「食べる量、減らす!」新体操を頑張る娘のダイエット宣言。大反対な私の「挑戦」の結果は...⁉

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:りぼん
性別:女
年齢:45
プロフィール:新体操を頑張る中学生のサポートに生きがいを感じています。

10.jpg

幼いころから新体操を頑張っている中学生の娘がいます。

毎日のようにハードな練習をしていますが、お年頃ということもあり、全体的にふっくらとしてきました。

自分を周りと比べてしまい「ダイエットをする!」と食べる量を減らし始めた娘。

でも...私は「食べないダイエット」には断固反対! 

なぜなら、私も思春期に食事を減らしたダイエットをし、後に冷えや、月経不順に悩まされた経験を持つからです。

私はクラシックバレエを習っていました。

やはり娘と同じ歳の頃、周りよりも太っている、痩せなきゃ綺麗になれない、食べているから太る、食べずに踊れば痩せるはずと、無茶なことをしていました。

体重は減っても風邪をひきやすくなったり、本番では体力も落ちて気力だけで踊っている状態。

こんなんじゃ、いいパフォーマンスなんてできるはずないですよね。

娘に私の経験を話しても「痩せたい、だから食べない」の意識は変わらず。

このままでは、摂食障害になってしまうのではと心配でした。

そこで、ご自身も元アスリートで、ダイエットで辛い経験をしたという、スポーツ栄養学に詳しい管理栄養士さんのセミナーを受講しました。

講座は、目からウロコの情報がいっぱい。

良いコンディションを保つために、食べることがいかに大事かということを。

食べることでエネルギーチャージをし、疲れた体をリカバリーするということを学びました。

食べる量を減らしても体重が減らないのは、エネルギー不足の可能性があるとのこと。

娘はこの状態になっていたと思います。

まず練習の前に、おにぎりなどの軽食でエネルギーチャージ。

帰宅後、なるべく早いタイミングで、具がたっぷりのお味噌汁や、タンパク質を意識した夕食を作るよう心がけました。

一番大変だったのは、「食べたら太る」という意識を変えることだったかもしれません。

私たち親子が取り組んだのは、体重が増えていないことを確認しながら、食べる量を増やすことでした。

次第に、エネルギーは必要なことを実感してくれた娘。

しっかり食べるようになってから、集中して練習に取り組めるようになったと言います。

私が娘の変化を感じているのは、朝起きたとき。

目覚めがよくなり、すっきりと起きてきます。

脳や、体のリカバリーができているのでしょう。

何より、娘が生き生きとしているのが何よりの成果! 

自然と甘いお菓子を食べる機会が減りました。

また、体が重たいと感じるときは、親子で食事内容を見直し。

良いコミュニケーションにもなっています。

ダイエットをしている思春期のお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。

食べないダイエットは、後に辛い症状が出てくる可能性がでてくることを説明して、お子さんの食事習慣、生活習慣を見直すことをおすすめします!

人気の体験記:義父母はこの先、生活保護!? 貯金もなく、年金も払っていなかった時期がある義両親

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP