体力作りのため「ジム通い」まで...成長がのんびりな息子に愛情を注いでくれるパワフルな母

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:くまさん
性別:女
年齢:40
プロフィール:7歳の娘と5歳の息子の育児に奮闘している主婦です。

8.jpg

結婚して10年近く、子どもができなかった私。

「子どもはまだ? 仕事が楽しすぎて子どもは欲しくないの?」

などと義母や親せきから言われ、肩身の狭い思いもしましたが、実母だけは何も言わず見守ってくれました。

その後、念願の妊娠! 

私は30歳を超え、母も還暦を迎えていました。

母も年をとったし、あまり産後も頼れないと覚悟していましたが、当の母は子どもの出産を楽しみにしてくれていました。

「赤ちゃん育児は、もう忘れちゃった」

そんなことを言いつつも、お宮参りまでは里帰りをさせてもらえることになり、順調に私の体力も回復。

思い返せば夫婦だけでは新生児の育児は無理だったと思います。

それくらい実家のサポートは強力で、母子ともに元気に帰宅することができました。

母からは「大変な時は、いつでも呼んでね」と心強い言葉。

頼りたいけれど、わが子はどんどん大きくなり、体重も重たくなっていきます。

しかし、成長する孫の姿を想定して、母はなんとジムに通い体力作りをはじめたのです!

もともとフットワークの軽い母でしたが、運動をしているという話はあまり聞いたことがありません。

それも、高齢者向けのヨガや体操ではなく、トレーナーにメニューを作ってもらい、マシンを使ってトレーニングをしているとのこと。

これには正直、驚かされました。

このジム通いが母には合っていたようで、筋肉量を増やしたい! と、せっせとジムへ通い、以前より若々しくなったような気がします。

その後、私は2人目を妊娠。

つわりがひどく、私は娘を連れて実家で静養しました。

しかし母が、出産後の入院中も、しっかり体力作りをしてくれていたおかげで、なんの不安もなく娘を預けることができました。

5歳の息子は、成長がのんびり。

その為、通院やリハビリで忙しい日々です。

正直、一筋縄ではいかない息子の育児に、悩みを抱えることも多々あります。

そんな時も、母は出動してくれて明るくわが子に接してくれます。

息子にどう接していいのかわからないのも理解できますが、あんなに「子どもはまだ?」と言っていた義母や、親せきたちは見て見ぬふり。

息子のことは「大変ね」とは言ってくれますが、これといったサポートはしてくれません。

一方母は「この子(息子)は、みんなで愛情たっぷりに育てよう!」と積極的に関り、勉強をしてくれています。

本当に、明るくパワフルな母に頭があがりません。

この強さは、どう培ってきたのでしょうか。

母からは、学ぶことがいっぱいです。

一緒に暮らしているときは、気づかなかったけれど、母の娘として育った私は幸せです。

この姿勢をしっかり私が受け継ぎ、子ども達にも伝えていきたいです。

照れくさくて面と向かっては言えていないのですが、ジム通いも頑張ってもらって、まだまだ元気でいて欲しいです。

そして、もう少し、頼らせてください。

関連の体験記:「食べられるものがないの...」90代の義母が待ち望んだ食事会...ど、どうする!?

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP