タレも即座に手作り⁉ アラフィフ主婦が改めて感服した...義母の「主婦力」/中島めめ

超インドア派のアラフィフ主婦・中島めめさんが、ほぼ同い年の夫&ふたりの娘(2019年現在、中学1年生と小学4年生)との日常を描く人気連載。今回は年末年始と休み中の食事について。長期休みの悩みの種といえば毎日の昼食ですよね。年末年始を義母さん宅でのんびり過ごしためめさん一家でしたが「自称・せっかち」という義母さんとの料理を通して見つけた食事作りのヒントとは...?

毎日55仕上げ最終.jpg

こんにちは。中島めめです。

今回は、冬休みと義母についてのお話です。

長期休みにつきもののお昼問題

冬休み、ずっと家にいる子どもたちにお昼に何を食べさせるか、私にとってはなかなかの難問です。

自分だけなら毎日納豆ご飯と漬物で充分なのですが、子どもたちはそうはいきません。

といってもどうしても麺類やチャーハンなど一品ものに頼りがちです。

それでも子どもたちがそれぞれ違うものをリクエストしてきたりするので「頼むから統一してくれェ~!」と頼んだり...。

毎日の夕飯のメニューを考えるのにも苦労しているのに、あー、明日のお昼なんにしよう...と考える毎日でした。

年末年始を義実家で

毎年義実家には家族みんなでお正月に泊まらせてもらっていたのですが、今回はたまたま年末に夫が実家に帰る用事があったので、私たちも一緒に行って年末年始の数日間泊まらせてもらう事になりました。

義実家には80歳の義母が一人で暮らしていて、月に2回くらいのペースで夫が子どもたちを連れて泊まりに行っています。

毎回連絡せずに行ったりしているのですが、今回はさすがに電話をしてから義母宅に向かいました。

義母のところに行けばご飯のメニューを一緒に考えられるので(私は考えているふりをしてるだけですが)そう思うとホッとしました。

私と子どもたちだけでアパートの小さな部屋にこもっているとちょっとした事でイライラしてけんかになってしまいがちなのですが、義実家の広い居間にいると気が紛れるのも助かります。

義母宅での食事作り

義母は生協で必要なものを買っているのですが、誰がいつ来てもいいようにと食材を多めに買って冷凍してくれているそうです。

それにしても、いつも義母は家にあるものでささっと食事を作るのが上手くて感心してしまいます。

私は「食材をまとめ買いしてそれで1週間のメニューをまかなう」とか、まず無理です。

毎日買い物に行ってその日のメニューを決めて必要なものを買う、というやり方なので、家に買い置きしてあった事を忘れて同じものを買ってきてしまう事もよくあります。

そんな調子なので義母宅で食事を作る時は義母が家にある材料を考えて作るものを決め、私が肉を焼いたり鍋の火加減を見たり助手的な役割を担うといった形で進められます。

私的には「今日何作ろう、なんにも思いつかないよー!」とならずに済み、本当に気が楽です。

いつも義母に頼りっぱなしで申し訳ないのですが...。

義母の主婦力!

そして料理をする時、肉に味を付けるにしても私は市販のタレを使う事が多いのですが、義母は瓶入りの生姜と冷凍してあった刻みネギをすばやく合わせて「これに醤油を足して!」という感じでさっさとタレを作ってしまいます。

豚肉を焼いてそのタレで味付けしたらとても美味しい生姜焼きができました。

私が肉をのんびり焼いている間に義母はキャベツを千切りにしたりいろんな事を同時進行でやっていました。

「自称・せっかち」な義母ですが、おかずを作り始めてから食卓に並ぶまでの素早さは、その持ち味が存分に活かされているな、と思いました。

そんな調子でお正月の間も義母の作ったおせちをいただいたりちょっとお手伝いをしたりで気楽に過ごす事ができてとてもありがたかったです。

帰宅してからはいつもの「何作ろう~?」の日々に戻ってしまいましたが、私も作り置きの常備菜を用意しておくなど、真似できそうな事は見習って食卓が単調にならないようにしていきたいと思います。

アラフィフ主婦の「日常の気づき」が満載! 中島めめさんの記事リストはこちら

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

中島めめ

ライブドア公式ブロガー。家族との笑いの絶えない日常を描いたブログが月間200万PVと人気に。超インドア派で子どもの頃は「ハイジが来る前のアルムおんじ」のような人生を送るのだろうと想像していたが、実際はまったく違う日々を送っている。食品サンプルやドールハウスのミニチュア小物が大好き。

★毎日更新中!中島めめさんのブログ

たくあんムスメたち。

思わず「ふふっ」と微笑んじゃうエピソード、満載です♪


★書籍もCHECK!!

50life_cover-obi.jpg

『たくあんムスメたち。 天然長女とおっさん系次女の泣き笑いコミックエッセイ』(KADOKAWA)

平凡な毎日。なのに愛しくって、ときどき泣けてくる。
突然すっとんきょうな発言をする天然長女と、おっさん系おもしろキャラの次女。姉にツッコミを入れ、妹の行動にふきだし、わが家は毎日にぎやかです。大人気姉妹マンガブログ、未公開エピソードも多数収録して初書籍化!!

コメント一覧

市販のタレって添加物が いっぱいだから、タレ、ドレッシング等々 手作りしかしたことない私からすると、それ位作れば良いのに!と思ってしまう。 お惣菜も 不味い上に高いので 30年の主婦歴で 数回かなぁ買ったの。嫌味ではなく、家族の健康を考えたら 手作りは重要だと思う。
素敵なお義母さんですね(#^.^#) 私も市販品に頼りがちで、冷蔵庫は瓶だらけ… お義母さんをを見習いたいと思います
タレを手作り出来るお母さんとか凄いし羨ましい……味付けの濃さも変えられるし、手作り出来るってカッコいい……!!
ええ…生姜焼きのタレくらい、20代の私でも作るよ… しかも誰かが一緒に料理してくれてるなら、その間にキャベ千切って調理器具の片付けとか普通… 義母がすごいんじゃなくて、作者さんがズボラなだけじゃん…
わかる。私も20代の主婦だけど、タレ系は基本的に手作りしてる。 もともと市販のタレや和えるだけ、とかの惣菜の素の味が苦手だから自分好みに作れるのが自分には合ってるなー 別に市販のタレを否定する気はないけど、いざという時に作れると助かるよね。 友達がサラダの準備してたけどドレッシング切らしてて買いに走ったとか言ってるの聞くと、えーそれくらい作ればいいのに…とは思うな。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP