介護で心が折れそう。軽い認知症の92歳実母。潔癖症で「他人に触られる」と怒り出し...

<この体験記を書いた人>

ペンネーム:うめっこ
性別:女
年齢:68
プロフィール:68歳になる主婦です。最近、実母の介護に疲れてしまっています。

27.jpg

私(68歳)は今、実母(92歳)の介護をしています。

私は嫁に来た身ですが、旦那(68歳)とは地元も同じで、私の実家とそこまで離れていません。

旦那の両親は二人とも数年前に他界されているので、旦那も「お義母さんを大切していこう」と言って母の介護を応援してくれています。

しかし母は昔から潔癖なところがある人。

気難しいところもあり「他人に触られること」を極端に嫌います。

軽い認知症の気もあり、最近では下のお世話をしている時に、実の娘である私でさえも蹴ったり引っ掻いてきたりする時があります。

そんな母ですので、私の旦那はもちろんのこと、孫にあたる私の娘(33歳)でさえも母の介護の手伝いは出来ません。

娘は2年前に結婚して近くに住んでおり、学生の頃に資格をとって介護職についています。

積極的に手伝ってくれようとするのですが、母自身がそれを頑なに拒むので、どうしようもありません。

ただ、私も最近母の寝起きを手伝ったり、お風呂の介助をしているせいか腰や手足が痛むようになって来てしまいました。

私ももうそれなりの歳ということもあると思うのですが、朝、寒い日ですと自分が起き上がるのがやっとの時もあるほどです。

幸いにも娘が少しでも楽なようにと、母を抱き起せるようコツなどを教えてくれてはいるのですが、介護素人の私には体力的にもなかなか難しく、母と一緒に転げそうになることもしばしばあります。

先日も下のお世話をしている時に蹴られてしまい、床に転んで太腿に痣ができてしまいました。

オムツを取り換えようと、ベッドの横に手を伸ばした際に腕を掴まれ、引っ掻き傷がつくというのも最近では日常茶飯事となってきてしまっています。

何より、自分のものであるのに「臭い臭い」と喚きちらし、それを私のせいだと言わんばかりに怒鳴りちらすことも増えました。

もちろん母には長生きしてほしいです。

私は小さい頃に父親を病気で亡くしていて、母が女手一つで私を育ててくれました。

当時はかなり苦労したと伯母から聞いたこともあります。

しかし、それでも蹴られたり罵られたりの毎日で、心も体も疲れてきているのが現状です。

幼い頃の優しかった母の姿を思い出すたび、目の前の現実の母と比べてしまって、自然と涙が出てきてしまいます。

母の長生きを願っているのに、もうこの辛さから解放されたいと、毎日の母の介護に心が折れそうになっています。

■おすすめ体験記
「あんたはいいわよね」がんと闘病する父に付き添う私に、母が言い放ったひと言
ついに訪れた近距離介護の限界...。和やかに過ごした最後の夜と、バスであふれ出た涙/石塚ワカメ
「悪い所があれば隠さず言って」と言われたけど、実際に伝えると不機嫌になる母

健康法や医療制度、介護制度、金融制度等を参考にされる場合は、必ず事前に公的機関による最新の情報をご確認ください。
記事に使用している画像はイメージです。
 

コメント一覧

うめっこさん、もう十分ですよ。今まで、お1人でよく頑張っていらっしゃいました。  子供は、とっても可愛くて3歳までに、一生分の親孝行をするってよくいうじゃありませんか。   また、ご自分もお子様をお持ちなのでお分かりかと思いますが、親が勝手に子供を作るんですよね。親が子供を欲しいから子供を作るんだと思いませんか。 上手く言えませんけど、3歳までと(私的には、小学生までは、たくさんの幸せを親に与えてくれたと思います)今までの介護分でもう親孝行のおつりが来ますよ。  幼い時にお父様を亡くされてうんぬんがあるかと思いますが、それも、うめっこさんがいらっしゃったからお母様は頑張れたんですよ。  お母様が、何をおっしゃっても外野が何を言おうとも、ショートステイなどを利用するなり、施設に全面的にお願いするなり、もうご自分を解放なさって下さい。  うめっこさんが体調崩してしまったら、優しいご主人やお嬢様を悲しませる事になります。うめっこさんも68歳。ご自分のお身体を労わる年齢です。もう十分頑張りました。
地域の包括支援センターで相談なさってみたらいかがですか?施設に入るべき時期が来てるのかもしれませんね。お金はかかりますが、あなたの為にはそうすべき段階が来ているのではないかと思います。
私も祖母の介護をしながら、高校生年子の息子のこと、仕事をしています。 祖母の生活のお世話はうめっこさんと同じような状態です。 今日まで9年間いろいろな地域の支援を受けながら介護をしてきました。介護の為に介護職の学校にも半年通い、資格もとりましたが、身内の介護はマニュアル通りになんていきませんでした。 地域包括支援センターや、担当ケアマネージャーに、うめっこさんの思いを伝えて下さい。 疲労が限界になる前に、うめっこさんの心が壊れてしまう前に、お母様が安心で安全な生活環境を整える方向性を相談してみて下さい。 決して自分を責めたらダメですよ。 介護されるお母さまも、介護をしていくうめっこさんにも感情があるので不安定にはなると思いますが… 自分に介護はできないから、他の専門に任せると言う考えではなく、お母さまのより良い今後の余生を見出す為にお任せする方向で動いてみて下さい。 無理しないで下さいね。
よく頑張ましたね!もう十分だと思います。お母さんの介護は第三者に委ねる事をお勧めします。あなたの心と体の健康を一番考えて下さい。お母さんの介護は、あなたで無くてもいいと考えるられませんかあなたは十分親孝行しましたよ!
お母様の長生きは願っているのに…もう、この辛さから解放されたい❗ お気持ち凄くわかります。 私は自分の母(アルツハイマー型認知症で要介護認定5でした)の介護もしていましたし…仕事も介護職だったので…私の場合は母の介護をするのに、介護職の現場経験が凄く役に立ち、母の為に介護職を経験していて本当に良かったと思いました。 (母は暴力はなかったのですが、仕事では様々な利用者さんからの、殴る・蹴る・引っ掻く・罵倒する等、大変な状況も多々ありました。排泄介助や入浴は、本当に大変でした) でも家族の介護の大変さは、仕事と違って時間制限がないから体力だけでなくて、心が持たないのですよね。 介護は実際にやっている人にしか、大変さは本当にはわかりません。 お母様は要介護認定は出ていますか? 施設入所も検討されても、良い状況かも知れませんね。 デイサービスやショートステイの利用も含め、お母様にmatchするサポート体制を検討してみてください。 まず地域包括センターに相談からですね。
毎日本当に大変と思います。地域包括支援センターに相談されたら良いと思います。それまではおむつ替えなどどなたか手伝っていただきふたりでやると良いと思います。一人が手やおしりをおさえ、もう一人がおむつ替えをするとできると思います。病院や施設は大変なかたはは二人でやっていると思います。

コメントする

この記事に関連する「みなさんの体験記」のキーワード

PAGE TOP