って見合いをしましたが、1つ年下の妻に不覚にも一目ぼれしてしまい、しばらく付き合った後に結婚しました。

そして...

「たまには現場の話も聞きたいしなあ」

舅が退職してからは「週に1度」は妻の実家で夕食を共にしながらの「教育談義」が行われることに...。

「ごめんね、お父さん、言い出したら聞かないから」

「まあ、しょうがないよ、いろいろアドバイスでも貰うことにするよ」

そんな気持ちで始めた習慣でした。

ところが、「教育談義」では終わりませんでした。

毎回、学校の話を聞かれ、当たり障りのないことを話しているつもりなのですが、言葉尻をとらえては「それは違うぞ」と自説を吹っかけてくるのです。

「朝食も摂らせず登校だなんて間違いなくネグレクトだぞ。保護者を呼んでだな......」

「いや校長......じゃなかった、お父さん、各家庭の事情に軽々に踏み込むのはどうかと......」

「何を言っとる。学校が毅然と保護者を指導しないとだな」

「いや本校の校長も様子を見ようと言ってるわけですし......」

「校長がそんな日和見だからいかんのだ!」

最近の子どもたちはどうだ、などと言われて、朝ごはんも食べずに登校してくる子が多くて、午前中は効率が上がりませんねえ、なんて答えた途端にこの有様です。

20年も前の手法を語られても閉口するばかりですが、話し出すと止まりません。

「いいか、マスオ先生。とにかくすぐに家庭訪問しなさい! 家庭の事情をつぶさにとらえてからの話だぞ」

「いや、そう言われても勝手に家庭訪問だなんて」

「いいから! 子どもの健やかな成長と煮え切らない校長のご機嫌取りとどっちが大事か分らんとでも言うのかね!」

私ももう30前の若造ではありませんし、中堅どころとして一端の教育論をもっています。

現代的な教育課題も多く、舅の言うことは必ずしも時流に合ってはいません。

ところが現役さながらのつもりでいる舅は、最後は「......しなさい」と職務命令のごとくです。

元上司を舅とした時から多少のことは覚悟していましたが、これほどとは......。

妻の実家での夕食会がさながら職員会議の場と変じてしまうのにはほとほと辟易しています。

関連の体験記:「ワシらの老後は孫が面倒見るもんだろ!」義父が22歳の娘に「田舎での就職」を要求してきて...!?
関連の体験記:あんなにお世話になった姉の葬儀なのに? 父が「やっぱりオレ、行かない」という呆れ果てる理由
関連の体験記:生まれてくる孫のため「禁煙貯金」を決意した夫。5年かけて開けたら...うれしい悲鳴!

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

残念ながら、この手の年寄りの性格は直らない、反発すればもっと自分のやり方を強制する。相手は自分が正しいと思っているのだから。
女性からしたら旦那の実家に週二回夕飯に呼ばれて姑から説教されるようなものだね。そんなの拒否するわ。
ハイハイ、そうですね、お義父さん❗️って言っとけばいいよ。
私の実家を思い出しました。私の母はバリバリのやり手教師。私も教員です。口うるさい母を嫌って他県に就職しましたが、顔を合わすたびに延々と古臭い教育論をぶち上げてくる。 実家に帰るたびに喧嘩で、もう何十年も、年に数時間の帰省のみです。 話ができるようになったのは母がボケ始めてから。やっとゆっくり話せるようになりました。
行かなきゃいいよ。奥さんだって辟易としてるんでしょ。
お義父さんは変わらないから頻度をだんだんと減らすしかないですよ。
フェイドアウトで。 自分が正しいって思ってるから聞く耳ないし。じーさんだし。 もう行かなくていーよ。
時代に乗っかって、実は家庭訪問して生徒の保護者とやり合うのが面倒なのでは? 何かあったら「責任が」とか。「今の時代に合わない」とかばかりです。 昔の人、そのお義父さんは、それを説得させる手腕があったのでしょう。 自分が出来ないからと、すぐに小煩い年配者を「昔の時代」と時代のせいにする前に、本当に、生徒のためを思っていない自分を見つめてもいいかと思います。自分に出来ないなら、それが出来た人にはせめて、敬意を持つのが礼儀では?
お年寄りは皆さん昔に生きてる人が多いものです。みな順次、死んで行きますから数十年のご辛抱だと思いますが~!!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!
武勇伝。 暖簾に腕押し。 ぬかに釘。 行かない事です。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP