思わず「よっしゃ!」頑固な義父に恐る恐る聞いた「デイサービスお試し」の感想は...⁉/山田あしゅら

こんにちは山田あしゅらです。

『13番さんのあな―介護家庭の日常―』というブログで義両親の介護の様子を嫁の目線で綴り始めて10年以上が経ちました。義両親と同居しながら介護をしていた当時のことを思い出しながら書いています。

前回の記事:義両親が同時に不在なんて何年ぶり!? 解放感に思わずガッツポーズ

義父がデイサービスの『お試し』へ行っている間

1.jpg

気分はまるで息子たちの幼稚園登園初日のごとく。

にわかに生じた『フリータイム』も、始終頭に浮かぶのは義父のことばかりです。

これまで再三、利用をすすめてきたにも関わらず

2.jpg

デイサービスを頑として拒否していた義父。

義父にとってデイサービスは『お仕着せの工作やゲームをさせられるところ』というイメージが強かったのが拒否の理由のひとつでした。

一方、介護者の私。

『義父が外出する』というのがこれほどまでにうれしいことなのか。

『お試し』出発時に感じた解放感は自分でも驚くほど鮮烈なものでした。

3.jpg

13.jpg

毎日家にいるのがあたりまえ。

それが慣れになり、諦めとなっていたのです。

ただ義父が自分で動けるうちはそれでも良かったのですが、転倒が日ごとに増え、動かなくなってきた義父を見守る負担が次第にとても大くなっていたのも確かです。

大体どこの通所施設を見に行っても、男性より女性の方が多い傾向があるように感じます。

4.jpg

女性の方が長生きということもありましょうが、男と女の性格の違いも理由のひとつではないでしょうか。

5.jpg

デイサービスは通う利用者の安全や機能向上維持を目的としてはいますが、見守る家族のレスパイトという役割もかなり大きな比重を占めます。

6.jpg

一筋縄にはいかない義父の『通所ミッション』。

しかし今回『お試し』に義父が自分から「行ってみよう」と言い出したのは大きな一歩です。

私もここは何としてでも利用につなげてもらいたい・・・。

期待は大きく膨らみます。

『お試し』の時間はあっという間に終わり、今度は義母より先に義父が家へ帰ってきました。

12.jpg

そして落ち着いたところを見計らって

7.jpg

恐る恐る『お試し』の感想を聞いてみました。

すると

8.jpg

とは言いつつも

9.jpg
と、まずまずの感想ではありませんか。

10.jpg

・・・

11.jpg

苦節3年。

やっとのことで義父のデイサービス開始にこぎ着けそうです。

【次のエピソード】義父がようやく「行く気」になったデイサービス。なんとか続けてもらうための...大作戦会議!/山田あしゅら

【最初から読む】義両親の様子がおかしい...介護生活がはじまった日/山田あしゅら

【まとめ読み】義父母の介護での「事件」満載!山田あしゅらさんの記事リスト

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

山田あしゅら

50代後半の主婦。息子3人はそれぞれ巣立ち、現在は孫が2人のおばあちゃん。指定難病及びうつ病の義父(太郎)と認知症の義母(はな子)の介護の日常を綴ったアメーバブログ「13番さんのあな―介護家庭の日常」は11年以上続き、現在も継続中。

義父は入院をきっかけに2017年7月、老健へ入所。2019年肺炎により再度入院。同年4月28日逝去。享年90歳。

義母は週5日デイサービスに通いつつ在宅で介護されていたが2018年1月体調を崩し入院。療養病棟へ移り現在に至る。94歳。

在宅期間の日常を題材にした著書『毒舌嫁の在宅介護は今日も事件です!』を2017年7月に出版した。

※ 毎日が発見ネットの体験記は、すべて個人の体験に基づいているものです。

山田あしゅらさんのブログ:「13番さんのあな―介護家庭の日常」

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP