老朽化した義実家。建て替えしか頭にない75歳義父と、リフォームを勧める夫との間に亀裂が......

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:よしみ
性別:女
年齢:51
プロフィール:2人の子供と夫の4人暮らし。フルタイム勤務の契約社員。同じ市内に義両親が2人で暮らしています。

11.jpg

私の義父(75)・義母(72)は、私たち家族が住む家と同じ市内に建てられた築50年ほどの家に住んでいます。古い木造の家なので、ところどころ建て付けが悪くなってきてはいますが、大きな雨漏りがあったり、シロアリなどが発生しているわけでもなく、住む上ではとりあえずは問題ない状況です。
しかし、建て付けの悪さがよほど気にかかるのか、義父はこのところ事あるごとに「家が傾いている」「家を建て替えるべきだ」と騒ぎ立てるようになりました。若干神経質なところもある義父なので、一度気になってしまうと対策を講じなければと気が気ではないようです。私たち夫婦から見れば、たしかに建て付けの悪い場所はあるものの、傾いていると言えるほどではないと思っています。

「建て替えたい」という義父の希望を聞いてあげたいという気持ちもあるものの、もう義父母とも70を超えており、年齢が年齢です。新しく家を建てても、おそらくそんなに長くは住めないのではないかと思っています。それに、建て替えるには一時的に仮の住まいを見つける必要もありますし、少なくとも2回の引っ越し作業と、慣れない住まいでの生活も強いられます。年老いた義両親に負担が大きいと思うのです。ですので、私達夫婦は、不便を感じている箇所をリフォームするのがいいのではと勧めたのですが、義父の中では建て替えしか選択肢はないようで、困っています。説得をこころみるも議論は平行線のまま、すでに数カ月が過ぎました。

しかも、建て替えを主張する義父と、リフォームを主張する夫の間には、どこか亀裂が入ってしまったようで、お互いに一歩も譲らない、気まずい空気が流れ続けています。今までは、娘も一緒にちょくちょく義実家に遊びに行っていたのですが、それもぱったりとなくなってしまいました。

義母は親子の間に入った亀裂に、口を挟む様子はなく、仲裁する様子もなく、どうしたいのかがイマイチわかりません。出来ることなら親子関係が悪くならないようにしてほしいのですが......。

ここまで義父が意見を曲げないとなると、たとえ建て替えた家に住める時間が短くても、引っ越しが大変だとしても、それを叶えてあげるのも親孝行なのかなとも、思い始めてきました。しかし、互いに意固地になってしまった父と息子は、近づく気配は全くありません。

義実家の親子関係の話なので、私があまり入り込むのもどうかとも思ったりと、頭を悩ませる日々が続いています。早く互いにとって納得できる結論が出て、義実家とも以前の関係に戻れたらと思う毎日です。

関連記事:戸建てから駅近マンションへ住み替えて暮らしをコンパクトに。家電も小型化して

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。

コメント一覧

立て替えされるとして、そのお金をどこから調達するか?と もし、お父様の方で調達できるのなら、その後の老後の費用が お父様達の貯金で過ごせるかどうか?だと思います。 費用の面で問題がないのなら お父様の願いを叶えてあげても いいと思います。 寿命については、20年近く生きられる可能性もありますし その逆もありますので 考慮に入れるとお父様を怒らせる事となると思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP