ほうきに殺虫剤、使わないものが溜まっていく...ホームセンターで同じものを「必ず2つ買う」義父

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:ゆうなん
性別:女
年齢:50
プロフィール:専業主婦。義父母と同居しています。

pixta_46403763_S.jpg

70代後半の義父母と同居しています。

義父は植木が好きなので、庭には名前も知らない木が何本も植えられています。

夫も私も今のところ興味がないので、義父母が庭仕事をしてくれて助かっています。

自分で出来ない部分は業者さんにお願いしていますが、器用な義父は業者さんから教えてもらった事を覚えてしまうので、作業の守備範囲は広がっています。

そうなると揃える道具も増えてきます。

作業場には義父が一人で使っているとは思えない量の道具が並んでいます。

それだけでなく、植木用の殺虫剤も各種揃ってきました。

義父は車の運転が面倒になったのか、今年に入ってから私に車を出すように言って、一緒に買い物に行くようになりました。

それで分かったのですが、義父は道具や殺虫剤を必ず「複数」買うのです。

鎌やほうきも同じ物を二本、植木用の殺虫剤も同じ物を二本買うといった具合です。

最初はあまり気にせず、漠然と「必要なのだろう」と考えていました。

しかししばらくして、お店の袋に入ったままの道具や、封を切っていない殺虫剤が目に付くようになりました。

いつも買い物に行くホ-ムセンターの袋なので間違いありません。

そこで、次に買い物に行った時に理由を聞いてみました。

義父からは「どうせいつか使うから」「小さな物を一つ買っても仕方ない、子供じゃないんだから」などの答えが返ってきました。

確かに使う物ではありますが、鎌やほうきなどは直ぐに使えなくなるわけではありませんよね? 

いくつも余分な物を用意しておく必要はないと思います。

ひとつひとつは高価な物ではありませんが、ちりも積もれば何とやらです。

また、お金の事だけではなく、使わない道具は劣化しますし、殺虫剤がごろごろしているのは気分が良くありません。

思い切って必要なだけ買おうと頼んでみたのですが、無視されてしまいました。

どうしたものかと夫に話をしてみたところ、以前から義父の買い物の仕方は「複数買い」だったとの事です。

庭仕事の分野以外でも、台所洗剤など日用品の買い物を頼むと必ず二点買ってきたそうです。

義母はどちらかと言うと節約家なので、その度に注意していたものの変わらなかったのだろうと言っていました。

それを聞いて、義父が義母ではなく私に運転をさせて買い物に行く理由が分かった気がしました。

これからも義父が複数買いをしていると、どんどん物が増えていき、それを整理するのは自分だろうと想像すると......。

必要な分だけ買うようにして欲しいと諦めきれません。

今まで変わらなかった義父にどう話せば聞きいれてもらえるか、頭をひねっています。

■おすすめの体験記

受話器の切り忘れ...と思ったら、義父の部屋から大声が!/山田あしゅら
老朽化した義実家。建て替えしか頭にない75歳義父と、リフォームを勧める夫との間に亀裂が......
外食先で毒を吐きまくる義父。「私を巻き込まないでよ!」アッシー嫁の心の叫び

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP