外食先で毒を吐きまくる義父。「私を巻き込まないでよ!」アッシー嫁の心の叫び

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:あしも
性別:女
年齢:56
プロフィール:結婚するなら長男以外......と思いながらも長男の嫁を30年続けています。

5.jpg

夫は4人兄弟の長男。私達夫婦は同居こそしていませんが、義実家の近くに暮らしています。義両親がまだ二人で暮らしていた頃、義父の病院などは運転免許証を持たない義母に代わって私が車で連れて行っていました。そして義父は定年を迎えてから持病の糖尿病が悪化。体調が良くないことや認知症の症状が出てきたこともあってか、次第に手が負えない老人になっていきました。


もともと裕福な家に生まれ、自身も収入が良かった義父は外食が好きでした。「何かおいしいもの食べに行こうよ」それが父の口癖。そうなると義母から私に電話が入ります。そして3人でランチに出かけるのです。

義父は店内に入って席に着くや否や、ぐるっと見渡して「なんだ! おばさんばっかりだな! 亭主を働かせてこんなとこでおいしいもの食ってんのか!」と、さも聞こえるように毒を吐きます。これは義父お決まりの一言。時には「いい気なもんだ!」なんて付け加えることもあります。平日の昼間、それも住宅地の中にあるレストランに来る客層なんて限られています。小市民の私は口から出そうになる心臓を押し込んで、申し訳なさそうな笑顔を振りまいてごまかします。

義父はお酒が好きな人でしたので、洋食ならワイン、和食なら日本酒、ファミレスというときもありましたがそういう場所ならビールを注文します。昼間っからアルコール。呑みだすと歯止めがききません。さらに注文しようとする義父を私と義母で止めに入ると「なんだ! ケチだな!」とこれまた大きな声で怒鳴る。そして「代わりに甘いもの食べよう!」とデザートを注文。どれも義父の持病にはご法度なモノばかりです。

義父は次第に歩けなくなり車椅子になっても、病院の帰りなどに外食をすると言って駄々をこねました。あとで気づいたことですが、そんな騒々しい義両親とのランチに同伴されるのは、実は私だけ。夫には兄弟が4人いますが、こんな状態になった義父と外食はしてなかったようなのです。夫だって一度も一緒に出かけていません。もしかすると、義母は義父のそういう姿を息子たちに見せたくなかったのかもしれません。

「早く死にたい」というのも義父の口癖でした。だからお酒やタバコはもちろんのこと、甘いものや糖尿病腎症にはご法度の水分の過剰摂取もします。それも私にとってはこの上ないストレス。「車の送り迎えならいくらでもするから、一緒にいることだけはご勘弁願いたい......」ずっとそう思っていました。お金がある人達なのだからタクシーを利用すればいいのにと思うのですが、ケチなのか嫁である私を巻き込みたかったか。私はすっかりアッシー嫁として定着していきました。

そんな義父でしたが、それなりに稼いでいたにも関わらず、無駄にお金を使うようなことはありませんでした。自分が先に逝くことがわかっていたのでしょう、息子達には「母さんの面倒をよろしく見てやってくれ」と十分な財産を残して逝きました。レストランで吐いていた毒は義母に向けられた嫌味か?と思ったこともありましたが、そうばかりでもなかったのです。そこは昭和一桁のオトコ、死んでも責任は果たすという姿勢には感服します。

おかげで今寝たきりになった82歳の義母は、十分なお金をかけて自宅で看てもらっています。

関連記事:人の世話にはならん!中途半端にしっかりしているつもりの義父に苦労/山田あしゅら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP