まさか、うちの両親が...熟年離婚!? 母の話を聞いてあげられなかったことに後悔と心配が募ります

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あおば
性別:女
年齢:41
プロフィール:夫と子供ふたりの4人暮らしです。会社に勤めています。

pixta_31032780_S.jpg

70歳になる母は2歳年上の父と二人暮らしです。

昨年、父が再就職先を退職しました。

母も仕事はしておらず、庭仕事が好きな二人はホームセンター巡りでもしながら過ごすのかな...と考えていました。

ところが先日、母から驚きの電話があったんです。

母から...「父と離婚して私達と一緒に暮らしたい」と言われたのです。

「会話がなくて暗い」

「したい事を、したい通りにしかしない人には疲れた」

離婚したい理由を聞くと、母の意外な本音が聞けました。

確かに父は無口で、ワンマンな人です。

私は子供の頃から父と世間話のような軽い会話をした記憶がありません。

必要な会話はしてくれるのですが、父が自分で話したい事以外の話をしたことがないのです。

父親とはそんなものなんだと考えていましたが、それも「母が私の話し相手になってくれていたからだった」と、大人になった今は思います。

そして...母も「一人娘の私が話し相手」だったのでしょう。

話しかけても興味がないと返事すら返ってこないのは辛い、と常々言っていました。

また、父は一人で決めて行動してしまう勝手なところがあります。

家のリフォームや車庫を建てた時も、母の意見や要望は聞かず、業者さんと話を決めてしまいました。

先日も、父が地域の行事に参加している日に突然植木屋さんが庭木の整理に来たそうです。

そして父に言われたと言って作業を始め、母の大切にしていた木や花も切ってしまったのです。

他にも小さな事ですが、お茶を入れる事も、着替えの用意もしません。

そういった父の行為を今まで許してきた理由は、何度か母に聞かされたことがあります。

幼いころ、私は病弱でした。

結婚した当時、我が家は生活が苦しかったのですが、そんな私を抱えて母は働きに出られず、大変だったようです。

...なので、とにかく父には健康で働いてもらわなくてはならないと、何でもやってあげ、ワンマンにも目をつぶってきた、と言っていました。

母にとっては...あまりに長い我慢の時期だったのです。

退職した父も、今は環境の変化に対応できない部分もあると思います。

でも、母にすれば時間もあるのだから何かする時には相談してほしいし、自分の事はもう自分でやってほしいと考えていたのでしょう。

それなのに変わらない父に嫌気がさしたのだと思います。

しかし、電話での突然の離婚話に、私はあまりに驚いてしまいました。

後から考えると、母の心情を理解できるのですが、その時は驚きの方が強く、私は咄嗟に母をなだめて...電話を切ってしまいました。

気持ちが落ち着いてきて「しまった!」と後悔しましたが後の祭りです。

母を傷つけてしまったのか...その後は離婚の話は出ません。

私も切り出し方が難しくて、それ以降は聞けずにいます。

母は思い直したのでしょうか?

それとも、一人抱え込んで苦しんでいるのでしょうか?

それが分からず、心配ばかり募ります。

関連の体験記:部下の女性との怪しいLINE、普段はしない洗車をして出かける主人...気持ち悪いっ!
関連の体験記:「おなかが痛い」3日後に高校受験の息子を襲った悲劇と、逆境でもたらされた奇跡

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

お母さん、きっとまだ1人で悩話でいると思います。 主様に話したのも、すごく勇気を出したのだと思います。 お母さんの気持ちをそこまでわかってあげているのなら、 今からでも相談に乗ってみたらいかがでしょうか。
お母さまが勇気を出して相談されたように、今度は質問者さまが勇気を出して話を聞いてあげる機会を作ってあげて欲しいなと、思います。 お母さまもたった一度の人生ですから、残りの人生は好きなように生きて欲しいですね。
私も、夫のワンマンと度重なる夫の浮気が原因で、62歳で離婚して8年が経ちました。 子供たちはそれぞれ家庭を持っていますので、今は1人暮しですが、後悔はありません。 我慢を重ねて夫と暮らしている時の方が、私は孤独でした。 1度しかない人生、あの時決断して本当に良かったと思っています。 今は、心穏やかで幸せです。
お母さんこのままでは老け込むか痴呆にならないか心配です。まだまだ若いお母さん、残りの人生、活き活きと楽しんでほしいです。熟年離婚でもいいじゃないですか。もう一度どうしたいか聞いてあげてくださいよ。別居という方法もあります。お父さんが存在に気づくかもしれませんよ。
考え方、価値観の違う相手と暮らしても、ずっと心に穴が空いたままですが、現実問題ご自分がいえを出ても何もない。ひとつ上をいきましょう
まだ悩んでると思います。大変な時期ですが、お子さんは旦那さんに任せて、お母様と2人で旅行に行ったり、お茶でもしてお話をもっと聞いてあげ、前向きに考えてあげるのも良いと思います。お父様にも退職後の生活の話など改めてどう思っているか聞いてあげてもいいと思います。皆さん、幸せになりますように。
親には、笑って幸せでいてほしいですよね。 お母さんが最期まで人生を犠牲にするの、辛いですね。 でも、こちらから離婚を言い出して、お父さんは簡単に飲まないと思うので、実際には難しいのでは? 別居でよいのではないでしょうか...
皆さん、心配されてるようにお母さまへ連絡してあげてください。可能ならば、一時避難的な感じでお母さまを主様のお宅へ。しばらくお父さまと別居させてあげてください。冷却期間が必要ですね。
私は15年前に離婚しました。その事を後悔した事はありませんし、離婚して正解だと思っています。 我慢をすると精神に不調をきたします。お母さんが貴方と住むのではなく、近くに住むというのなら賛成ですが、自立出来ない方であれば(1人で住めない)我慢しかありません。 貴方の家族がおかしくなりますから、そこの所をよく考えたほうがいいと思います。貴方の家族の1人でもお母さんを必要としないなら一緒に住んではいけません。 私は子供と住みたかったけれど、子供を巻き込みませんでした。 親と子は、独立した関係であるべきだと思うからです。 お父さんをそうしてしまった原因はお母さんにもあります。私は、離婚の原因は五分五分だと思っています。どっちもどっちです。 お互いが反省をして、前向きに生きていけるといいですね。相手だけが悪いと思って自分の至らなさを顧みないのでは、どこに行っても幸せにはなれないのではないでしょうか?ご両親がお互いに本音を言えるように貴方が中に入ったら如何でしょか?本音を言うとスッキリして考えも違ってくるかもしれませんよ。言いたい事を言えずに我慢をすると精神的によくないですから。
実は私も同じ様な事で離婚を考えた50代の主婦です。私は心を病んでしまいました。心を病んだ後も薬を飲みながら、同じ様な《自分の着替えも出さない、食器も片付けない、お水さえ自分で入れない》そんな人に育ててしまった私がいけないんだと。我慢しながら過ごしていました。主人が仕事を辞める事になり、私が午前働きに行き、帰ってからご飯を作り、食べさせ片付ける。そんな生活とは別に主人の母の病院通いが始まりました。それまで張り積めていた気持ちが一気に爆発して心身性の痙攣のようなものを起こし、このままではいけないとほぼ同じ家の中で別居みたいのをしています。家の場合は目の前で私が痙攣しているのをみていたのでスムーズに行きましたが、お母様の場合は娘さんにSOSをもう出しています。心身に影響が出る前に、離婚まではいかなくても娘さんの所で心を癒す時間と共にお父様の自立を促すのも良いと思います。 そこでお父様の変化やお母様の気持ちが変わらないのであれば離婚させてあげるのも良いと思います。 心の病になる前にお母様を一旦休ませてあげてください。
去年49年間生活を共にした姑が101歳で亡くなりました、主人は、有難うを言うわけも無く、主人が言う事に私の意見を言うと俺に何を言ってる、誰に食わしてもろてる、とか外に出ようものなら、お前は好きな事しかしてない、ここに来て恩恵を被ってるやろとか、当たり前やと思うのか。と言われてこんな情の無い人とはもう嫌やと、何回思った事か限界やと、思いながらの生活をしてます。お母様の気持ちはよく分かりますが、これから先1人になって、良い事ばかりでは無いやろうし、子供にも迷惑をかける事があるかもと思えば思い切る事ができない
我慢する人って、結局周りからも「あなたさえ我慢すれば丸く収まるから」って態度とられるんだよね。 このお母さんも同じ。 投稿者だって、電話せずこのまま母に我慢させてうやむやになるのを待ってるんだよね。 父親に似たのかもね。
恩返しと言えばお母さんと話しやすいのではないかと思う。 無口な父に口を聞いてもらえないからお母さんがしっかり口を聞いてくれた恩(育ててくれた事も)があるから
思い切ってお母さんは、話してくれたのですよね? なぜそんななだめて会話を終わらせたの?話の内容だって、わがままや言いたい放題話しまくったワケでもないのに。早く自分から連絡してください。まずはひたすら話を聞いてあげて。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP