ああ、哀しいかな50代の老眼。運転免許更新で突き付けられた現実に、私なりの「抗い」を決行!

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:向日葵
性別:女
年齢:52
プロフィール:脳梗塞の夫&二人の子供とくらす、働くお母さんです。

16.jpg

もともと極度の遠視で子供のころから眼鏡をかけていたのですが、視力自体は両目とも裸眼で1.2と良かったので、運転免許は眼鏡使用ではありませんでした。

しかし、今回の運転免許更新で目の検査をしたところ、なんと今まで見えていたものが全く見えないではありませんか。

「え、うそっ!?」とうろたえつつ検査を終了。

結局、視力は0.7以下で眼鏡使用になってしまいました。

どのみち眼鏡をかけて運転するのは同じなのですが、運転免許証に『眼鏡等』の文字がしっかり印字されてしまうと、老化を突きつけられたようで、意外にショックを受けました。

「これは、なにか老眼対策をしなければ!」と一大決心。

そこで、まず目に良いと言われる食べ物を調べてみました。

なんとなく、「目にはブルーベリーが良い」という情報がインプットされていたのですが、調べてみると栄養素的にはビタミン類が良いとのこと。

食材で言うと、ニンジン、ほうれん草、ピーマンなどのビタミンAを含む緑黄色野菜。

レモン、ゆず、じゃがいもなどのビタミンCを含む果物や野菜。

ナッツ類やアーモンド、ごまなどのビタミンEを含む種子類。

これらを積極的に、食事に取り入れました。

ちなみにブルーベーリーにはアントシアニンという成分が含まれていて、これが疲れ目に効くと言われています。

だからおやつには、冷凍ブルーベーリーにプレーンヨーグルト、そしてナッツ類をパラパラ振りかけて食べるようにしました。

食事の他に試してみたのが、3種類の目の体操です。

一つ目は、手を伸ばして自分の人差し指にピントを合わせて見た後、窓の外の景色など、遠くを見る体操です。

これを3回繰り返すのを、朝晩と、仕事の休憩の時の合計3回取り入れました。

二つ目は、目を強く閉じて開く体操です。

目をぎゅっと力を入れて2秒程閉じて、ぱっと開くだけの簡単体操です。

これは、スマホやパソコンを見ていて、疲れたと感じたときに、意識して行いました。

三つめは、目を閉じてゆっくりと時計回りに回す運動。

これは以外に普段意識して使うことがない目の筋肉を使う運動で、なんだか血のめぐりが良くなる気がしました。

後は、お風呂に入ったときに、蒸しタオルをつぶった目の上に置いてリラックスしてみたり、目の周りの筋肉を優しくマッサージしたり。

毎日の生活の中で、食事と体操&マッサージを取り入れること半年あまり。

満を持して臨んだ会社の健康診断の視力検査の結果は、運転免許更新の時よりも、少しだけ視力がアップしていました。

これが、たまたま目のコンディションが良かったのか、はたまたさまざまな努力が実った結果なのか分かりません。

ですがとりあえず次回の健康診断を目指して、地道な努力を続けてみようと思っています。

人気の体験記:自分のことは自分で!冷たい娘と言われてもそれが母のためだから/あぽり

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP