「大学出て一流企業で働く長男には言えんなぁ」田舎町の雑貨店、跡継ぎ話でカチンと来た次男坊の私

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:しがない次男坊
性別:男
年齢:48
プロフィール:実家が雑貨屋の工場勤めです。2つ年上の兄がいるのですが、父(75歳)は店を私に継がせようとしています。

38.jpg

私の実家は雑貨屋です。

昔は「地域の便利屋」としてそれなりのステータスもあったようですが、そこは田舎町の悲しさ。

今では近くにできたスーパーマーケットにすっかり客を取られ、減収の一途をたどっています。

もう「小遣い程度」しか稼ぎのない店を、75歳の父は自分の代で閉めるつもりだと思っていました。

兄は大学を出て在京の建設会社に勤めていますし、私も実家の近くにはいますが、地元の工場でそれなりの役職を得て働いているからです。

ところが...父からとんでもない言葉が飛び出したのです。

それは週に1度、実家を訪ねて夕食を共にしている時のことでした。

「店はお前に任せようと思ってる」

青天の霹靂とはまさにこのことです。

「は? なんだよ、急に」

「だからうちの店のことだ。お前に譲るからな」

74歳の母はニコニコしながら私を見ていました。

「何言ってんだよ。俺も嫁もフルタイムで働いてるんだから、兼業なんてできるわけないよ」

「兼業しろなんて言ってないよ。店をしっかりやってくれりゃいい」

「大して稼ぎもないのに食っていけるわけないだろ?」

「そこを何とかするのがお前の器量ってもんだろう」

全く話がかみ合いません。

あまりの驚きに我を忘れていましたが、ふと兄(50歳)のことを思い出しました。

家を離れて東京に出ているとはいえ、そもそも「後継ぎ息子」は兄貴の方です。

「そもそも、店を継ぐって言うなら兄貴が先だろ? なんで俺に決まるんだよ」

すると今度は母が口をはさんできました。

「だって、あの子はもう東京で生活を築いちゃってるじゃない」

...ちょっと待った!

聞き捨てなりません。

「それじゃあ何? 俺はここで生活を築いてはいない、っていうこと?」

「いやあ、そういう意味じゃなくて、お前は近くにいてくれてるじゃない、ってことよ」

母は、私が言い返すとは思っていなかったようで驚いた様子です。

「しかしなあ、せっかく大学まで出て、一流企業で働いているのを辞めろとは言えんだろう?」

この一言で私も切れてしまいました。

「俺は専門学校どまりだからいいって? 田舎の工場勤めぐらいは辞めてもいいだろうって?」

私も好きな電気の勉強がしたくて大学に行きたかったのですが、すでに店の経営も苦しくなり始めていた時期でした。

二人分の学費は厳しいと思い、大学進学を断念した過去があるのです。

在京の大学に進んだ兄がそのまま就職してしまったので、私だけでもと思って地元の職を探しました。

別に親に言われてそうしたわけではありませんが、私なりに気を遣ってのことです。

「じゃあ、この店をあきらめろってことか?」

今度は父が食ってかかってきました。

「お前が大きくなれたのもこの店あってのことじゃないか。それをうまく回らなくなったからたたんじまえって、薄情なもんだ」

「そんなことは言ってない。なんで俺なんだ、って言ってるんだよ」

「お前を頼りにしてるってことだろうが!」

とりあえず嫁がなだめに入ってくれて、その場は終わりになりました。

父は、その後も店を手伝いに来て仕事を覚えろと言ってきます。

私も店に愛着がないわけではなく、何とかしてやりたい気持ちもあります。

ですが兄との差を、自分の甲斐性のなさのように言われたことが引っ掛かったままで...父の求めに応じられずにいます。

関連の体験記:「次男に面倒みてもらう」って言いましたよね。長男の夫を捨てた義父母の身勝手なSOS
関連の体験記:「息子夫婦にお金を吸い上げられた!」自分の記憶を「書き換え」て暴走する義母にウンザリ

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

私は薄情だからかもしれませんが やりたくないことをやる必要はないと思いますね。 お店のおかげで育ってこれたかもしれませんが、 子どもに教育を受けさせ、生活を維持する事は親の義務です。 その義務を果たすためにその仕事を選ばれたというだけで この方自身にはなんの責任もありません。 情などにとらわれて畳み時を見誤る経営者はビジネスとしては失格ですし、 万が一、それでこの方の生活が立ち行かなくなったとして、親は責任をとってくれますか? どうしてもお店を残す条件は、実労は次男さん、経営の為の資金の出資を長男さんなど 平等といえる負担がないとできないと思います。
お店は役目を終えていると思います。自分の人生は、自分の思うように切り拓いて行っていいんです。私があなたの兄ならば、ご両親に店を畳むよう引導を渡します。そして今後ご両親がのんびり余生を過ごせるように、遠くに住む兄が金を出し、近くに住むあなたが、手を出す(フォローする)提案をします。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP