「いちいち閉めんと早よ脱げ!」姑に着替えを晒され続ける悪夢の試着室/かづ

アメブロで「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」を運営しているかづと申します。

現在は夫婦二人と3ニャンとで暮らしています。

今から36年以上前の、結婚当初のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:「あんたが恥ずかしい恰好やと、みんなが恥かくんや!」姑に連れられて行った百貨店で...⁉

pixta_35724964_S.jpg

「あんたが恥ずかしい格好してるとみんなが恥かく!」

そう言って、息子の七五三で私が着る服を選んでやると言い出した姑。

試着室でサイズを計られ待っていると、ほどなくして姑と店員さんが数着服を持ってきた。

姑は試着室の私に向かって

「はい!脱いで!脱いで!これ着て!」

と言ってワンピースを手渡した。

試着室のカーテンを閉じようとすると

「そんなんいちいち閉めんと早よ脱いで!」

とせかされる。

私「お義母さん、あの、ちょっと...」

姑「なんでいちいち閉めるんよ!早よ脱ぎなさいって言うてるでしょ!」

私「いや、ちょっと...」

姑「なにをぐずぐずしとるねんな!早よ脱いでこれ着なさいって言うとるでしょうが!」

カーテンを手にして閉めようとする私と、そのカーテンの端を掴んで開けようとする姑で小競り合いになった。

店員さんが見るに見かねて「お義母様!ちょっと失礼します~」と言ってカーテンを閉めてくれたが、カーテンの前で姑は

「何が恥ずかしいねんな!チャッチャとサッサとしんかいな!!」

と声を張り上げていた。

渡されたワンピースを試着室内のハンガーに掛け、自分の着ていた服を脱いだ瞬間、サッとカーテンが開き

「まだかいな!!!」

と姑が睨み付ける。

もう外から丸見えだった。

普段は静かなフロアーの中、優しい音楽が流れている空間に、こんなに大声を張り上げている客がいる事で、そこにいる店員や客だけでなく通りすがりの客までもがこちらに目を向けていた。

咄嗟に試着室の床にしゃがみこんだが、姑はカーテンを手にして開けたまま

「サッサと着替えんかいな!何しとんの!グズやね!!」

と怒鳴る。

またもや店員さんがカーテンを閉めてくれて、私はワンピースに着替えたが背中のファスナーが全く上がらない。

店「お着替え出来ましたらお声掛けくださいね」

私「すみません。ファスナーが全然上がらないので無理です。」

その瞬間また姑がカーテンを開け

「どのくらい上がらんの!?肥えとるからこのサイズやったらあかんのやわ!どのくらい上がらんのか背中見せてみって言うとんのや!」

と怒鳴る。

私の視界には困り果てる店員さんの顔と、般若の様な姑の顔、そしてその後ろの客たちの顔が映っていた。

すかさず店員さんが「ではもう一つ上のサイズをお持ちしますね」と言ってカーテンを閉めるも、店員さんがその場を離れた瞬間姑がカーテンを開け

「ほら!店員さんが持って来てくれるって言うとるんやからそれ脱ぎんかいな!」

と言いながらワンピースの袖を持って脱がせようとする。

すると別の店員さんが走り寄って来て「お義母様!ちょっとこちらに...」と姑をその場から離してくれた。

最初の店員さんが何着か持って来てくれ今度はサイズがぴったりだったが、何とか着れたはいいが全くゆとりが無い。

店「いかがですか?」

私「着れるには着れるんですが動きにくいです...」

店「あぁ...、そうですか...。それが一番大きいサイズなんです...」

そこに姑が来て

「着れてるやん!それにしよ!(店員に)ちょっと!これにして!」

と言い、店員さんが「でも、これではちょっとキツイかと思います」と姑に言うも

「他に無いんやからそれでええやん!いつまでやってんねんな!!」

と決めてしまった。

こんなぱっつんぱっつんのワンピースでも買ってくれた事には変わりないから、ずっと言われ続けるんだろうなと暗い気持ちになったが、それよりもやはり息子が30年前のくすんだ茶色の着物を着る方が悲しかった。


七五三当日は行く先々で聞かれもしないのに姑が

「これ息子が七五三で着た着物なんです」

と言い、それを言われた人は

「まぁ!パパが来た着物?そりゃいいですねぇ」

とは言ってくれて、姑はご満悦だった。


けれど、神社で並ぶ七五三参りの他の男の子の羽織の背には、鷹だの虎だのが金糸銀糸で刺繍されている。

その中で、どう見ても時代劇に出て来る風車を持って走り回る童にしか見えない息子の姿は貧相だった。


写真もスナップ写真だけで、私のワンピース姿には下着の線がくっきりと出て、ボンレスハムの様なフォルムだった。


続く

【次の記事】孫が酷い下痢になっても「私は悪ないで!」。幼い息子に大量の食べ物を与える姑/かづ
【最初から読む】アッシー・メッシー・貢君だった彼が突然父に結婚の挨拶! 夫との馴れ初め/かづ

【まとめ読み】凄絶な嫁イビリに夫との対立...かづさんの記事一覧

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

かづ

​ブログ「~こんな事を言っちゃあなんですが!~」の管理人で、Ameba公式トップブロガー。 ​基本専業主婦の​50代​。子育てが終​り、​夫と4ニャンと暮してい​る​結婚36年目です。 ​一人っ子の夫と結婚し、舅姑の理想の嫁でなかった私の結婚生活においての戦いを思い出しながら書いています。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

コメント一覧

関西、グイグイ来るんだー。 うちの舅も関西人。本当グイグイ来る人だった。 旦那は空気。又はYESマン 今では、私だけ交流なしで気軽に過ごしてるけど。
もう昔のことってわかってても可哀想過ぎる
嫌な思い出って一生忘れることできない…。
なんで、すぐ離婚しなかったんだろ。巻き込まれる子供が可哀想
舅が最低で近隣のアジアの国々の悪口を息子に吹き込み私の事を未だに「どこの馬の骨か分からん女」と言いふらす。
凄い、私だったらこんなクソトメ秒でぶち殴ってるわ。それよりも空気旦那がありえない…
可哀想とはおもうが、なぜにこの状態を受けいるかが理解できない。
全く同意見です。なんで言い返さずに不満ばかり溜め込むのか全くわからないです。
ずっと読んで来ました。 失礼ながら、精神的におかしくなりそうです。こんな姑、夫の血を引く息子もかわいいと思えるか自信ありません。
関西人どうこう関係ない。個人の問題。早く召されればいいのにね、この姑。私ならそう思うな。
ずっと読ませていただいてます。凄いです。でも、これらを乗り越えた先には、何があるんだろうかと、先の話を楽しみにしています。お若いかづさんがんばれ!
なんでこれで離婚しなかったんだろ。 経済的にも精神的にもワラより頼りにならない旦那だし。 今は落ち着いてるのね。てことはやっぱり途中で旦那を取り替えたのかな。
なんで離婚しないのか不思議。その夫も姑も居るの?人間としても家族としても不用品。 てかそこまで言われてまで、家族としている必要なし。行動する必要もなし。
全く関係ないがこの写真のスーパーはいつもテレビやらなんやらでてるな。 まさかこんなところでまで発見すると思わなかった。 相変わらず姑はぶん殴ってやりたい。
周りの人間が屑過ぎて気の毒になって来る
時代が違うとはいえひどい。こんな屑みたいな旦那家族ないわ。我慢する理由もない、言いたいことぶちまけて、即離婚する。
はやく続きを読みたい。 今はどうか、かづさんが幸せであることを祈りながら読んでいます。
結婚40年目の私ですが、かづさんのお姑さんのことは、わかります。当時の嫁姑は、少なからず、よく似たような感じでした。 私もどれだけ、意地悪されたり、言われたことか! あれから、40年。 いまでは、姑も87歳。ジワジワと、当時の仕返しができますよ。
数話読んだけど、登場人物が全員異常。かづさんも何か怖い。 伯父とか父親とか味方してくれそうな人もいるし、子供抱えて裸足で逃げ出すくらいの勇気を持ってほしかった。子供の為に。
握った拳がふるえます。 腹が立つのを通り越す!! かづさん?ご主人は、今もこのご主人ですよね? 、、、辛抱強く立派です。
なんで、そのままにするんですか?不幸話の自慢?自分はかわいそうという感じですか?さっさと別れれば良いのに。ご主人の人間性も疑わしい…
今では考えられないことも、当時は当たり前のようにあったんですね。まだまだ奥さん側が我慢したり多くのことを担うことが多いですが、精神的にしっかり成長している方が増えてほしいと、つくづく思いました。 自分が姑になった時はお嫁さんを大事にしようと思いました。
続き、楽しみにしてます。 執筆頑張ってください!

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP